2017年11月29日

12/22 時々自動名内新ユニット、YKKの3ピースツーマンライブ! KAMOSU×YKK

ykk[1].jpg
KAMOSU×YKK〜カシマシ醸す〜

時々自動のメンバー岡本唯、三井耶乃、日高和子が、
ガールズロックバンドYKKを結成!
初めて時々自動を飛び出しライブを行います!!
アジアン倍音ポップスバンドKAMOSUとの対バンです!
どうぞお楽しみに!
12/22 (金) OPEN 19:30 START 20:00
ひかりのうまhttp://hikarinouma.blogspot.jp/
東京都新宿区百人町1-23-17-B1(旧キューピッド)
JR大久保南口すぐ
▼チケット代 2000円 + 1drink
▼チケット予約 ticket.ykk@gmail.com
KAMOSUメンバー
尾引浩志(ホーメイ、口琴、イギル、トプショール、うた)
善財和也(うた、ギター)
喜名風人(タブラ)

YKKメンバー
岡本唯(Vo、G)
三井耶乃(B、Cho)
日高和子(Dr、Cho)

posted by アーツワークス at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年09月10日

10/17tue.トロンボーンカルテット ル・グラン・ブルー 第9回レギュラーコンサート 



トロンボーンカルテット ル・グラン・ブルー 第9回レギュラーコンサート 
 結成20周年!!
「夕べみた夢、これからみる夢」

1997年結成。メンバーの入れ替えはありましたが、おかげさまで20周年を迎えることが出来ました。
レパートリーも100曲を超え、関東圏内を中心にホール、教会、施設等様々な場所にてル・グラン・ブルーサウンドを展開しています。

日時 2017年10月17日(火)18:30開場 19:00開演

会場 日暮里サニーホール コンサートサロン
   東京都荒川区東日暮里5-50-5 ホテルラングウッド4階
    03-3807-3211
   JR・京成 日暮里駅前より徒歩約2分
 
料金 2,500円(税込)

お問い合わせ http://cdf-music.com/lgb

チケット取り扱い
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間平日10:00〜18:00)
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38589&

ヤフーパスマーケット
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hg36ytctdx.html


出演 トロンボーン   金川マコト
            枡家 小雪
            臼田 克己
   バストロンボーン 上原 澄人

曲目
A.ガブリエリ 第12旋法のリチェルカーレ
J.S.バッハ プレリュードとフーガ
R.ワーグナー 歌劇「タンホイザー」より大行進曲
C.ピショロー トロンボーン四重奏のための「エクステース」
童謡 わらべうた(ずいずいずっころばし-うさぎとかめ-うさぎ-うさぎのダンス)
童謡 夕やけこやけ
高嶋圭子 砂の丘を越えて 他
posted by アーツワークス at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年09月04日

10/22sun.金川 信江〈クラリネット〉カフェで気ままなコンサート in photo book cafe boats





『気ままなコンサートシリーズ』新しい会場との出会いです。荻窪にある、写真集約700冊を自由に閲覧できるブックカフェ。相性の良い空間で、音楽・写真とともに想像が広がるひとときを!

 クラリネット無伴奏ソロによる
カジュアル・クラシック・コンサート

フォトカードをお配りし、トークを交えながら、短めの耳馴染みの良い曲を、たくさん奏でていきます。お好きなドリンクを飲みながら、和やかな雰囲気の中で、音楽をお楽しみ下さい。


『金川 信江〈クラリネット〉カフェで気ままなコンサート in photo book cafe boats』


日時:2017年10月22日日曜日 17:30開場 18:00開演

入場料:ご予約2,500円 当日2,800円
      どちらも1ドリンク込  25席限定

会場:photo book cafe boats(フォトブックカフェボーツ)
   東京都杉並区上荻2-17-10
    http://www.photobookcafe-boats.com
   JR中央線・地下鉄丸ノ内線 荻窪駅 西口より徒歩6分

ご予約:フォトブックカフェボーツ
    03-3393-4157
    boats.cafe♪gmail.com ♪を@に変更してください。


演奏曲目
フォーレ/子守歌op.16
フォーレ/夢のあとに
カタロニア民謡/鳥の歌
ヘンデル/私を泣かせてください
チャイコフスキー/〈四季〉より 秋の歌
ガーシュイン/サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー 他


金川信江 KANEKAWA Nobue http://cdf-music.com/cl/
〜 写真と出会った音楽家 〜 クラリネット奏者
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」開催。写真を演出に取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの「気ままなコンサートシリーズ」は好評を博し多数の公演を行う。「写真家たちの新しい物語」第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」を開催。「Regard Intense by 16 photographers 」に参加する等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。


posted by アーツワークス at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年08月02日

9/3 大島莉紗ヴァイオリン・リサイタル〜パリ・オペラ座からの便り〜

CD「Prokofiev」世界発売記念・日本ツアー 東京公演
大島莉紗ヴァイオリン・リサイタル
Lisa Oshima, violin
〜パリ・オペラ座からの便り〜


ピアノ/シュテファン・シュトロイスニック

【プログラム】
ストラヴィンスキー:イタリア組曲
シューベルト:華麗なるロンド 作品:70
プロコフィエフ:5つのメロディー
プロコフィエフ:「シンデレラ」より5つの作品
プロコフィエフ:組曲「ロミオとジュリエット」
※演奏曲目は予告なく変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

開演/9月3日(日)14時  開場13時30分
入場料金(全席自由)/一般4000円 カンフェティ会員3500円
カノン工房 大島莉紗・東京公演オンラインチケットサービス
●カンフェティチケットセンター   tel:0120-240-540 (平日10:00〜18:00)
●カノン工房 FAX:050-3153-2671(24時間対応)  office@atelier-canon.jp http://www.atelier-canon.jp/reserve/

会場/東京文化会館小ホール
〒110-8716 東京都台東区上野公園5-45
JR上野駅[公園口改札前]、京成上野駅[正面口]、東京メトロ上野駅[7番出口]

<プロフィール>
大島莉紗 Lisa Oshima
ヴァイオリン
桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学ソリストディプロマコース終了。その間、小林健次氏に師事。1997年より文化庁在外派遣研修員として、英国王立音楽大学大学院に留学し、フェリックス・アンドリエフスキー氏、トーマス・ツェートマイアー氏に師事。在学中、女性として初の受賞となるユーディ・メニューイン賞をはじめ、イアン・ストーツカー賞、イゾルデ・メンゲス賞などヴァイオリンにおけるすべての賞を受賞。ローム・ファンデーションおよび同大学から奨学金を受け、1999年同大学院を過去最高点の首席で卒業する。
2000年5月、ロンドンのロイヤルフェスティバルホールで開催されたカークマン・ソサエティ主催のリサイタルでは世界的権威の弦楽雑誌<The Strad>が絶賛。同年11月、東京で開催したデビューリサイタルでは、日本国内の各音楽雑誌で高い評価を得る。 第18回リピツァー賞国際ヴァイオリンコンクール入賞、第9回ポスタッチーニ国際ヴァイオリンコンクール入賞、ヤマハ・ヨーロッパファウンデーションコンクール優勝を始め、数々のコンクールに入賞。 英国王立音楽大学交響楽団、ルーマニア・モルドヴァ交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団などとの共演、プレシャコブ国際音楽祭に招待されての室内楽コンサートなどで演奏。シュレスヴィヒ・ホルスタイン音楽祭での演奏はドイツNDRラジオで放送され、新聞紙上で絶賛された。また、世界各国の英国大使館で行われるイギリス・ジャガー社主催のコンサートに、英国王立音楽大学長の推薦を受けて出演。ヨーロッパ各国から始まり、世界十数カ国で演奏活動を行う。
イギリス・ハレオーケストラ、スコティッシュ・チェンバーオーケストラの客演コンサートマスターを経て、2002年ドイツ・ラインランドファルツフィルハーモニー管弦楽団に入団。2003年パリ国立オペラ座管弦楽団に入団。また、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の客演首席奏者として、アムステルダム・コンセルトヘボーへのコンサートツアー、ロイヤルフェスティバルホールでの定期公演などに出演。2016年秋にイギリスQuartz社よりプロコフィエフ作品のCDをリリース。グラモフォン誌、レコード芸術などで絶賛される。米ファンファーレ誌では、評論家が選ぶ今年の1枚に選ばれ「プロコフィエフ作品の録音における多大な貢献をした」と評された。BBCラジオ3の番組「In Tune」で公開録音を行い好評を得る。ラジオフランス、オーストリア・ラジオクラシックに出演。 現在パリ・オペラ座を拠点に、ヨーロッパ各地で、ソリスト・室内楽奏者として多彩な活動を展開している。
ブログ「パリ・オペラ座からの便り」 http://lisaoshima.exblog.jp/


