2019年02月25日

岩崎宏美コンサートツアー PRESENT for you * for me








'19. 2.24.  岩崎宏美コンサートツアー PRESENT for you * for me


会場:夜須公民館マリンホール





 何かでふと見かけて高知に来るらしいよと教えると、珍しくも「行こか」と促してきた妻が前売り発売日に買ってきたチケットで、初めて生の歌声を聴いたが、思った以上に味わい深く、ライブ感を堪能した。


 岩崎宏美は、大学進学で上京した僕の最初の下宿屋の隣部屋だった鹿児島県出身の理工学部の中村君の大好きな歌手で、その影響から僕も愛聴しつつも、ライブ公演に出向いたことは一度もなかった。16歳でデビューし、今度の4月で44周年を迎えるという彼女は、僕と同じ歳で、還暦を迎えているのだが、実に若々しく艶やかな変わらぬ美声だった。加えて、歌唱やステージワークにはその年輪、年季が滲み出ていて、座長の貫禄をも漂わせていて、ある意味、歌い手としては今が一番充実しているのかもしれないと思った。



 新譜ツアー公演として披露された新曲は、第一部では阿久悠の遺していた詞による「あかぺら」、Coccoの提供による「つめたい火傷」、さだまさしの「残したい花について」。第二部ではオープニングの「真夏のサクラ」、地元高知出身の岡本真夜による「10年目の Love Letter」、そして、アンコールでの「五線紙の上」だった。


 演奏は、バイオリン三本とチェロからなるストリングスに、エレキベース、ドラムス、グランドピアノを加えたバンド編成だった。バックコーラスの姿は見えなかったから、時折入ったそれは記録音源によるものだったのだろう。僕が一番気に入ったのは、第一部の3曲目、ブルーライトに照明を変え、ピアノとチェロだけの伴奏になった「つめたい火傷」だったのだが、帰途の食事を共にしながら妻に訊ねると、奇しくも同じ曲だったので驚いた。


 最も心打たれたのは、第一部を締めた、さだまさしによる二曲で、歳を重ねてこそ歌える歌の喜びについて語ってから歌った「いのちの理由」では、途中から感極まって涙声の混じる歌唱に驚かされた。それは、続く「残したい花について」でも繰り返され、何か思い出すことでもあるのだろうか、と思いつつ、その感受性の強度に驚き、そういえば、オープニングで歌った「思秋期」について、この曲は、父親との約束で歌手活動は二十歳までとなっていた期限が近づいてきているなかで貰った曲で、スタジオで泣けてきて途中で歌えなくなって困った思い出のある曲だと話していたことを想起した。同じ歳だから思い当るところもあるけど、歳がいってくると妙に涙もろくなるよね、と隣席で貰い泣きしていた妻に話したものだった。



 第二部は、新譜紹介の二曲の後、第一部と同じくヒットメドレーを挟んで快調に歌っていたのだが、「絆」の後の「幸せのかけら」を歌いながら、またもや涙声になった。そのことへの詫びを入れながら語った事情は、昨日、一つ年下で闘病中の友人の訃報に接したことにあるというものだった。'87年のミュージカル「レ・ミゼラブル」で同じファンティーヌを演じた石富由美子が亡くなったのだそうだ。そーか、だから、いのちとか人生に触れてくる歌詞に感極まったのかと納得した。まさにライブ公演なればこその出来事だと妙に感慨深かった。そのうえで、敢えて「この曲は、亡くなった由美子のために歌わせてください」と断りを入れて歌った「聖母たちのララバイ」は、もうすっかり耳馴染んでいる曲なのに、何とも新鮮に聞こえて来た。何だかいろいろな思いと感情に満たされた感慨深いコンサートだった。


 このほか披露された楽曲は、第一部でのピアノ伴奏のみによるディズニー映画からの「リメンバー・ミー」と「美女と野獣」。第一部のヒットメドレーは、想い出の樹の下で〜熱帯魚〜ドリーム〜女優〜すみれ色の涙。第二部は、未来〜ロマンス〜センチメンタル〜好きにならずにいられない〜シンデレラ・ハネムーン〜私たち。















  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2019年02月16日

3/10sun.金川信江〈クラリネット〉本屋で気ままなコンサート in Readin’Writin’

