2019年03月11日

'19. 3. 6. 『Le Père(ルペ\xA9`ル) 父』








'19. 3. 6. 〆Le P┬re左矢印2ルペ\xA9`ル⇄幻〇


氏\x88槩左炒ĺ侘鳥唫廛薀兇ǂ襪櫞`と寄ホ\xA9`ル  





 勸弥倔\x98笋㋑塵g\xB1O興を\x84佞瓩\xEB\x96|奨椰\xD0g\x84\xA1\x88槪盤ク不左向き三角1㋑塵g\xB1O興を\x84佞瓩覬\xF8\x8E豈h羨椰\xD0g猟晒センタ\xA9`との慌揖崙恬による鍬\xD4U\x84,澄UJ岑屏が\xDFM佩する幻を\x8C\x9D嵆として宙くのではなく、\xD5J岑屏が\xDFM佩する幻の\x82箸厘\x95泣で宙いた恬瞳だったようだ。


 祇尖で、\xD3\x9B\x91\x9Bの詞\x9D瓩簣倏衣瓩垢\xEB\x95r\xE9g、繁麗ッが匯\x89笋靴討靴泙Φ談紊琳Ľ譴覆気覆匹㋣l竃していたわけだ。いずれも\xD5J岑屏に\xD2\x8A玲われ\xDFM佩するなかで龍わうことなのだろうとの\xBC{誼湖があり、よく竃栖た屮肖だとは房いつつも、方?の是雌と音芦と譛\x96Vに\xD2\x8A玲われ、この决\xE9Lにあるのが\xD5J岑屏に\xD2\x8A玲われた湖\xD2\x99なのかと\xD3Q\xBDKえて富?\x9A櫃ⓗ萁い澄左向き三角1覆鵑箸皺仗瓩遍炤靴世箸い\xA6\x9A櫃❹靴拭\xA3



 附除な繁の\xD7R\x84eができなくなる\xD5J岑屏纂宀の徊は方?の屮肖や啌鮫で\xD3Qて栖たが、繁麗委燐が是\xEByになる纂宀の\x82箸ǂ蚋\x8Aれば、广しく繁鯉議\xBDy匯湖を之いた徊で繁が\xBDUち\xACFわれてくるようになるのであれば、卷なるかなとの峐いが\x9Cイい拭Hǂ討里海箸⓲惨_かになるなかで、\x8F\x8Aがらずにいられない失の怎圷が肝?と溪われていくのだから、兀し篠せる音芦というのは、泌採ばかりかという\x9A櫃砲覆蕕困砲呂い蕕譴覆ǂ辰拭\xA3



 こういう屮肖を\xD3Qると個めて、ドキュメンタリ\xA9`啌鮫〆\x9A鞍佞❺▲襯張魯ぅ洫`〇は、寄した恬瞳だったなぁとの湖信が\x9Cイ唐W献▲鵐疋譴鰕櫃犬\xBF\x98鰈♤Δ湾圓Δ泙任發覆⊊錺▲鵐未鰕櫃犬身弝綢蚌秒世❶W訥蠅曚蒜阿睦Qたばかりの〆チルドレン〇に\xBEAいて、なかなかの挫處だと房った。











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   左矢印2〆\xE9g処り繁の啌鮫晩\xD5I〇⇄

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   左矢印2〆ヤマさんのライブ\x82簍郗h〇⇄




posted by アーツワークス at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

【3/15まで】Butoh Research 2018「日本国内における舞踏の実際調査」プレスリリース


アーツカレンダー ご担当者 様


 


平素より大変お世話になっております。


 


NPO法人ダンスアーカイヴ構想では、2017年度より「舞踏/BUTOH」を掲げる、或いはその影響を受けて日本国内で活動する方々を対象に、アンケート調査を実施しております。



2017年度の国内調査では125件、2018年10〜12月に行った国外調査では48カ国から332件の有効回答を得ることができました。


 