シュテファン・シュトロイスニックStefan Stroissing   
ピアノ
1985 年ウィーン生まれ。ウィーン国立音楽大学にてオレグ・マイセンベルグ、ロンドンの英国王立音楽大学にてイアン・ジョーンズに師事。その後、ダニエル・バレンボイムやドミトリー・バシキーロフなどの著名なピアニストにも指導を受ける。ロンドンのロイヤル・フェスティヴァルホール、ウィーンの楽友協会やコンツェルトハウス、ベルリンのフィルハーモニーといったヨーロッパの重要なコンサートホールをはじめ、世界各地でソリストや室内楽奏者として演奏活動を行っている。日本では2009年に東京オペラシティでデビュー。2014年秋の南アメリカ・ツアーの際にブエノスアエレスのテアトロ・コロンにて、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番を演奏し、アルゼンチンの音楽評論家協会から「今年の発見」という賞を受賞した。シューベルトや20〜21世紀の現代音楽における彼の演奏解釈の評価は特に高い。2013年にはロンドンのフェスティヴァルホールにてオリヴィエ・メシアン作曲「トゥーランガリア交響曲」をピアノ独奏。ザルツブルグ音楽祭、ルール・ピアノ音楽祭、ラインガウ音楽祭、ダヴォス音楽祭、北九州国際音楽祭など有名な音楽祭に招待されている。シューベルトの4つのアンプロムプチュ作品90およびリストのソナタ ロ短調の録音で、オーストリア放送協会「パスティッチオ賞」受賞。2011年、ハインリッヒ・シフ指揮によるウィーン放送交響楽団とベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番と第4番を録音。コンサート活動の傍ら、グラーツ国立音楽大学で教鞭をとる。これまでの国際的な音楽活動をウィーンフィルハーモニー管弦楽団によって、クレディ・スイス・アワード2014の候補に推薦された。
posted by アーツワークス at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年07月08日

辻康介DaNemo:聖バルバラ教会の音楽と即興ポリフォニー・先行予約割引御案内

烈しい夏の日いかがお過ごしですか?ここでは、9月10日に行う特別なコンサートとその先行予約割引の御案内いたします。
「テーブル囲んでマドリガーレ」など様々なコンサートを行ってきたSESTETTO VOCALEはこの夏、メンバー全員でいイタリアに渡り、まずはウルビーノというルネサンスの町でディエゴ・フラテッリ氏の指導のもとポリフォニー即興を集中特訓します。続いて、やはりルネサンス文化の中心であった町、マントヴァに滞在します。ここでは聖バルバラ教会という教会に一週間通い、フラテッリ氏と現地で合流する音楽家とともに、この教会で鳴り響いていたレパートリーを歌いこみ、コンサートも行います。
聖バルバラ教会はマントヴァ公と建築家が音楽のための理想の音響を求めて16世紀に設計した特別な建物です。この空間と対峙し歌と声と音楽を探るのはとてつもない楽しみです。が、私たちの挑戦は、ここで作り上げたレパートリーと即興ポリフォニーとともに、東京の歴史的建造物の美しい空間に向かい合うところにもあります。9月10日求道会館でのコンサート詳細をこちらのサイト:http://bit.ly/170910sestetto で是非ご覧下さい。
明後日7月10日までにこのメールに御返信の上ご予約頂ければ、すべてのカテゴリーでチケット1枚につき500円を割引させていただきます。皆様のお越しをお待ちしています。
辻康介

マントヴァ聖バルバラ教会の音楽とポリフォニー即興

SESTETTO VOCALE 森有美子 かのうよしこ 福島康晴 中村康紀 辻康介 阿部大輔
コンサート詳細:http://bit.ly/170910sestetto

2017年9月10日日曜日
午後3時00分開演(午後2時30分開場)
14時40分より都市楽師プロジェクト・鷲野宏による建築案内
求道会館(「地下鉄東大前」徒歩5分/「本郷三丁目」徒歩15分:東京都文京区本郷6-20-5)

前売3000円/前売ペア5000円/当日3,500円/学生2500円(当日学生証提示)
7月10日までにこのメールに御返信で各チケット500円割引!

辻康介DaNemo予定
7月16日(日)Ogmiosレクチャーコンサート http://bit.ly/170716ogmios
9月10日(日)聖バルバラ教会の音楽 http://bit.ly/170910sestetto
posted by アーツワークス at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年07月07日

7/16 辻康介DaNemo:Ogmiosレクチャーコンサート

台風とは名古屋で出会い講座の会場が停電になりかけました。皆様いかがお過ごしですか?さて、ここでは、合唱団Ogmios(オグミオス)のレクチャーコンサートのご案内です。この合唱団は私のソルミゼーション講座(中世の移動ド:元祖階名唱)に通っている人が歌う合唱団で、プロ・アマ問わず音楽を愛する様々な人が参加しています。5回目となる今回の自主公演では、この講座で何をやっているのか、ソルミゼーションで歌うということがどういうことなのかを、特にイタリアルネサンスを代表する音楽「マドリガーレ」との関連でお話しし歌いたいと思います。詳細は http://bit.ly/170716ogmios をご覧下さい。皆様のおこしをお待ちしております。
なお、SESTETTO VOCALEによる「マントヴァ聖バルバラ教会の音楽」コンサート(http://bit.ly/170910sestetto)はただいま早割予約(7月10日まで)を受付中です。

辻康介DaNemo

オグミオスOgmios 第5回自主公演
レクチャーコンサート  ソルミゼーションで描くマドリガーレ
2017年7月16日(日)14時30分開演(14時開場)
東京コンサーツラボ(地下鉄「早稲田」「西早稲田」・都バス「西早稲田」:東京都新宿区西早稲田2-3-18)
全席自由 2000円 (定員60席)
ご予約はこのメール nemotsuji@mac.com にご返信ください。
コンサート詳細:http://bit.ly/170716ogmios

辻康介DaNemo予定
7月8日(土)日本音楽学会東日本支部:ワークショップ http://bit.ly/170708solmi
7月16日(日)Ogmiosレクチャーコンサート http://bit.ly/170716ogmios
9月10日(日)聖バルバラ教会の音楽 http://bit.ly/170910sestetto
posted by アーツワークス at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

7/18 Kazue Sawai plays Yoichi Sugiyama Electronics:Sumihisa Arima

Kazue Sawai plays Yoichi Sugiyama  
Electronics:Sumihisa Arima

<公演に寄せて>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
箏の史実を辿りたどると「孔子」にゆきあたる。「‥詠じて帰る‥」のを人生至高の楽しみ とした孔子。古代中国の絃の響きはいったいどんな響きだったのだろうか?国立劇場で木戸敏郎氏が長年にわたり 古代中国墳墓から出土した楽器 および正倉院御物の楽器類を復元して「伝統楽器につきまとう慣習的制約を超越して 楽器が誕生した原点にたちかえり、伝統音楽をやりなおしてゆく音楽運動」として展開された。 そのうち数種の絃楽器奏者としてたずさわり、想像力をかきたてられた。杉山洋一さんは「アフリカからの最後のインタビュー」に代表される現代音楽作曲家、ミラノ在住ながら、古代絃楽器の響きに強い興味を持たれ、何作か箏属のために曲を書いてくださった。杉山さんを惹きつける それら内省的な響きの周辺を木戸氏と浮き彫りにしていただきたい!! と このコンサートを企画した。( 沢井一恵 )

