2019年10月07日

リーディング公演『赤の法廷 vol.1』








'19.10. 3. リーディング公演『赤の法廷 vol.1』


会場:REDスナック





 すれ違うこともままならないスナックのカウンターの内側に三人が並んで、「猿蟹合戦」に材を得た法廷劇をETVがやったものを援用する形で、裁判員に見立てた客に問い掛ける寸劇を観たのだが、思いのほか面白かった。


 TVと違って、検事・弁護人それぞれの最終弁論を聴いた後、予め用意された小さな紙片に猿への判決意見を記し、その集計を受けて判決を下すという趣向になっていた。


 死刑に賛成なら有罪、死刑に反対なら無罪と記して意見を添えるか否かは自由という投票ルールに対しては、死刑反対が一気に無罪か?との疑問が湧いたが、投票結果が「有罪7−無罪10−棄権2」となったことに驚いた。


 被告のサルは、事件当時8歳で学校に行っていてサルの青柿礫を免れた証人のカニの母蟹のみならず妹蟹まで殺していて、奪った命は一つではないながらも、8年間の逃亡生活の間に改心もし、家庭を設け今や子煩悩な一児の父となっている28歳の青年で、八つ当たり的な癇癪を若気の至りで起こしたことを反省し、毎月5万円を8年間送り続けてきているということが証言により明らかになっていた。


 16年前に観た『刑務所の中』の拙日誌に記した「死には死を」といった応報刑によって還って来る命はないのだから、そもそも死刑自体に懐疑的な僕は、償いとは、不断に悔い改めることにあると思っているので、紙片にはその旨記載した。加えて今回の設定では、サルは自ら定めた見舞金を毎月送り続けるばかりか、自らが家庭を持ったことで自分がカニの家庭を壊した罪深さが身に沁みている様子だ。そんなサルに死刑を課して、今度はサルの息子から親を奪うことが、果たして“社会正義”の名の下に行われるべきことだろうかとの想いが強く湧いた。だから、死刑反対の意見のほうが上回るだろうとの予測は当たったのだが、驚いたのはむしろ、死刑反対の得票が辛くも過半数に留まった投票結果だった。


 山田憲人【おさらい会】の演じた検事の重々しい口調に説得力があったということなのか、「刑罰」というように、思いのほか多くの人々が刑を「罰」として側面で捉えていて、事犯の重大性を以て判断する傾向が昨今の厳罰化機運のもとに醸成されているからなのか、興味深く感じた。思わず主催したREDのママ鍋島恵那【劇団彩鬼】に、2回目の公演の投票結果を訊ねてみたが、奇しくも1回目と全く同じだったとのこと。判事や証人のカニを演じていた清里達也【TRY-ANGLE】が栗・蜂・臼・糞の助力を得て復讐的私刑を下す機会を得ながら、「なぜか殺すことはできませんでした」とも証言していたのに、被害者でもない者が被害者感情を理由に厳罰化を求める風潮が確かに浸透してきているような気がして、不寛容の時代を象徴しているように感じた。


 被害者へのケアはもちろん必要なのだが、それは加害者に対する措置によってではなく、直接、被害者に対してなされるべきものだ。それなのに、そちらのほうはむしろないがしろにする形で、加害者に対する措置のみが喧伝されている気がしてならない。必要なのは、被害者が見舞われる拭い難い報復心に応えることではない。その報復心を否定することなく、報復心への囚われから解放することだと思われるのに、むしろ報復心を煽るようなことさえしている向きがあるように感じている。善後策として大切なことは、抽象的で口実的な“社会正義”ではなく、具体的な“被害者へのケア”だと思う。加害者に極刑を加えることを以て“被害者へのケア”だというのは欺瞞以外の何物でもない気がしてならない。





『刑務所の中』の拙日誌


http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/2003j/07.htm








  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


     (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

     (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2019年10月01日

櫻井郁也ダンスソロ新作公演2019秋『沈黙ヨリ轟ク』(11/9?10 開催)

沈黙ヨリflier表.png独舞の追求者・櫻井郁也の最新作。3.11直後の心象を踊った『方舟』(2012:ルクセンブルク)、原爆70年忌に捧げた『弔いの火』(2015:長崎)につづき、生と死と再生をめぐる鮮烈なダンスが展開する。櫻井は舞踏のパイオニア笠井叡に師事した先鋭的なダンサー。長年の追求ならではの見応えある作品が期待できます。


《櫻井郁也ダンスソロ『沈黙ヨリ轟ク』》
SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " DISTANT CRY"


2019年
11月9日(土)20:00開演
11月10日(日)19:00 開演
*ロビー開場=各回開演20分前。

ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【会場】
plan-B (プランビー)
□東京都中野区弥生町4-26-20-B1  
□東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分「富士高校前」下車すぐ


【コメント】
「沈黙すればするほどに聴こえてくる声が、あると思う。
遠い声、心の声、死者の声、物質の声、時間の声、不在の声、、、。
聴こえない声のなかに、ない声のなかに、本当の言葉が、あるのではないかとも思う。
死者とともに消えていった言葉、語られなかった言葉、語り得なかった言葉、
それら、うしなわれた言葉たちに耳を澄まそうとするとき、
身体すべてが鼓膜になって、ダンスの到来を受動するように思えてならない。
沈黙のなかに立つ。
極度に、極度に沈黙して、
遠く透明にとどろくものに、身を投げる。(櫻井郁也)」