本リリースでは、現在実施中の2018年度版国内調査について、昨年の回答例を交えて簡単にご紹介するとともに、国外調査の最新情報をお届けいたします。




 



ニュース・トピック==================================


1. 2018年度版 日本国内における舞踏の実態調査実施


2. 国外調査 最新情報


3. 昨年度の回答例 ——「あなたはどのように答えますか?」



==================================================


 


--------------------------------------------------------------------------------------

1. 2018年度版 海外における舞踏の実態調査実施


http://www.dance-archive.net/jp/butoh.html

--------------------------------------------------------------------------------------



舞踏は70年代後半以降、世界中のフェスティバルから招かれ、舞台芸術の枠組みを超えて広く影響力を発揮してきました。しかしその活動の全体像は、依然として明らかになっていません。そこで舞踏の現況を把握し、その無形の財産を保存・継承していく足がかりを見出すためのアーカイヴ構築を目標に、国内外で「舞踏/BUTOH」を掲げる、或いはその影響を受けて活動する方々を対象に2017年よりアンケート調査を実施しております。


 


これまでの舞踏の拡がり方に目を向けてみると、写真や映像等のメディアによる伝わりもさることながら、各地で長きにわたって活動し、多くに影響を与えている舞踏家が確かに存在し、それぞれの実践方法で舞踏を広めていることが分かってきました。また、舞踏に惹かれ、職業的でなくとも趣味的にあるいは個人的に修練を行っている(必ずしも作品を発表していない)方々の考えを掬い上げることも我々の重要な役割であると考えました。プロで活動されている方のみならず、そうした方々からのご協力も仰ぎながら、曖昧模糊としたベールに包まれてきた一つの集合体「舞踏/BUTOH」を、より具体的な切り口から理解を深めていくことを狙いとしています。


 


プロアマ問わず、舞踏に影響を受けた多くの方々からのご回答をお待ちしております。回答期限は【2019年3月15日】です。


継続的なデータの収集が必要となりますので、昨年に回答された方も、改めましてご協力頂けますと幸甚です。


 


▶︎ 「日本国内における舞踏の実態調査」回答フォーム(Googleフォーム)



 


※本調査は、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の平成29年度東京芸術文化創造発信助成【長期助成プログラム】を受けています。





 


--------------------------------------------------------------------------------------


2. 国外調査 最新情報


--------------------------------------------------------------------------------------


 


2018年10月から12月にかけて実施した国外調査では、北米、南米、欧州、アジアと幅広い地域から回答をいただくことができました。回答言語は、9ヶ国語に及びます。


アメリカ、フランス、ドイツ、ブラジルといった国々だけでなく、中国、イスラエル、ウクライナ、インドといった国々まで、舞踏の裾野の広さを改めて実感する調査となりました。


 


今年度からの新たな試みとして、「舞踏がどのような形で広まり、今日に至るまでいかなる変化を遂げてきたか」というアンケートだけでは掬いきれない質的な部分を明らかにするために、世界各地で活動する舞踏家、プロデューサー、研究者のみなさまに、ご寄稿を依頼しております。


レポートの完成をどうぞお楽しみに。





 


--------------------------------------------------------------------------------------

3. 昨年度の回答例 ——「あなたはどのように答えますか?」


--------------------------------------------------------------------------------------




 


Q. 舞踏を知らない人に、あなたは舞踏をどのように説明しますか?


A. 『死ぬ前にみる走馬灯のようなもの』


  『魂の踊りです。ありのままの自分を表現するものです。』


  『お化けみたいな踊り』


  『1960年代に始まったアヴァンギャルドな身体表現。西洋舞踊と違い、踏むという言葉を使う。』


  『西欧のダンスと、相反するアプローチ、形態。制約からの逸脱。』


  『草木や昆虫、動物や目に見えないものたちのイメージを身体にうつすことのできる表現技法』

  ……


 