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イタリアに住み始めたのは1995年だから、20年以上経った。当時イタリアの状況など、住んでみなければわからなかったから、わざわざ移り住んだ。最初は彼らの話している音の意味が全く理解できなかった。彼らにとって音はアルファベットで、自分にとって音は漢字のようなものだと気がつくまでに、随分時間が過ぎた。それを理解してから暫くはイタリアと日本の距離感に途方に暮れる日々がつづいたが、ある時筑紫筝の創始者、賢順について書かれた坪井三恵さんの文章をNさんが送ってくださったのが、一つのきっかけになった。そこには、賢順は大分でキリシタン音楽に影響され、その片鱗はその後玄恕を介し八橋検校の「六段」に至ると綴られていた。程なくして、沢井さんの「六段」を目の前で聴き、今度はふるえるような衝撃をうけた。イタリアの街の喧騒から、沢井さんの音の奥の芯まで、何かがまるで一つの道で繋がっているようで、自分の目を疑った。東西文化を隔てる断絶など、すっかり忘れてしまった。木戸敏郎さんが書かれた「若き古代」は、その興奮のなか何度も読み返した。それ以来、邦楽器のための作曲は、自分がたどった西への長い道のりは点の移動ではく、輝きつづける一本の線だと実感するばかりの、ただ至福の時間となった。 (杉山洋一)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


<プログラム>

タワヤメ (手弱女) 復元五絃琴のための
Tawayame (A Graceful Maiden) for 5-string Koto (2014)

サカツキ(盃) 十七絃箏とエレクトロニクスのための
Sakatsuki (A Cup) for 17-string Koto and Electronics (2017)

マソカガミ(真澄鏡) 復元七絃琴のための
Masokagami (The Clear Mirror) for 7-string Koto(2015)世界初演

クグヒ(鵠) 十七絃箏のための
Kuguhi(The Swan) for 17-string Koto(2015)

タムケ(峠) 復元七絃琴と録音された復元五絃琴のための
Tamuke (A Mountain Pass) for 7-string Koto and recorded 5-string Koto(2014-2015)世界初演

<演奏>
五絃琴、 七絃琴 、 十七絃箏 :沢井一恵
エレクトロニクス:有馬純寿

開演/2017年7月18日(火) 19:00
開場/18:10
プレトーク/18:20〜18:50 杉山洋一&木戸敏郎

<プロフィール>
沢井一恵 Kazue Sawai
8才より箏曲を宮城道雄に師事。東京芸術大学音楽学部卒業。1979年沢井忠夫と共に沢井箏曲院を設立。ニューヨーク BANG ON A CAN、メールズ・ジャズ、パリ市立劇場などアメリカ、ヨーロッパ各地のフェスティバルより招聘を受ける。ロシア人作曲家ソフィア・グバイドゥーリナとの即興、CD制作及び作品演奏は、99年発表の箏コンチェルト(NHK交響楽団委嘱)へと発展、シャルル・デュトワ指揮でアメリカツアー(カーネギーホールなど)を行う。2003年よりヴァイオリニスト五嶋みどり主宰NPOミュージックシェアリング学校訪問プログラムに参加。08年「五嶋みどり・沢井一恵スペシャルプロジェクト」年末年始6日間コンサート。10年兵庫県芸術文化センター、東京オペラシティ主催、佐渡裕指揮、坂本龍一作曲「箏協奏曲」を世界初演。同内容のCD制作。11年野坂操寿×沢井一恵ツアー開始。15年東燃ゼネラル音楽賞受賞。

有馬純寿 Sumihisa Arima
1965年生まれ。エレクトロニクスやコンピュータを用いた音響表現を中心に、現代音楽、即興演奏などジャンルを横断する活動を展開。ソリストや室内アンサンブルのメンバーとして多くの国内外の現代音楽祭に参加し、300を超える作品の電子音響の演奏や音響技術を手がけ高い評価を得ている。第63回芸術選奨文部科学大臣新人賞芸術振興部門を受賞。2012年より国内外の現代音楽シーンで活躍する演奏家たちと現代音楽アンサンブル「東京現音計画」をスタート、その第1回公演が第13回佐治敬三賞を受賞した。現在、帝塚山学院大学人間科学部情報メディア学科准教授。京都市立芸術大学非常勤講師。

杉山洋一 Yoichi Sugiyama
1969年生まれ。桐朋学園大学作曲科卒業。1995年にはイタリア政府から作曲奨学金を得て、それ以来ミラノ在住。現在ミラノ市立クラウディオ・アッバード音楽院にて教鞭をとる。指揮をエミリオ・ポマリコ、岡部守弘に、作曲を三善晃、フランコ・ドナトーニ、サンド ロ・ゴルリに師事。作曲家して、ヴェネチア・ビエンナーレ、NYミュージック・フロム・ジャパン、東京混声合唱団、などから委嘱を受けている。指揮者としてウィーン・モデルン、サントリー芸術財団サマーフェスティバル、東京都交響楽団定期演奏会などに出演。ドナトーニ作品集CDはイタリアのアマデウス誌2015年ディスク大賞、ジェルヴァゾーニCDではフランスACCディスク大賞、2017年一柳慧コンテンポラリー賞受賞。



全自由席/前売4000円 当日4500円
チケット取り扱い/カンフェティチケットセンター   tel:0120-240-540 (平日10:00〜18:00)
[カノン工房 沢井一恵オンラインチケットサービス]
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=37930&

カノン工房 FAX:050-3153-2671(24時間対応) office@atelier-canon.jp http://www.atelier-canon.jp/reserve/

会場/杉並公会堂・小ホール
http://www.suginamikoukaidou.com/
〒167-0043 東京都杉並区上荻1-23-15
JR・丸の内線荻窪駅北口より徒歩7分

制作・お問合わせ/カノン工房 office@atelier-canon.jp TEL:050-5309-4081 (平日11時〜17時/留守録対応) http://www.atelier-canon.jp/
posted by アーツワークス at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年06月25日

6/25(日) 辻康介DaNemo:本日!日本語のおけいこ

関東地方も本格的な梅雨に入りました。みなさまいかがおすごしですか?この夏のDaNemoは特別な企画を準備しています。が、ここでは本日!午後のコンサートを御案内いたします。今日のコンサートは、作曲家でピアニストの谷川賢作さんのプロデュースによる「辻康介sings『日本語のおけいこ』」です。「日本語のおけいこ」とは1965年に出た「うたのえほん」のタイトルです。この絵本には賢作さんのお父さんである詩人谷川俊太郎が書いた詩に名だたる作曲家達が若き日に曲を作っています。こどものための絵本なのですが、長新太の絵とともにそれぞれの曲と詩が。現代の常識を打ち破る強烈な印象を残しています。賢作さんとは長く取り組んでいるこのレパートリー、今日は全27曲を、今回はパーカッション奏者の上原なな江さんをお迎えした新しいアレンジでお届けします。さらに、サックスの鈴木広志さんもゲスト出演してくれます。御案内が遅く非常に申し訳ないのですが、もしも偶然にもご都合が良ければ是非いらして下さい!お子様のご来場も歓迎です!こちらのメールに返信のご予約をいただければ、「前売」料金で御案内させていただきます。
辻康介Da Nemo

コンサート詳細ページ:http://bit.ly/170625nihongo



谷川賢作 プロデュース 辻康介 sings「日本語のおけいこ」

辻康介(vo) 谷川賢作(pf) 上原なな江(perc.)
ゲスト 鈴木広志(sax)

6月25日(日)開演15:30(開場15:00)
公園通りクラシックス(東京都渋谷区宇田川町19-5-B1F)