ちらし100.jpg本の挿絵のような感覚で音楽と写真をトークで結ぶ
  クラリネット無伴奏ソロによる
 カジュアル・クラシック・コンサート

『金川信江〈クラリネット〉本屋で気ままなコンサート in Readin’ Writin’』
公式 公演情報ページ http://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2019/3/10_ben_wude_qimamanakonsato_in_ReadinWritin.html 


高い天井 木の梁と棚 色とりどりの本が並ぶその場所には
日々さまざまな人が集い語り想像を巡らせる 今宵は音楽とともに


日時:2019年3月10日日曜日 18:30 開場 19:00 開演

会場:Readin’ Writin’ BOOK STORE
   (リーディンライティンブックストア)
   東京都台東区寿2-4-7
   http://readinwritin.net
   銀座線田原町駅より徒歩2分

入場料:ご予約1,800円 当日2,000円

ご予約:
 リーディンライティンブックストア
 (12時〜18時 月曜定休)店頭または、 
 電話 03-6321-7798 
 メール info♪readinwritin.net
  コピーして♪を@に変えて送信してください。 


 本公演では、チケットの発行は行わず、事前にご予約頂き、代金は当日精算と致します。 ご予約の際に、公演名、公演日、お名前、人数、代表者のお電話番号をお知らせください。 
 メールでの予約お問合せ後、3日を過ぎても返信の無い場合は、受信できていない可能性があります。恐れ入りますが、再度お問い合わせください。携帯電話からメールでお問い合わせの場合、ドメイン指定受信を設定している方は、「readinwritin.net」を受信可能ドメインに設定してください。



中央の本棚をころころ移動、 
イスを並べてコンサート会場が現れます。 
フォトカードをお配りしトークを交えながら、
短めの、耳馴染みの良い音楽を、たくさん奏でます。


演奏曲目:
  滝廉太郎/組歌「四季」花・納涼・月・雪
  チャイコフスキー/四季より 4月 待雪草
  宮沢賢治/星めぐりの歌
  ビゼー/カルメンより 花の歌
  ビジョルド/エル・チョクロ
  アーン/ヴェネツィアより 眠る水に  他


出演:金川信江 KANEKAWA Nobue 〜写真と出会った音楽家〜 クラリネット奏者
    http://cdf-music.com/cl/
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」の開催。写真を演出に取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの『気ままなコンサートシリーズ』は好評を博し多数の公演を行う。【写真家たちの新しい物語】第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」を開催。「Regard Intense by 16 photographers 」に参加する等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。







posted by アーツワークス at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2019年02月11日

現代地方譚6 アーティスト・イン・レジデンス須崎関連企画『須崎のまちの物語?』(リーディング公演)








'19. 2. 3. 現代地方譚6 アーティスト・イン・レジデンス須崎関連企画『須崎のまちの物語U』(リーディング公演)


会場:須崎市立市民文化会館大ホール(舞台上舞台)





 前作を観たのは、ちょうど一年前になるが、企画タイトルとしてチラシに記されている「現代地方譚6 そこに生き、そこに在る。」との言葉が示す、土地に残る生活感が宿っている点が好もしかった。





 だが、映画でもそうであるように「Uもの」にありがちな鮮度の減退や既視感からは今回の公演も逃れ難く、とりわけ駄菓子屋の老女が口にするリフレインが、ともすれば前回作品のなぞり趣向に映ってくる部分もあって、リーディング公演による読み手の好演には味わい深いものを覚えながらも、なんかパターン化のようなものを感じた。そのせいか、最後の「みかんボールガムの月」には感傷よりも笑いが浮かんできた。





 また、三話のうち一話は戦争の痕跡を残そうという企画的了解事項があったのだろうか。ある種の義務感的な現れ方をしているように感じられる部分があった。披露されたのは『みかんボールガム』(作・演出:サカシタナヲミ)、『洞窟と波の音』(作・演出:西本一弥)、『笑マストゴーオン』(作・演出:谷相裕一)というそれぞれのテイストが際立って異なる三作品。なにゆえ途切れ途切れに継ぎ接ぐ構成にしたのだろう。