Q. あなたが舞踏に興味を持ったきっかけを教えて下さい。


A. 『細江英公写真集「鎌鼬」の土方巽を見て。』


  『日本人としての世界観、表現力を知りたかった。』


  『大学時代の学生運動』


  『全身を使って魂の表現をしたくなったから。』


  『寺山修二の映画がきっかけで芝居を始め、その後舞踏を知りWSを受けた。』


  『詩のような言葉を読んでいるような間合い、そこにある静けさ、情動、懐かしさを感じる。』

  ……




Q. 活動の経済面における課題や障害などがあれば教えて下さい。


A. 『海外での小規模な活動に対する助成金制度がほしい』


  『舞踏を知らない人が多い。集客がうまくいかない。』


  『チケットノルマが大きな負担。』


  『別な仕事をしているので、踊りや踊りに関わることにかけられる時間が少ない。 』


  『自主公演をした場合に赤字となることが多い。』


  ……



 


 


▶︎ 2017年度調査結果(レポートは「集計結果ダウンロード」よりご覧いただけます)



 


 


▶︎ 松岡大「舞踏はどこに行くのだろうか? 2017年度舞踏リサーチの報告」


  (ダンスアーカイヴ構想会報10号掲載)



 


 


本件についてのお問い合せ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。




 


===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Facebook : @DanceArchiveNetwork

Twitter : @dance_archive

Instagram : @dancearchivenetwork

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年03月01日

【Dance Archive Network News 024】国際ダンス映画祭2019開催のお知らせ

2019年3月1日発行
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)
Facebook : @DanceArchiveNetwork Twitter : @dance_archive Instagram : @dancearchivenetwork

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週末、青山のスパイラルホールにて「国際ダンス映画祭2019」が開催されます。2日間にわたり、国内外公募作品と招待作品あわせて28点のダンス映画連続上映を行います。
弊団体の協力事業として、皆様にご案内します。

●●● 国際ダンス映画祭2019 ●●●
期間 2019年3月2日(土) 〜 3月3日(日)
会場 スパイラルホール(東京・青山)
<入場無料/事前予約の方は優先入場>
http://www.dance-media.com/videodance/zokei/2019.html

<上映スケジュール>
【第1部】 3月2日(土) 15:00-17:30
 国際学生ビデオダンス・クリエイション 10作品
 ・「ゑふ/YOH」つと(岩城かのこ、石原澄礼)、乙坂麻衣
 ・「ソトガワ」「色見えで」山中美於
 ・「take9」 両手に花 with 弟
 ・「Wu Fenzhong (5分間)」ICU NY Taiwan Dance Project
 ・「おかっぱぶるー」廣瀬瑠衣
 ・「ごちゃるいま」Anna
 ・「水玉好心曲」玉城里奈
 ・「19」中山ひかり
 ・「冥々」桑原咲羽、山崎未樹
 *上映後トーク:安野太郎、飯名尚人

【第2部】 3月2日(土) 18:30-21:00
 特別上映|ダニエル・シュミット+大野一雄 3作品
 ・「書かれた顔」
 ・「KAZUO OHNO」 *上映後トーク:溝端俊夫、飯名尚人
 ・「ダニエル・シュミット、レナート・ベルタ撮影による未使用フィルム」

【第3部】 3月3日(日) 13:00-15:30
 国際ダンス映画祭・インターナショナル部門 12作品
 ・「うぬぼれ」監督・振付:Florent Schwartz(フランス・アメリカ)
 ・「1958 デリバリー《慢遞1958》」監督・振付:Elysa WENDI(香港)
 ・「オブ・サイレンス」監督:Sam Asaert 振付:Andrew McNicol(イギリス)
 ・「タイムパルス」監督・振付・撮影・編集: APOTROPIA(イタリア)
 ・「ブックアニマ:ダンス」監督・振付・撮影・編集:SHON KIM(韓国・アメリカ)
 ・「ナルキッソスの死」監督・振付・編集・出演:Peter Sparling(アメリカ)
 ・「スリープ ウェル」監督・振付・撮影・編集・出演:SARA SIMEONI(ドイツ)
 ・「風精.刻」監督・振付:JOOWON SONG(韓国)
 ・「カルテ・ブランシュ」監督・振付:Augenblick(イタリア)
 ・「坊ちゃん合宿」監督:Nathan Smith / Max Pollard 振付:Nathan Smith(日本・オーストラリア)
 ・「トランシルバニア・アクロバランス」監督・撮影:Tanya Plazner(ルーマニア)
 ・「バルナム」監督:Sara 振付:Padmini Chettur (インド)
 *上映後トーク:飯名尚人