チケット :こちらのメールにご返信頂ければ前売3000円で御案内いたします。

お問い合わせ :公園通りクラシックス tel 042-575-0569

プログラム
日本語のおけいこ(寺島尚彦)月火水木金土日のうた(服部公一)一二三……(小林秀雄)ぎらぎらとひょろひょろとちかちか(服部公一)かもしれないのうた (寺島尚彦)うそだうそだうそなんだ(寺島尚彦)ひとくいどじんのサムサム(林光)ひみつ(寺島尚彦)まね(林光)へのへのもへじ(いずみ・たく)何故だ かしらない(芥川也寸志)ラムとカム(磯部俶)黒いこいぬ(寺島尚彦)とんびのピーヒョロロ(寺島尚彦)それからどうした(磯部俶)いつも誰かが(真鍋理 一郎)こもりうた(林光)かわいそうなオバケたち(服部公一)チビのハクボク(湯浅譲二)もしぼくが(服部公一)けんかならこい(服部公一)宇宙船ペペペ ペランと弱虫ロン(湯浅譲二)二冊の本(湯浅譲二)冬の思い出(湯浅譲二)いない?(磯部俶)川(湯浅譲二)おうさまはしんだ(林光 )

<DaNemoカレンダー>

7月16日(日)http://bit.ly/170716ogmios
合唱団オグミオスOgmios ソルミゼーションで描くマドリガーレ

9月10日(日)
SESTETTO VOCALE イタリア遠征企画東京公演
posted by アーツワークス at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年06月24日

7/27(木)-28(金)長泉町文化センター ベルフォーレ イベントホール 8/4(金)相模湖交流センター ホール

チラシ pdf.pdf
metal .pdf

この度、静岡と相模湖にて、metal worksと称し金属楽器にフォーカスしたリサイタルを開催することとなりました。
つきましては情報掲載をお願いしたく、ご連絡を差し上げました。

資料を添付させていただきます、

鈴木 彩
posted by アーツワークス at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年06月16日

8/1-5 加藤訓子 打楽器フェスティヴァル

inc percussion days 2017 sagamiko - text info.pdf
inc.-sagamiko-2017.jpeginc.-sagamiko-2017 表.jpeg

この度、加藤の主催する若手育成プロジェクトの一環として、
相模湖交流センターにて4日間の打楽器フェスティヴァルを開催することとなりました。
詳細を添付させていただきます。

JAZZ VIBIST
浜田均氏を迎えて!
神奈川県立相模湖交流センター

produced by kuniko kato arts project
artistic direction : kuniko kato

ARTIST INCUBATION PROGRAM by kuniko kato arts project
inc.は、パーカッショニスト加籐訓子のアーティスティックディレクションのもと、プロを目指す若手アーティストを支援・育成するプログラムです。
inc.percussion days 2017 in sagamikoでは、ジャズバイブの浜田均氏とともに過ごす4日間、新たな境地と本物のミュージシャンシップに出会う。今年の相模湖は、日本を代表するジャズドラマー「猪俣猛のビックバンドを観る!」前夜祭からスタートします。

【TICKET】
ONE DAY PASS 3000yen
ALL DAY PASS 6000yen
1 YEAR PASS 10000yen
reservation:ticket@kuniko-kato.net
infomation:inc@kuniko-kato.net
website:www.kuniko-kato.net/ja/inc/
-
演奏家対象特別講座や勉強会の見学・聴講は5000円にて可。
- 8/1 inc.
前夜祭「猪俣猛JAZZ ORCHESTRA!」は別途
一般:3500円 学生:1750円

お問い合わせ&ご予約
神奈川県立相模湖交流センター
tel. 042.682.6121

【イベント・サポート・ボランティア募集】
サポーターとしてイベントをお手伝いしてくださる方には、その日の1DAY PASSを差し上げます。年間サポーターも随時募集しています。
(年間パス10000円、ご来場日より1年間有効)
お申し込み・お問い合わせ:inc@kuniko-kato.net
主催:kuniko kato arts project
共催:神奈川県立相模湖交流センター

kuniko kato arts project
posted by アーツワークス at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年06月04日

6/10福山(無料) 6/14広島 6/23西宮ほか 加藤訓子BACHカテドラルツアー2017 加藤訓子「バッハを弾く。」

イギリスの名門LINNレコーズより、
最新CD「BACH」を、
2017年5月15日、
世界に先駆け日本先行発売!!

estweb.jpg

加藤訓子BACHカテドラルツアー2017
加藤訓子「バッハを弾く。」

加藤訓子第4弾は「バッハ」。加藤訓子とリンレコーズ(英・スコットランド)による第4作目にあたるニューアルバムが、間もなくグローバルリリースされます。世界中が注目する中、加藤訓子がライヒ、ペルト、クセナキスの次にチョイスした題材はソロマリンバによる「バッハ」。エストニアのタルトゥにある12世紀建造の中世教会ヤンニキリークにて約1ヶ月を掛けて録音。全曲を独ノイマン社のソリューションD(デジタルマイクシステム)にて収録。深い音楽的洞察と微細なマレットのタッチにまでこだわった加藤訓子の自信作です。ヴァイオリンソナタとチェロ組曲のマリンババージョンを収めた「BACH」 (Linn CKD586)2枚組CD。今年6月の世界発売に先駆けて、5月に日本で先行発売!

kf3web.jpg

最新アルバム『BACH』について語る、加藤訓子のインタビューが、テレビユニオン音楽事業部の公式サイトでお聞きいただけます!
http://www.tvumd.com/artist/detail/?artist_code=kato

【各会場共通】
チケット/一般5,000円 学生3,000円
●カンフェティチケットセンター  tel:0120-240-540 (平日10:00〜18:00)
http://www.confetti-web.com/

※お電話にてお申し込みの際にセブン-イレブン払込番号をご確認の上、お近くのセブン-イレブンにてチケットをお買い求めください(別途要手数料216円)。
※ゲッティ・カンフェティ版を利用しております。詳しくはカンフェティ・ウェブ< http://confetti-web.com/>または[カノン工房セブン-イレブン・チケットオンライン]≪WEB予約上の注意事項≫をご参照ください。

●ぴあ
http://t.pia.jp/

●イープラス
http://eplus.jp/

主催/Kuniko kato arts project
公演お問い合わせ/080-5075−5038 info@kuniko-kato.net
チケットお申し込み/ticket@kuniko-kato.net(メール予約先行割引4000円/メール予約先行優先5000円にて前2列席を優先)
チケットお問い合わせ/TEL:050-5309-4081 (平日11時〜17時/留守録対応)

《広島公演》
開演/6月14日(水)18:30(開場18:00)
<5月8日(月)よりチケット発売中>
□チケット取り扱い□
●[カノン工房 加藤訓子広島流川教会公演チケットオンライン]
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38984&

●ぴあ
Pコード:331779
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1720776

●イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002224616P0030001

会場/広島流川教会
〒730-0014 広島県広島市中区上幟町8-30
女学院前駅出口から徒歩約7分
縮景園前駅出口から徒歩約7分

《西ノ宮公演》
開演/6月23日(金)18:30(開場18:00)
<5月8日(月)よりチケット発売中>
□チケット取り扱い□
●[カノン工房 加藤訓子カトリック夙川教会公演チケットオンライン]
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=38985&

●ぴあ
Pコード:331781
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1720779

●イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002224617P0030001

会場/カトリック夙川教会
〒662-0052 兵庫県西宮市霞町5-40
夙川駅南口出口から徒歩約4分

《東京公演》
<6月5日(月)チケット発売開始>
共催:OTTAVA
開演/10月27日(金)18:30(開場18:00)
□チケット取り扱い□
●[カノン工房 加藤訓子東京カテドラル 聖マリア大聖堂セブン-イレブン・チケットオンライン]
http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=39287&


●ぴあ
Pコード:333771
http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1724239

●ローソンチケット
Lコード:33816
オペレーター電話予約:0570-000-407(10:00〜20:00)
インターネット予約 http://l-tike.com/ (パソコン・携帯共通)
店頭販売:ローソン・ミニストップ店内Loppiで直接購入いただけます。

●イープラス
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002226338P0030001


会場/カトリック東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂
〒112-0014 東京都文京区関口3丁目16-15
護国寺駅6出口から徒歩約8分