【プロフィール】
櫻井郁也(サクライイクヤ):笠井叡に師事ののち、1997年より独立した舞台活動を展開。2001年より継続するplan-Bソロシリーズを軸に、2006年ポルトガル招聘公演、2012年ルクセンブルク招聘公演などの海外公演、ダンス白州への連続参加(2001~09)、NHK番組振付(2002~07放送)、越後妻有アートトリエンナーレ(2012)、いちはらアートミックス(2014)、長崎原爆70年忌公演(2015)など。

【料金】 
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・予約/当日払い 2,800円(各回とも前日まで受付)
・前売/事前振込 2,500円(申込〆切=10月末日)
・学割予約 1,500円(学生証提示/大・中高・専)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。


【チケット申込・予約】
櫻井郁也/十字舎房 公式ホームページ=http://www.cross-section.x0.com 

【関連リンク】
櫻井郁也ダンスブログ https://blog.goo.ne.jp/cross-section
plan-B ホームページ http://i10x.com/planb/
posted by アーツワークス at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年09月27日

出射茂作品展「線の彼方へ」



来たる928()から106()までの会期で



「出射茂作品展   線の彼方へ」



と題しました個展を銀座NICHE GALLERYにて開催する運びとなりました。



 



点と線と面で思考する自分の語彙の中でも、今回は「線」にウエイトを置き、DRAGONの細密線から人物のクロッキーの線まで・・



今、私にどんな線がひけるのか・というその事を確かめる作品群でもあります。



ご高覧、よろしくお願い申し上げます。






なお、29()16:30お越し頂ける皆様と



作品の秘密を探る?懇談も兼ね、



素敵なお茶とワインのレセプションを開催します。




出射茂作品展「線の彼方へ」



2019928()106日(日)11:0018:30



オープニングレセプション:929日(日)16:3018:30



会場:銀座、ニッチギャラリー



東京都中央区銀座3-3-12、銀座ビルディング3F






posted by アーツワークス at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術系

2019年08月25日

写真展 Tokyo / Japan Archives Exhibition



Tokyo / Japan Archives Exhibition 
at HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku

 

EINSTEIN STUDIO が企画発行してきた写真集、
どこにも似ていないこの都市を、誰とも似てないあなたの視点で切り取り、
一冊の本にしてきた TOKYO / JAPAN ISSUE.43 でファイナルを迎えます。
この最終号を記念したアーカイブ展を 
HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku にて開催いたします。


会期:2019824 1030日 9:0023:00

829日木曜日に限り、THE KNOT リニューアルオープン1周年のイベントの為、
インビテーションカードをお持ちの方のみ入場可能となります。ご注意ください。
その他の日程は、いつでもご覧頂けます。

作品展示に加え、829日より10月末まで、スライドショーの上映も行われます。


会場:HOTEL THE KNOT TOKYO Shinjuku 2階 ラウンジ

    東京都新宿区西新宿4-31-1

   

   地下鉄大江戸線 都庁前駅A5番出口より徒歩4
   JR新宿駅 西口より徒歩14
   地下鉄丸ノ内線 西新宿駅2番出口より徒歩12


企画:EINSTEIN STUDIO  https://www.einstein-studio.com


 


 昨年8月にリノベーションオープンしたこのデザインホテルは、
ロビー・ラウンジの奥まで、レストランの中にも随所にアート作品が飾られ、
独特の雰囲気で魅力的です。新宿中央公園の脇に位置しています。



これまでの43冊の写真集に掲載された作品からの展示です。
投稿者、音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)の、
音楽家×写真家 金川信江は、
Issue.33 (JUL.2018) に掲載された作品1点を展示して頂きます。


投稿:音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)
    サイト内情報ページ




posted by アーツワークス at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術系

2019年08月02日

『岩澤哲野のメーテルリンクに悩む会』 その2「蜜蜂の生活」に悩む。(8/4 11時30分?)開催!

急な坂スタジオのサポートアーティストの岩澤哲野さんは、今年の冬にメーテルリンクの『青い鳥』を沖縄・東京などで上演します。この作品を創作するために、じっくり時間をかけて作品と向き合ってみたいということで、急な坂スタジオでは、その時間を一緒に過ごすことにしました。
『岩澤哲野のメーテルリンクに悩む会』では、岩澤さんと俳優が1週間スタジオに籠もって、一つの作品に取り組みます。
2回目の開催となる今回は、「蜜蜂の生活」を題材に悩みます!
急な坂滞在の最終日となる8月4日(日)には、1週間悩んだ成果発表を行います。

メーテルリンクの謎に一緒に迫ってみませんか?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

-----
★概要

悩む人(発表者)|岩澤哲野、大橋悠太、緒方壮哉、鈴木正也 

日時|2019年8月4日(日) 11時30分〜(1時間半程度を予定)
※成果発表後、皆さまと一緒に悩む時間を設けております。

会場|急な坂スタジオ 和室
※会場には靴を脱いでお入りいただきます。ご了承ください。

料金|1,000円(小学生以下無料)
※1drink・軽食付きです。

ご予約・詳細|以下のHP内からご予約ください。
https://kyunasaka.jp/archives/6808
posted by アーツワークス at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他シンポジウム等