【第4部】 3月3日(日) 16:30-19:30
 招待作品 3作品
 ・ラ・リボット「マリアッチ17」(2009)
・鷹野隆大 新作「RED & GREEN」(2019)
 ・ルイーズ・ナルボニ+ヨアン・ブルジョワ「グレート・ゴースト」(2017)
 *上映後トーク:鷹野隆大、呉宮百合香、飯名尚人


<ご予約・お問い合わせ> info@canta.co.jp
メール予約のみ。ご予約のお客様優先でのご入場となります。
(1)ご希望の鑑賞プログラム(第1部 - 第4部)、(2)お名前、(3)人数、(4)電話番号、(5)メールアドレスを明記の上、お申し込みください。

※第2部をご予約の先着100名様に、冊子「大野一雄 オン・スクリーン」をプレゼント!多数の写真と、白石かずこ氏、松本正道氏、大野慶人氏の寄稿、ぬまのまさこ氏のマンガエッセイを収録。大野一雄出演全映像リスト付。


主催:東京造形大学 映画・映像専攻領域、Dance and Media Japan
協力:大野一雄舞踏研究所、NPO法人ダンスアーカイヴ構想
提供:ユーロスペース(「書かれた顔」)
制作:有限会社かんた


→ダンスアーカイヴ構想会報17号 
http://www.kazuoohnodancestudio.com/common/pdf/DANnews17.pdf
「身体が残る」(映像作家・東京造形大学特任教授 飯名尚人氏寄稿)

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2019 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年02月28日

国際映画祭2019プレスリリース第2弾[2019.3.2-3 スパイラルホール]


アーツカレンダー ご担当者 様


 


平素より大変お世話になっております。


 


国際ダンス映画祭では、2日間にわたり国内外公募作品と招待作品あわせて28点のダンス映画連続上映を行います。


本リリースでは、今回初の試みとなる「学生ビデオダンス・クリエイション」と、鷹野隆大の新作「RED & GREEN」、本年4月にふじのくに⇄せかい演劇祭で初来日公演を行うヨアン・ブルジョワの「グレート・ゴースト」について、ご紹介いたします。


広報にご協力をお願い申し上げます。


 


ニュース・トピック==================================

1. 学生ビデオダンス・クリエイション


2. 新作 鷹野隆大「RED & GREEN」


3. \ヨアン・ブルジョワ来日公演決定!/

 ルイーズ・ナルボニ+ヨアン・ブルジョワ「グレート・ゴースト」


4. 国際ダンス映画祭2019 開催概要


==================================================


 


--------------------------------------------------------------------------------------

1. 学生ビデオダンス・クリエイション


 —— ダンスと映画の教育モデル


--------------------------------------------------------------------------------------

[上映日時]3月2日(土) 15:00-17:30 (第1部)


<予告映像>https://vimeo.com/313790306


 


国際ダンス映画祭では、「ダンスと映像」の教育モデルを提案しています。


各地で開催してきた「身体と風景のための映像ワークショップ」は、映像作家飯名尚人と振付家平井優子によるダンスを見つめるための撮影をメインにした内容でした。ダンスやカメラに経験のある人もない人も、同じワークショップの中でクリエイションに参加しました。このたび、教育プログラムの中の上映会として「学生ビデオダンス・クリエイション」を実施します。今回は、学生たちに作品を発表する場を提供し、作品の質を高めていくことのサポートとして、4人のコメンテーターに講評をお願いしました。4名のコメンテーター(川口隆夫、吉開菜央、安野太郎、飯名尚人)は、すべての作品を見て、学生たちにコメントを送ります。どの作品も、視点を選んで丁寧に見ていくと、新たな発見もあり、なかなか実験的なことに挑んでいることがわかります。