< プロフィール>
加藤訓子
桐朋学園大学研究科修了とともに渡欧、ロッテルダム音楽院を首席で卒業。武満徹、スティーヴ・ライヒやフランコ・ドナトーニをはじめ、著名な作曲家や演奏家と数多く共演。古典から現代作品まで幅広いレパートリーを持ち、絶妙な音楽的洞察力と表現力の高さ、卓越した身体能力が創り上げる演奏スタイルが高く評価されている。
英国スコットランドの高音質で知られる世界的レーベル、LINNレコーズからCDを出す唯一の日本人アーティスト。2011年スティーヴ・ライヒの代表作「カウンターポイント」を世界で初めて打楽器へ編曲したソロアルバム「kuniko plays reich」は同年のベストアルバムに選出された。同アルバムのライブ版公演でサントリー芸術財団より第12回佐治敬三賞受賞。2013年に発表した第2作目のアルバム「CANTUS」ではエストニアの巨匠アルヴォ・ペルトの代表作4曲をフィーチャー、英国オフィシャルクラシックチャートでトップ10入りを果たし世界の有力紙からも高い評価を受け、ミュージック・ペンクラブ・ジャパンより第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞オーディオ部門の最優秀録音作品に選ばれる。2015年には20世紀の偉大な作曲家ヤニス・クセナキスの大作「プレイアデス」とソロ打楽器作品「ルボン」をフィーチャーしたアルバム「IX」を発表、レコード・アカデミー賞現代曲部門および特別部門(録音)にダブルノミネートされた。
2017年6月には最新アルバム「BACH」を世界同時発売予定(日本のみ5月に先行発売)。マリンバソロによるバッハ演奏を集めた2枚組アルバムで、2017年から2018年にかけては同アルバムリリース記念公演として世界ツアーを予定している。
パール楽器・アダムス社(蘭)インターナショナルアーティスト。米国在住。

《上記公演以外に以下の公演もございます》

●福山公演●
6月10日(土)開演18:00(開場17:30)
本住寺(本堂)
〒729-3103 広島県福山市新市町大字新市1126
新市駅出口から徒歩約5分

チケット価格:無料
公演お問い合わせ:080-5075-5038 | info@kuniko-kato.net

●京都公演●
6月26日(月)開演18:00(開場17:30)
本能寺(本堂)
〒604-8091 京都府京都市中京区寺町通御池下ル
京都市役所前駅3出口から徒歩約4分

チケット価格:無料
公演お問い合わせ:080-5075-5038 | 075-231-5335 | info@kuniko-kato.net

●東京公演●
9月22日(金) 開演19:00 (開場18:30)
9月23日(土)開演14:00 (開場13:30)| A 開演19:00 (開場18:30)
9月24日(日)開演14:00 (開場13:30)
東京芸術劇場シアターイースト
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目8-1
池袋駅2a出口から徒歩約1分

チケット価格:前売4,000円(学生2,000円)当日各1,000円増
公演お問い合わせ:080-5075-5038 | info@kuniko-kato.net

●豊橋公演●
10月9日(月)開演14:00 (開場13:30)
豊橋市民文化開館
〒440-0862 愛知県豊橋市向山大池町20-1
共催:公益財団法人豊橋文化振興財団

公演お問い合わせ:080-5075-5038 | 0532-61-5111 | info@kuniko-kato.net

▼海外
7月08日 タルトゥ・ヤアニ教会(エストニア)
7月09日 ヨフビ・ヨフビ教会(エストニア)
7月11日 タリン・セントニコラス教会(エストニア)
7月14日 ロシア・サンクトペテルブルク・セントジョンズ教会(ロシア)
8月20日-21日 クイーンズランドコンサヴァトリアム・ブリスベン(豪州)
8月22日-23日 VCA/MCM メルボルン(豪州)
9月04日-17日 WAAPAパース(豪州)
posted by アーツワークス at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年05月09日

5/20(土) 辻康介DaNemo:絵を聴き音を見る

連休が終わって東京の空は曇っています。皆様、いかがおすごしですか?さて、今月20日、土曜の夜の渋谷で、「絵を聴き音を見る」イタリア・ルネサンスの絵画を背景にイタリア・ルネサンスを代表する音楽「マドリガーレ」をお聴きいただくコンサートを行います。といっても美術館でのコンサートではありません。また、単に時代や雰囲気を楽しむだけではなく、歌われる詩と絵画にどっぷりと浸かっていただくコンサートです。絵画の解説にはゲストを招きます。一晩に二公演行いますが、二回目は21時30分開演(11時頃終演)という、東京としては挑戦的な時間に設定しております。皆様のおこしをお待ちしています!こちらのメールに返信いただければご予約たまわれます。また、同じく今月27日はご存知「名橋たちの音を聴く」神田川編に男三人で乗り込み、「グレゴリオ聖歌の500年」と題したプログラムを準備しています。こちらは、グレゴリオ聖歌が様々に姿を変えていくさまをそれぞれの橋の響きとともにお楽しみいただきます。どうぞお気軽にお問い合わせください。
辻康介DaNemo

各コンサートコンサート詳細ページ
絵を聴き音を見る:http://bit.ly/170520sestetto
グレゴリオ聖歌の500年:http://bit.ly/170527sestetto



絵を聴き音を見る!
テーブル囲んでマドリガーレ 特別企画 絵と音楽で体験するイタリア・ルネサンス

ゲスト:白沢達生(絵画解説)

SESTETTO VOCALE
森有美子・かのうよしこ・中村康紀・辻康介・阿部大輔

5月20日(土) 
18時30分開演(18時00分開場)/21時30分開演(21時00分開場)
Li-Po(JR渋谷駅東口徒歩3分・新南口徒歩1分:渋谷区渋谷3-22-11サンクスプライムビル4F-A)
3,000円(当日3,500円)+オーダー 定員25名
予約:このメールに御返信、または、
Li-Po  info@li-po.jp tel.03-6661-2200(平日18:00〜24:00)

主な演奏曲目
春は彩る Vestiva i colli(G. P. da パレストリーナ)恋する者たちよ Sapete amanti(P. カンビオ)春風が戻り Zefiro torna - Ma per me lasso(L. マレンツィオ)優しい白鳥 Il bianco e dolce cigno(J. アルカデルト)愛の勝利 Amor vittorioso(G. G. ガストルディ)眠りよ O sonno(C. de ローレ)

主な絵画
春(ボッティチェッリ)ヴィーナスの誕生(ボッティチェッリ)クピード(ピエロ・デッラ・フランチェスカ)レーダと白鳥(コレッジョ)レーダと白鳥(ミケランジェロ)

5月27日「グレゴリオ聖歌の500年」詳細はこちら
http://bit.ly/170527sestetto

辻康介DaNemo
http://plaza.rakuten.co.jp/nemotsuji/
nemotsuji@mac.com


辻康介DaNemo
http://plaza.rakuten.co.jp/nemotsuji/
nemotsuji@mac.com
posted by アーツワークス at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年04月13日

4/29 辻康介 Da Nemoネオ・ラジカル古楽歌謡 祭り!

 東京ではようやく新しい季節がはじまったようで、桜の花びらが中空に舞い上がっています。皆様、いかがおすごしですか?
 さて、こんな季節にぴったりの「ネオ・ラジカル古楽歌謡 祭り!」を御案内します。今月末、連休初日、葉山で行なうこの「祭り!」では、ロイドの弟子である遠藤新が設計した加地邸という別荘邸宅の様々な部屋や庭で様々な音楽を、さらには建築案内やイタリア食材店タント・テンポがお届けする食事や飲み物もお楽しみいただけます。
 音楽は純粋な古楽からカンツォーネやトルコ民謡や谷川俊太郎詩による「ネオ・ラジカル古楽歌謡」まで、Da Nemoならではのプログラムに、リュート奏者で歌手でツィンク(古楽器コルネット)奏者である笠原雅仁さんを京都から招きます。笠原さんはパルコ劇場の「メアリー・スチュアート」でも演奏してもらっていました。そして、二人のベリーダンサーをNashaalさんとNikiさんを招きます。また、おなじみの声楽アンサンブルSESTETTO VOCALEと合唱団Ogmios、さらにはサックスの鈴木広志と豪華&バラエティー出演者、もちろん、ほとんどの奏者が一体となる瞬間もある「祭り!」ならではの企画です。
 葉山が最高に美しい季節、是非ともご予定下さい。「祭り!」詳細はこちらをご覧下さい:http://bit.ly/170429hayama
 なお、笠原雅仁さんとは、翌日4月30日に秋葉原の船着場から神田川へ繰り出し、これまた都会の緑を楽しみながら都市楽師プロジェクトの大人気企画「名橋たちの音を聴く」に出演いたします。マルチプレーヤーとしての笠原さんの活躍もお楽しみに!どうかお見逃し無く!!詳しくはこちらをご覧下さい:http://bit.ly/170430hashihp