 前作では、それぞれ聴き取った地方譚を繰り広げる合間を三人の女性の雑談めいた「まちの声」でつなぐ構成にしたことが功を奏して、須崎という土地が主題であることを鮮明にしていたけれど、それがなくなったために「まち」の部分が抜け落ちてしまった気がする。それぞれの聴き取り話それ自体に須崎特有の物語などを求めることは難しく、また、あまり意味があるとも思えない。普通の町に普通にありふれた“ちょっと耳寄りな話”があるのが地方譚なのであって、そういう話が「このまち」で拾われたものであることを示す部分は、むしろその話自体のなかにはなくて当たり前なのだと思う。前回公演の三作品でも、それ自体で堂々たる「須崎のまちの物語」になっていたのは『銀の海。銀の魚。』だけだった。





 今回は、個々の作品のいずれにも『銀の海。銀の魚。』のような「須崎のまちの物語」がなかったにもかかわらず、「まちの声」の部分まで除いたために「須崎」が抜け落ちたのだろう。三作品を途切れ途切れに継ぎ接ぐ構成を取れば、「まちの声」でつなぐ部分を除く外ないのは自明なのだが、敢えてそうすることで得られた効果があるようには感じられなかった。むしろ「まちの声」を失っただけではなく、テイストの異なる作品を途切れ途切れに継ぎ接ぐことで、せっかくの芝居の感興を分断することにしか、僕には作用して来なかった気がする。





 加えて、『みかんボールガム』だけでも前回ほどには感興をもたらしてくれなかった可能性のあるリフレインを、『笑マストゴーオン』での「めった、メリヤス、メリケン粉」で重ねつつ間に挟んでくることで、『みかんボールガム』での駄菓子屋の老女が口にするリフレインの効果を著しく減退したような気がしてならない。それぞれの演者(読み手)は各自のスキルに見合った力量をいかんなく発揮していたように思うし、聴き取りに材を得た話そのものには血の通った生活感があって、いずれも悪くない話のように感じたが、全体構成が僕の意に沿わなかったために前作のような感興は得られなかったのが残念だった。





(前回公演の観賞メモ)











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


     (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

     (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2019年02月06日

国際映画祭2019プレスリリース第1弾[2019.3.2-3 スパイラルホール]


アーツカレンダー ご担当者 様


 


平素より大変お世話になっております。


 


2月の横浜に続き、3月初旬に東京・スパイラルホールにて「国際ダンス映画祭2019」本イベントを開催するはこびとなりましたので、ご案内申し上げます。


あわせまして本リリースでは、映画祭のメインプログラムにあたる「インターナショナル部門」について、主催・飯名尚人からのコメントをご紹介いたします。当日は、国内外125作品の中から選出された12作品を上映いたします。


 


ニュース・トピック==================================

1. 国際ダンス映画祭2019 開催概要


2. インターナショナル部門について


==================================================


 


--------------------------------------------------------------------------------------

1. 国際ダンス映画祭2019 開催概要



--------------------------------------------------------------------------------------

[会期]2019年3月2日(土)・3日(日)


[会場]スパイラルホール(東京・青山)


<入場無料/事前予約の方は優先入場>





 


■■ 上映スケジュール ■■


【第1部】 3月2日(土) 15:00-17:30


 国際学生ビデオダンス・クリエイション 10作品

 >> 上映作品詳細はWEBにて


 


【第2部】 3月2日(土) 18:30-21:00


 特別上映|ダニエル・シュミット+大野一雄 3作品


 ・「書かれた顔」


 ・「ダニエル・シュミット、レナート・ベルタ撮影による未使用フィルム」


 ・「KAZUO OHNO」

 (上映後トーク:溝端俊夫、飯名尚人)


 


【第3部】 3月3日(日) 13:00-15:30


 国際ダンス映画祭・インターナショナル部門 12作品

 >> 上映作品詳細はWEBにて

 (上映後トーク:飯名尚人)


 


【第4部】 3月3日(日) 16:30-19:30


 招待作品 3作品


 ・鷹野隆大 新作「RED & GREEN(仮)」(2019)


 ・ラ・リボット「マリアッチ17」(2009)


 ・ルイーズ・ナルボニ+ヨアン・ブルジョワ「グレート・ゴースト」(2017)

 (上映後トーク:鷹野隆大、呉宮百合香、飯名尚人)


 


[ご予約・お問い合わせ] info@canta.co.jp


メール予約のみ。ご予約のお客様優先でのご入場となります。


(1)ご希望の鑑賞プログラム(第1部〜第4部)、(2)お名前、(3)人数、(4)電話番号、(5)メールアドレスを明記の上、お申し込みください。




 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. インターナショナル部門について


--------------------------------------------------------------------------------------