今回は、第1回目ということもあり、ダンスが映像に写って入ればなんでもあり!という条件で募集しましたが、どの作品も映像的魅力を持っていました。ダンスと映像が、彼らの世代においては当たり前のように融合しているのかもしれません。


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. 新作 鷹野隆大「RED & GREEN」


 —— 写真と映像、身体の介入


--------------------------------------------------------------------------------------

[上映日時]3月3日(日) 16:30-19:30 (第4部)


<予告映像>https://vimeo.com/313178881






 


写真家・鷹野隆大、初となる映像作品の発表です。昨年、神楽坂での個展「欲望の部屋」(会場:AYUMI GALLERY CAVE)では、写真がそこに生まれる瞬間を体験するかのような参加型インスタレーションを行いました。そこには鷹野の写真はなく、鑑賞者は真っ暗な部屋に案内され、蓄光塗料の塗られた壁の前に立ちます。ストロボの強い閃光を浴びると、壁に自分の影が定着され、じっとその影を見る。自分の動かない影を見ることで、自分と身体が切り離されたような新しい感覚を覚えました。


国際ダンス映画祭では、写真家としての視点から映像をどう使うか、そして、身体をどのように映像の中で扱うか、ということに興味を持ち、新作の映像作品制作を依頼しました。どんな作品が完成したのか、ご期待ください。


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------

3. ルイーズ・ナルボニ+ヨアン・ブルジョワ「グレート・ゴースト」


 —— 人間・地球・宇宙 重力が引き寄せる映像美


--------------------------------------------------------------------------------------

[上映日時]3月3日(日) 16:30-19:30 (第4部)


<予告映像>https://youtu.be/PxJ-FUb78q8

 






高い所から飛び降りる時、ぐるぐる回っている時、ブランコに揺られている時、束の間自分の身体コントロールを外れて、より大きな力の原理に巻き込まれるような感覚が生まれることがあります。自分の身体が自分のものでなくなるような、怖いのにうっとりするようなこの瞬間に、小さな人間が大きな宇宙とつながるような「詩情」が宿るのかもしれません。


フランスの偉人たちを祀るパリのパンテオン。悠久の時を刻む静かな霊廟のなかで、動きを止めない舞台装置、その上で繰り返されるアクロバティックな運動、振付家ブルジョワと映像作家ナルボニが読み上げるシャルル・ペギー、ヴィクトル・ユーゴー、ルソーのテキスト、全編を貫くシューベルト「冬の旅」の音楽、そして天井から吊り下がるフーコーの振り子とが重なり合い、宇宙・地球・人間の時間が美しく描き出されます。


 


ヨアン・ブルジョワ初来日公演(4月27日〜29日、静岡芸術劇場)に先駆けて、特別上映を行います。


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------


4. 国際ダンス映画祭2019 開催概要



--------------------------------------------------------------------------------------


[会期]2019年3月2日(土)・3日(日)


[会場]スパイラルホール(東京・青山)


<入場無料/事前予約の方は優先入場>


 


[ご予約・お問い合わせ] info@canta.co.jp (事前予約の方から優先入場)


(1)ご希望の鑑賞プログラム(第1部 - 第4部)、(2)お名前、(3)人数、(4)電話番号、(5)メールアドレスを明記の上、メールにてお申し込みください。


 


[主催]東京造形大学 映画・映像専攻、Dance and Media Japan


[配給]ユーロスペース(「書かれた顔」)


 




本件についてのお問い合せ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


 


===============================


[制作]有限会社かんた(担当:溝端)