ネオ・ラジカル古楽歌謡 祭り!
加地邸で聴く葉山の風と海音・山音

nemo concertato × SESTETTO VOCALE × Ogmios × リュートソロ × サックスソロ × 建築案内 
special guests Nashaal Niki
& TANTO TEMPO

Nashaal  Niki 辻康介 鈴木広志 笠原雅仁 feat. 森有美子 中村康紀 阿部大輔 相川郁子
岩ア啓子 大堀基己 北島良一 鈴木靖子 清藤義実 浜田直樹 松田喜久子 宮崎和美 村井信吾 村上多加
鷲野宏

4月29日(土・祝)
13時00分から15時頃 緑のステージ(昼の部、開場12:30)
16時00分から18時頃 紅のステージ(夕の部、開場15:30)

加地邸(葉山町一色1706:「旧役場前」バス停から徒歩3分または「葉山」バス停から徒歩10分)

演奏曲目など詳しくはこちらを:http://bit.ly/170429hayama

一般:昼夕の部共各¥4,000(税込、全席自由席)
チケットぴあでの取り扱い有り 
葉山町民:各¥3,000(仕事場のある方も)
昼夕通し券:一般町民共¥5,000
子供券:各¥1,500(小・中・高校生)未就学児は無料
※立ち見になることもございますので予めご了承ください。
※一般券以外は岩神六平事務所のみでの取り扱いとなります。

チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp/
Pコード:329113

ご予約・お問合せ
岩神六平事務所 http://roppei.jp/ 046-876-0712(留守電対応)

葉山町民チケットは下記のお店でもお求め頂けます。 
cafe nagisa   046-875-7990  
菊水亭 046-875-0046  
Lanterna Rossa   046-872-2045

詳しくはこちらをご覧下さい。




posted by アーツワークス at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年04月05日

4/14(金)時々自動『リハリハ3』

4/14時々自動『リハリハ3』
〜2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3〜

シリーズタイトルを『リハリハ』と変えて、さあ来年の本公演の高みに向けて、ステップ五段飛ばしで駆け上がるぞ!とヒッチャキクールな時々自動が、今回は時々演劇の最強ツール「音楽」を駆使してみなさまを挑発いたします。
時々システムによる即興演奏で挑発いたします。
Shaggsまっ青の女性3人ユニットデビューで挑発いたします!
名古屋の伝説的ロックバンド『豆異℃』のボーカル、遠藤豆千代氏の登場で挑発いたします。
お馴染み時々スタンダードナンバーで束の間なごんでいただきます。
朝比奈尚行の時々自動初発表のオリジナル曲6曲で挑発いたします!
ダークファンタジー系新曲4曲で挑発いたします!
クージャミダンスの復活で挑発いたします!
トウシューズ履いたマヌカンショーで挑発いたします!
万障お繰り合わせのうえ足をお運びくださいますようお願いいたします。

朝比奈尚行
【リハリハ3 ティザーCF】
『Tokidoki Convention 1』
https://m.youtube.com/watch?v=AtXJfPsihI4&feature=youtu.be
************
2017年4月14日(金)
@STAR PINE'S CAFE
(吉祥寺駅北口徒歩3分・武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1)

open18:30 / start19:30
adv.¥2900+1drink / door.¥3200+1drink

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介 田村龍成
【出演】朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(sax) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 遠藤豆千代(vo) 三井耶乃(key) 和久井幸一(acc) / 柴田暦(vo) 寺田"Kisa"昌洋(KisamaAlternative)(dr) 中尾果(b)

【チケット取扱い 】
○時々自動 ticket@tokidoki-jido.com
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE'S CAFE(店頭販売のみ)0422-23-2251
posted by アーツワークス at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年03月14日

5/29(月)喜多直毅クアルテット・広島公演

喜多4おもて.jpg

喜多直毅クアルテット略歴:
2011
年より活動を開始。メンバーはアルゼンチンタンゴを中心にジャズ、クラシック音楽、即興演奏等、様々な分野で活躍中。
演奏プログラムはオリジナル作品のみによる。60分一部制メドレー形式の演奏はドラマ性に溢れ、一本の映画を観るがごとき印象を聴く人に与える。
タンゴに即興演奏や現代音楽の要素を取り入れた濃密な音楽は、タンゴの心性を保ちつつ日本的情緒や情念を色濃く映し出し、全く独自の世界を創り上げている。
2014
年には1stAlbumWinter in a Vision』を発表。東北地方の荒涼とした風景を描いたこの作品はその精神性によって各方面から高く評価された。
2017
5月、初の地方公演となる奈良/尾道/広島での演奏を行う。6月には2ndAlbumをリリース予定。

出演:喜多直毅クアルテット
   喜多直毅(音楽とヴァイオリン)
   北村聡(バンドネオン)
   三枝伸太郎(ピアノ)
   田辺和弘(コントラバス)

日時:2017529日(月)開場18:30/開演19:00
会場:日本キリスト教団広島流川教会
   広島市中区上幟町8-30
   082-221-1813
地図:https://goo.gl/B03WbX

料金:前売り券\3,000/当日券\3,500
   学生前売り券\1,000/学生当日券\1,500


ご予約・お問い合わせ先:080-6326-4047dfsxk910@ybb.ne.jp(黒田) 
10歳以下のお子様のご入場はお断りする場合がございます。


posted by アーツワークス at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年02月22日

3/31-4/2 kuniko kato arts project INC. PERCUSSION DAYS

kk kunitachi pdf.pdf

世界的打楽器奏者・加藤訓子による
artist incubation by kuniko kato arts project
INC. PERCUSSION DAYS

2017 3月31日 DAY1 くにたち市民芸術小ホール 13:00-
<シアターピースに挑戦>
出参加者によるガラパフォーマンス!
/プレイアデス 立体映像トライアウト
各会1000円 1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月1日
artist incubation by kuniko kato arts project
INC. PERCUSSION DAYS 2017 DAY2 くにたち市民芸術小ホール 13:00-
<若手パフォーマーによるリサイタル・デイ>
出/金子泰士perc.・上床直人mar.・ 小野周二perc.・門間大樹mar.(共/田中やよいpf.)・富田真以
子perc.(共/渡 川いくみdance)
各会1000円 1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月2日
artist incubation by kuniko kato arts project
INC. PERCUSSION DAYS 2017 DAY3
くにたち市民芸術小ホール 13:00-
出/参加者によるエントランス・フリースタイル・パフォーマンス/inc.special
勉強会「能のすり足を体験する会」
講師:中所宣夫(能楽師 観世流仕手方) 各会1000円
1DAY PASS=3DAY PASS 5000円 年間パス10000円
くにたち市民芸術小ホール042-574-1515

4月2日 「加藤訓子打楽器演奏会」(元演出/宮城聰)
Inc.percussion days 2017 day3
くにたち市民芸術小ホール 18:00-
曲/ウッド:ロゴサンティ、
クセナキス:ルボン、
シュワントナー:ヴェロシティー ズ他
出/加藤訓子 賛助出/金子泰士・滝本恭士
5000円(inc. 3DAY PASS共通)くにたち市民芸術小ホール042-574-1515
http://www.kuniko-kato.net/
ぜひご来場ください。
posted by アーツワークス at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年02月05日

2/12 山口友由実ピアノリサイタル

CDデビュー記念コンサート
山口友由実ピアノリサイタル
〜ウィーンで出会ったベーゼンドルファー最新モデル280VCとともに〜


日本人として初めて、日本には1台しかないベーゼンドルファーの最新モデル280VCをウィーンで演奏してレコーディング。
本コンサートでは、自作曲を含んだCD収録曲を演奏します。
ウィーンで出会い、東京で再会する280VCモデル。
世界の新鋭をご堪能ください!