[上映日時]3月3日(日) 13:00-15:30 (第3部)


<予告映像>https://vimeo.com/312453747


 


■■ 公募の概況について ■■


日本も含め世界各国から125作品のエントリーがありました。国際ダンス映画祭の審査は、僕ひとりでやっているので、125作品を何度か観て、3次審査まで実施し、最終的に12作品を選びました。


選ぶ基準というのは、特に規定はなく、集まった作品の全体を見ながら、今年の動向などを探っていきます。選んだ12作品に共通点があるわけではありません。ただ、映画祭ですので、映画的・映像的視点において評価できる作品である、という基準はあります。ダンスそのものが被写体ではなくても、身体感覚を持った映像作品というのもありえます。


意図的ではないですが、今年は「言葉」が挿入される作品が多く選ばれました。説明的な言葉ではなく、言葉によって身体だけでは物語れないことが表出しているようにも思えます。「ダンスか言葉か」ではなく、「ダンスと言葉」と考えてみることがポイントになるかもしれません。


 


■■ 海外のダンス映画の状況について ■■


舞台記録映像のエントリーは受け付けていないのですが、ドキュメンタリー作品のエントリーが多かったのも特徴的です。


多かったのは「舞台のメイキングビデオ」でした。「メイキングビデオ」と「ドキュメンタリー」の様式的な違いは何か。そんなことも考えさせれらました。


これまでのダンス映画は、フィクションを前提に創作されてきたようにも思いますが、今ではドキュメンタリー性とフィクション性が融合してきており、今後の我々の国際ダンス映画祭でも、ドキュメンタリー部門を作る必要性を感じました。


 


「1958 デリバリー 《慢遞1958》」




■■ 上映作品例 ■■

「1958 デリバリー 《慢遞1958》」(監督・振付:Elysa WENDI)は、葬式の花を届けに行く男の話で、香港の街を花を抱えて歩く配達屋の写真が流れる作品です。写真と映像という組み合わせも面白い演出です。香港の街並みと、花を抱える男の姿、通り過ぎる人々の様子。そういった身体と風景が記録されています。作品全体は白黒映像で、現代のようでもあり過去のようでもあります。葬儀の花であることも、何か感じさせるものがあります。冒頭、道教の僧侶たちの儀式が映されますが、その姿はまさしくダンスでした。


街、宗教というドメスティックな要素が、ダンス映画ならではの詩的映像・抽象性を保ちながら描かれているので、新鮮な作風に感じられます。これはダンス映画なのかということもありますが、これもダンス映画である、という議論ができると面白いです。


 


 


本件についてのお問い合せ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


 


===============================


[制作]有限会社かんた(担当:溝端)


 Email : info@canta.co.jp


===============================


※今後有限会社かんたからのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年01月29日

件名: 国際ダンス映画祭プレスリリース第4弾 新作映像インスタレーション詳細[2019.1.31-2.17 横浜]


アーツカレンダー ご担当者 様


 


平素よりたいへんお世話になっております。


 


いよいよ今週木曜より開催の国際ダンス映画祭「身体が残る。」では、ダンス映画の新たな手法を実験する試みとして、飯名尚人による新作映像インスタレーションを展示いたします。


作品の趣旨について、作家の言葉をお届けいたします。


 


ニュース・トピック==================================

1. 新作映像インスタレーション 


 「日常を巡るインタビュー・ドキュメンタリー・フィクション」


2. 国際ダンス映画祭 in 横浜「身体が残る。」基本情報


==================================================


 


--------------------------------------------------------------------------------------

1. 日常を巡るインタビュー・ドキュメンタリー・フィクション


 大野一雄について(2019)


--------------------------------------------------------------------------------------

[会期]2019年1月31日(木) 〜 2月17日(日)


    平日 13:00-20:00、土日祝 11:00-20:00(最終日は17:00まで)


[会場]横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 Space A


 入場無料、予約不要



▶︎予告映像 https://vimeo.com/312523131


 


[登場人物]