 Email : info@canta.co.jp


===============================


※今後有限会社かんたからのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年02月25日

岩崎宏美コンサートツアー PRESENT for you * for me








'19. 2.24.  岩崎宏美コンサートツアー PRESENT for you * for me


会場:夜須公民館マリンホール





 何かでふと見かけて高知に来るらしいよと教えると、珍しくも「行こか」と促してきた妻が前売り発売日に買ってきたチケットで、初めて生の歌声を聴いたが、思った以上に味わい深く、ライブ感を堪能した。


 岩崎宏美は、大学進学で上京した僕の最初の下宿屋の隣部屋だった鹿児島県出身の理工学部の中村君の大好きな歌手で、その影響から僕も愛聴しつつも、ライブ公演に出向いたことは一度もなかった。16歳でデビューし、今度の4月で44周年を迎えるという彼女は、僕と同じ歳で、還暦を迎えているのだが、実に若々しく艶やかな変わらぬ美声だった。加えて、歌唱やステージワークにはその年輪、年季が滲み出ていて、座長の貫禄をも漂わせていて、ある意味、歌い手としては今が一番充実しているのかもしれないと思った。



 新譜ツアー公演として披露された新曲は、第一部では阿久悠の遺していた詞による「あかぺら」、Coccoの提供による「つめたい火傷」、さだまさしの「残したい花について」。第二部ではオープニングの「真夏のサクラ」、地元高知出身の岡本真夜による「10年目の Love Letter」、そして、アンコールでの「五線紙の上」だった。


 演奏は、バイオリン三本とチェロからなるストリングスに、エレキベース、ドラムス、グランドピアノを加えたバンド編成だった。バックコーラスの姿は見えなかったから、時折入ったそれは記録音源によるものだったのだろう。僕が一番気に入ったのは、第一部の3曲目、ブルーライトに照明を変え、ピアノとチェロだけの伴奏になった「つめたい火傷」だったのだが、帰途の食事を共にしながら妻に訊ねると、奇しくも同じ曲だったので驚いた。


 最も心打たれたのは、第一部を締めた、さだまさしによる二曲で、歳を重ねてこそ歌える歌の喜びについて語ってから歌った「いのちの理由」では、途中から感極まって涙声の混じる歌唱に驚かされた。それは、続く「残したい花について」でも繰り返され、何か思い出すことでもあるのだろうか、と思いつつ、その感受性の強度に驚き、そういえば、オープニングで歌った「思秋期」について、この曲は、父親との約束で歌手活動は二十歳までとなっていた期限が近づいてきているなかで貰った曲で、スタジオで泣けてきて途中で歌えなくなって困った思い出のある曲だと話していたことを想起した。同じ歳だから思い当るところもあるけど、歳がいってくると妙に涙もろくなるよね、と隣席で貰い泣きしていた妻に話したものだった。



 第二部は、新譜紹介の二曲の後、第一部と同じくヒットメドレーを挟んで快調に歌っていたのだが、「絆」の後の「幸せのかけら」を歌いながら、またもや涙声になった。そのことへの詫びを入れながら語った事情は、昨日、一つ年下で闘病中の友人の訃報に接したことにあるというものだった。'87年のミュージカル「レ・ミゼラブル」で同じファンティーヌを演じた石富由美子が亡くなったのだそうだ。そーか、だから、いのちとか人生に触れてくる歌詞に感極まったのかと納得した。まさにライブ公演なればこその出来事だと妙に感慨深かった。そのうえで、敢えて「この曲は、亡くなった由美子のために歌わせてください」と断りを入れて歌った「聖母たちのララバイ」は、もうすっかり耳馴染んでいる曲なのに、何とも新鮮に聞こえて来た。何だかいろいろな思いと感情に満たされた感慨深いコンサートだった。


 このほか披露された楽曲は、第一部でのピアノ伴奏のみによるディズニー映画からの「リメンバー・ミー」と「美女と野獣」。第一部のヒットメドレーは、想い出の樹の下で〜熱帯魚〜ドリーム〜女優〜すみれ色の涙。第二部は、未来〜ロマンス〜センチメンタル〜好きにならずにいられない〜シンデレラ・ハネムーン〜私たち。















  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系