<プログラム>
ハイドン:ピアノソナタ Hob.XVI/59 Es -Dur
ラヴェル:ハイドンの名によるメヌエット
山口友由実:ハイドンの名による断章 (2016年)
ドビュッシー:ベルガマスク組曲
シューマン=リスト:献呈
シューマン:謝肉祭

※予告なく曲目が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。

【プロフィール】
山口友由実(やまぐち ゆうみ)/ピアノ
東京音楽大学大学院修了。2009年よりウィーン国立音楽大学にてアヴォ・クユムジャン氏に師事し、2015年同大学大学院ピアノ室内楽科を満場一致の最優秀で修了。
10歳のときにテレビ朝日系「題名のない音楽会」に独奏で出演。2010年Internationale Sommer Akademie (オーストリア) にてISAピアノ特別賞。また2011年第18回ブラームス国際コンクール(オーストリア)ピアノ部門第3位を機に、ヨーロッパおよび日本各地でのコンサートに招聘され、ソロ、室内楽での演奏活動を開始する。
オーストリアでは、ウィーン楽友協会主催・若手演奏家シリーズでのリサイタルをはじめ、コンツェルトハウス、クロスターノイブルク修道院、ペーター教会、シューベルト生家、オーストリア国会議事堂での東日本大震災追悼式典などで演奏。また文化庁文化交流史・山路みほ氏(筝曲演奏家)との東欧4か国ツアー、イタリアでのピアノトリオ・リサイタルは新聞紙上で絶賛される。
現在日本とウィーンを拠点に、作曲編曲を含めた幅広い音楽活動を展開。2016年10月オクタヴィア・レコードよりファーストCD「謝肉祭〜音列の風景たち〜」発売。
日本女子大学非常勤助手、和洋女子大学非常勤講師。
http://www.yuumi-yamaguchi.com/

開演/2017年2月12日(日)14時 …開場13時30分
会場/トッパンホール
全席自由/一般3500円 学生2500円
トッパンホールクラブ会員 一般3000円
カンフェティ会員     一般3000円 学生2000円
※カノン工房にて学生券をお買い求めの際には学生証の提示(FAXもしくはメール送信)をお願いいたします。
※お席が必要なお客様は小学生でも学生料金となります(膝の上でOKなお子様は無料)。
※休憩(15分)を挟んで、約2時間の演奏時間となる予定です。

お電話にて→●トッパンホールチケットセンター  tel:03-5840-2222(平日10:00〜18:00)
●カンフェティチケットセンター  tel: 0120-240-540 (平日10:00〜18:00)
※カンフェティチケットセンターは、セブン-イレブンでチケットをお買い求めいただけます(別途要手数料216円)。お電話にてセブン-イレブン払込番号をご確認の上、お近くのセブン-イレブンにてチケットをお買い求めください。
インターネットにて→●トッパンホールチケットセンター http://www.toppanhall.com/concert/ticket/
●Confetti(カンフェティ)・・・ [カノン工房 山口友由実 オンラインチケットサービス]
※ゲッティ・カンフェティ版を利用しております。
詳しくはカンフェティ・ウェブ< http://confetti-web.com/>をご参照ください。

企画/山口友由実
後援/ベーゼンドルファー・ジャパン
協力/株式会社オクタヴィア・レコード

主催・お問い合わせ■カノン工房 TEL:050-5580-8663(留守番電話対応)  office@atelier-canon.jp
※カノン工房へのチケットお申し込みは、メールまたはホームページのチケット申し込みページからお願いいたします。
posted by アーツワークス at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2017年01月30日

3/5sun.「気ままなコンサートシリーズ」音楽トーク〜金川信江〈クラリネット〉木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉


目白の住宅街にひっそりと佇む、そのギャラリーの入口は、木と草花、池のある中庭を歩いて向かいます。木もれ日が差し込むガラス窓の向こうには、推定樹齢200年の柿の木。石の床と吹き抜けの空間に、音楽が柔らかく響く。木陰で、気ままに、語らうように。
〈気ままなコンサートシリーズ〉
クラリネット無伴奏ソロによる、カジュアル・クラシック・コンサートです。フォトカードをお配りし、トークを交えながら、短めの、耳馴染みの良い音楽を、たくさん奏でていきます。

『金川信江〈クラリネット〉木陰のギャラリーコンサート in Gallery鶉』
公演情報ページhttp://cdf-music.com/cl/Schedule/entori/2017/3/5_mu_yinnogyararikonsato_in_Gallery_chun.html
日時:2017年3月5日日曜日 14:30開場 15:00開演
会場:Gallery鶉(ギャラリージュン)
   東京都豊島区目白2-8-1  03-3971-0784 
    http://gallery-jun.jp
   JR目白駅より、徒歩6分
   東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅より、徒歩5分
入場料:前売り2,600円  当日2,800円
チケット取扱い:
   カンフェティチケットオンライン
   http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=37564& 
   カンフェティチケットセンター
   0120-240-540(受付時間 平日10:00〜18:00)
     又は、
   ヤフーパスマーケット
   http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/015nyiynqfay.html#detail
主催:音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)
    http://cdf-music.com
制作:金川マコト
演奏曲目:
 ドヴォルザーク/スラブ舞曲第10番op.72-2
 カッチーニ/アヴェ・マリア
 パガニーニ/カンタービレ
 ランゲ/花の歌
 メンデルスゾーン/春の歌
 ブラームス/間奏曲op.118-2
 ローズ/32のエチュードより25番
 ジョップリン/マグネティック・ラグ 他
出演:金川信江 クラリネット奏者
    http://cdf-music.com/cl/
幼少よりピアノに親しみ、12歳よりクラリネットを始める。国立(くにたち)音楽大学卒業。スイス国立チューリッヒ音楽大学マスタークラスを、審査により学費全額助成を得て参加修了。第1回ロマン派音楽コンクール優秀賞受賞(グランプリなし単独での優秀賞受賞)の他、複数のコンクールでの受賞、オーディション合格歴を持つ。「おしゃべりコンサート」「こどものためのコンサート」「語りと音楽の世界」「日本現代音楽展」等に出演。「リサイタル」開催。写真を演出に取り入れたクラリネット無伴奏ソロによるカフェやギャラリーでの「気ままなコンサートシリーズ」は好評を博し多数の公演を行う。「写真家たちの新しい物語」第8回に選出され、富士フイルムフォトサロン東京にて初写真個展「根っこ」を開催。「Regard Intense by 16 photographers 」に参加する等、音楽と写真を通じ幅広い活動を行っている。音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)アーティスト。

posted by アーツワークス at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2014年07月06日

8/23 延命寺ご近所シリーズ29「音楽の夕涼み〜ジャズスタンダードやボサノバを中心に〜」

8月23日(土)16時開演(開場15時30分)
葛飾青砥やくじん延命寺劇場プロジェクト
「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.29
「音楽の夕涼み〜ジャズスタンダードやボサノバを中心に〜」
 
お話と演奏/藤田絢三(サックス)、中鉢洋夫(ギター)

演奏曲目は当日のお楽しみ!