・大野慶人:舞踏家。大野一雄次男。


・大野悦子:大野慶人夫人。大野一雄の舞台公演ではメーク、衣装を担当した。


・大野美加子:大野慶人長女、一雄初孫。舞踏映画「O氏の肖像」(1969)に短く出演する。


・ヨネヤマママコ:パントマイマー。1950年代に大野一雄の元でダンスを学んだ。


・天野功:元捜真教会牧師。大野一雄は捜真教会創立以来の篤い信徒だった。


・中島昭子:捜真女学校校長。大野一雄は捜真女学校に1980年まで勤務した。


・三戸部恵美子、岩村加恵子:大野家の近くにある上星川幼稚園園長。大野一雄は、1960年代から毎年幼稚園のクリスマス会で、園児のためにサンタクロースを演じた。

 


大野慶人


 


■ どのような作品でしょうか?


三つの軸に沿って、それぞれの登場人物の言葉、記憶が語られます。


・インタビュー|家族、教え子、教会の牧師先生、ともに過ごした人が語る


・ドキュメンタリー|生活の場所、踊る場所の記録


・フィクション|その人のことを思う、思いを寄せる


 


6台のモニターに流れるのは、7名のインタビュー映像です。大野一雄に関するインタビューを集める、という作業から始まったプロジェクトですが、このインタビューから想起される風景というものに興味を持ち始め、ダンス映画としての演出を施しながら新たにその風景を撮影していくプロットを考えました。出来事の再現ビデオとはちょっと異なり、説明的な要素は一切ありませんし、当事者たちによる忠実な再現を目指すのでは、むしろ事実をフィクション化していく作業でもあります。


 


展示会場の大型2面スクリーンに流れるのは、ダンス映画として撮影した映像で、インタビューに登場する上星川幼稚園の園長先生たち、そして稽古場の大野慶人さんと大野悦子さんです。インタビュー映像の中で語られている言葉を、ダンス映像として立ち上げ直すことの実験です。


そして、実はこの展示作品で、大野一雄本人は登場しません。大野一雄という一人の人物に関わり合ってきた人々の記録ということになりますが、言葉の端々から大野一雄の強烈な存在感を感じます。むしろ目に見えない大野一雄の身体が深く印象に残るのではないでしょうか。



大野悦子


 


 


■ これまでの「ダンス映像」と異なる点は何でしょうか?


「国際ダンス映画祭」で注目しはじめているのは、ダンスの記録、という部分で、それはドキュメンタリー映画ということでもありますが、しかしドキュメンタリーという方法をそのまま使ってしまうと、ダンスや記憶の幻想性が生まれにくいかもしれません。ダニエル・シュミット監督のドキュメンタリー映画「書かれた顔」と「Kazuo Ohno」はドキュメンタリーでありながらも、フィクションとして演出されたダンスが挿入されていき(まさに「ダンス映画」の部分です)、日本の女形に関するインタビュー映画でありながらもダンスの幻想性を存分に味わえる構成になっています。さらに「ダニエル・シュミット、レナート・ベルタ撮影による未使用フィルム」では、大野一雄の日常の断片が記録されています。この3つの作品(※)の関係性と構成を利用して、大野一雄の周りの人々の記録を残したいと思い、インタビューした皆さんの言葉から、その風景の一部・断片を撮影し直していく、という方法を選びました。


 


(※ダニエル・シュミット監督の作品は、2019年3月2日・3日にスパイラルホールで開催の「国際ダンス映画祭2019」で特別上映いたします。)




大野一雄について


 


<映像展示>


・デジタル HD カラー 2面スクリーン投影/各映像は19分22秒と17分17秒


・モニター6台同時上映/7人のインタビュー/59分/日英字幕付き


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. 国際ダンス映画祭 in 横浜「身体が残る。」基本情報



--------------------------------------------------------------------------------------

[会期]2019年1月31日(木) 〜 2月17日(日)  


[会場]横浜赤レンガ倉庫1号館 2階 Space A


[料金]全イベント入場・参加無料


 


[主催・企画]東京造形大学 映画・映像専攻、Dance and Media Japan 、NPO法人ダンスアーカイヴ構想


[共催]横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]


[お問い合わせ]NPO法人ダンスアーカイヴ構想(info@dance-archive.net)


 


 


本件についてのお問い合せ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


 


===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Facebook : @DanceArchiveNetwork

Twitter : @dance_archive

Instagram : @dancearchivenetwork

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系