入場料金/1000円 18歳以下500円

協賛/葛飾青砥やくじん延命寺、葛飾青砥やくじん延命寺役員会
制作/NPO法人かつしか子ども劇場
協力/カノン工房 http://www.atelier-canon.jp/ (ホームページからご予約いただけます)
お申込・主催/NPO法人芸術文化ワークス arts_works@arts-calendar.co.jp fax:03-5917-4356 有限会社カノン工房内
1710021 豊島区西池袋4-21-17-105
 
<注意事項>
 ※当コンサート会場である寺の敷地内で、政治的および宗教的な活動はご遠慮ください。
 ※本堂は礼拝施設ですので、食べ物、飲み物を持ち込むことはできません。ゴミは各自がお持ち帰りください。
 ※階段がありバリアフリーになっていませんので、ハンディのある方は事前にご相談ください。
 

<出演者のプロフィール>
 
サックス/藤田絢三 Fujita Junzo
明治大学在学中にジャズ研究会でバンドマスターをつとめ早稲田大学モダンジャズ研究会にも所属。1990年に米ボストンのバークリー音楽大学に留学。渡辺貞夫氏の師匠にあたるジョセフ・ビオラ氏や元アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズのビルピアース氏らに師事。帰国後ジャズライブ、ラジオのパーソナリティーや現代美術とのコラボレーションなどで活躍。現在自らのユニット「Dance of the Veil」で都内や横浜などのジャズライブハウスに出演している。サックス教室「ブレスフィールド」を主宰。「サックス上達100の裏ワザ」(リットーミュージック)をはじめ、多数の教則本や音楽雑誌の執筆も手掛け、(NYタイムス紙の世界の絵本100選に選ばれた事のある)手島圭三郎氏のDVD絵本「しまふくろうのみずうみ」の作曲、演奏を担当している。

ギター/中鉢洋夫 Chubachi Hiroo
ギターを沢田駿悟、潮先郁男に師事。21才の時、ジャズヴォーカルグループ、タイムファイヴにギタリストとして参加。以降、アーティストのバックやツアーサポート、スタジオワーク、宝塚歌劇団や劇団四季などのミュージカルオーケストラでの演奏、そして自己のグループ『ELEKIBAN』やセッション参加におけるジャズライブ活動、またギター講師等を勤めている。
ジョージ大塚、ジョージ川口ら日本を代表するジャズプレーヤー、また新日本フィルハーモニー交響楽団とも共演している。
 
会場/青砥やくじん延命寺 03-3602-0496
 東京都葛飾区青戸8-24-29 中川大橋のたもと
 [常磐線「亀有」駅下車徒歩12分][京成線「青砥」駅下車18分]
 都バス(草35)、京成バス(小54) 中川大橋下車2分
 京成バス(新小58) 亀青小学校下車2分
posted by アーツワークス at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2014年03月07日

4/12延命寺劇プロ「うららかな春 二胡の調べを楽しもう! 」

2014年4月12日(土) 14時開演
 葛飾青砥やくじん延命寺劇場プロジェクト
 「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.28
 「 うららかな春 二胡の調べを楽しもう! 」
 
 
お話と演奏/田川(デンセン)(二胡)
 
演奏する曲も、お話も、当日のお楽しみ!!
 
開演/4月12日(土) 14時…開場13時30分
 入場料金/1000円 18歳以下500円
 会場/青砥やくじん延命寺本堂 03-3602-0496
 東京都葛飾区青戸8-24-29 中川大橋のたもと
 
協賛/葛飾青砥やくじん延命寺、葛飾青砥やくじん延命寺役員会
 制作/NPO法人かつしか子ども劇場
 協力/カノン工房 http://www.atelier-canon.jp/ (ホームページからご予約いただけます)
 お申込・主催/NPO法人芸術文化ワークス arts_works@arts-calendar.co.jp 03-5917-4355(平日11-17時 fax:4356)
 有限会社カノン工房内
 1710021 豊島区西池袋4-21-17-105
 
< 注意事項>
 ※当コンサート会場である寺の敷地内で、政治的および宗教的な活動はご遠慮ください。
 ※本堂は礼拝施設ですので、食べ物、飲み物を持ち込むことはできません。ゴミは各自がお持ち帰りください。
 ※階段がありバリアフリーになっていませんので、ハンディのある方は事前にご相談ください。
 
< 出演者のプロフィール>
 
中国ハルピン市生まれ。 6才で二胡を王樹生氏に習い始め、8歳で少年宮音楽団で演奏活動を開始。1975年、国営ハルピン市曲芸団へ入団、プロ奏者として活躍。1987年、来日。岡山大学大学院経済研究科修士課程修了。1991年、岡山県総合文化センターにてデビューリサイタル「田川二胡独奏会」を開催。倉敷音楽祭,岡山音楽祭、米子音楽祭に企画・出演。広島を中心に定期的に開催している胡弓平和コンサートや、1993年より岡山音楽祭にて連続開催している二胡コンサートなど、国内外で800回を超える演奏会を開催。1994年、さとう宗幸氏と8回ジョインートコンサートを行い、自ら作曲を手掛けた「くらしき川の春」、「星」、組曲「ヒロシマの鐘」、歌曲「灯篭流し」、 後楽園300年祭のために作曲した「幻想の庭園」などが、テレビや新聞などで度々紹介され、好評を博す。2002年、自作曲「楼蘭の風」を発表。2008年、さとう宗幸デピュー30周年記念コンサートに出演。現在、ファイブ・スター企画代表。日本二胡普及会、 胡弓を楽しむ会の主宰として活躍中。東京・吉祥寺をはじめ、岡山、倉敷、福山、鳥取にて二胡教室を開講。福山NHKや山陽新聞カルチャー、中国新聞カルチャー教室などで後進の指導に力を注いでいる。中国短期大学非常勤講師。
 
会場/青砥やくじん延命寺 03-3602-0496
 東京都葛飾区青戸8-24-29 中川大橋のたもと
 [常磐線「亀有」駅下車徒歩12分][京成線「青砥」駅下車18分]
 都バス(草35)、京成バス(小54) 中川大橋下車2分
 京成バス(新小58) 亀青小学校下車2分
 
<延命寺への行き方>
 バスをご利用されるときは、亀有駅からですと京成小岩行(小54)が、南口駅前から出ています。またイトーヨーカ堂前からは、京成バス(新小58)が出ています。
 また金町駅南口から、浅草寿町(草35)にお乗りになりますと中川大橋を渡るときに、進行方向右側に延命寺の本堂が見えてきます。
 京成青砥駅は駅前広場がございません。バス停留場がわかりにくいので、徒歩か、タクシーをご利用下さい。
 タクシーご利用の際は「中川大橋たもとの青砥やくじん延命寺」とお伝え下さい。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
<過去にご出演いただいたみなさま>
 「延命寺劇場プロジェクト」には、「延命寺ご近所シリーズ」「青空パフォーマンス」「ワンコインライブ」があります。
 
2013年9月13日(金) 19時開演「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.27
 「お琴で文化交流」
 延命寺〜モスクワ〜ヨーロッパ各地〜延命寺
 2012年度の文化庁文化交流使・山路さんが、延命寺に帰ってきます!
 お話と演奏/山路みほ(筝)
 
2012年4月13日(土) 14時開演「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.26
 「聴いて、触って、春の尺八」
 お話と演奏/今井祐介(尺八)
 
2012年9月14日(金)開演19時「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.25
 「フルートとファゴット 岡田君と井上さん」
 お話と演奏/井上紗織(フルート)、岡田啓(ファゴット)
 
2012年4月13日(金)開演19時「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.24
 「春を誘う、筝の調べ〜山路みほ」
 お話と演奏/山路 みほ(箏曲演奏家)
 
2011年9月16日(金)開演19時「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.23
 「歌いましょう! 陽気に、楽しく、昔むかしのイタリアの歌を!」
 お話と演奏/Da Nemo=辻康介(歌)、近藤治夫(各種バグパイプと古楽器)、福島久雄(ギター)、立岩潤三(パーカッション)
 
2011年4月9日(土)開演14時「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.22
 「音楽で世界旅行!」〜マリンバと打楽器で巡る世界の音楽・リズム!〜
 お話と演奏/パーカッションデュオ「イマジン」(加藤ゆう子、中野麻衣子)
 
2010年9月17日(金)開演19時「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.21
 「秋の夜に、尺八の音色(ねいろ)を楽しもう!」 金子朋沐枝(かねこともえ)公式ホームページ http://tomoe-kaneko.sakura.ne.jp/index.html
 
2010年4月17日(土)「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.20
 「お琴で、楽しくライブ! 再び!」 山路みほ公式ホームページ  http://yamajimiho.com/
 
2009年9月12日(土)「ご近所で楽しむ音楽会シリーズ〜演奏とお話〜」vol.19
 「クラリネットbyおぼっちゃま〜ず」 おぼっちゃま〜ず公式ブログ http://ameblo.jp/setagaya-obocchamazu/
 --------------------------------------------------------------------------------
 延命寺劇場プロジェクト2001-2008年→http://www.atelier-canon.jp/enmeiji2001-2008/
posted by アーツワークス at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系