2018年04月24日

伊藤郁女「私は言葉を信じないので踊る」 7/21.22 @彩の国さいたま芸術劇場





ダンサー・振付家の伊藤郁女と彫刻家の父
伊藤博史が
ダンスと言葉の交差点で再会するデュエット


「私は言葉を信じないので踊る」Je danse parce que je me
méfie des mots


 


<公演情報>


さいたま公演


日時:2018年7月21日(土)、22日(日)15:00開演 (全2公演)


会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール 


チケット料金(税込・全席指定):一般:4,000円 U-25*:2,000円 *公演時25歳以下対象。入場時要身分証提示。


                メンバーズ一般:3,600


チケット発売日: 一般:428日(土)/メンバーズ発売:421日(土)


チケット取扱い・お問合せ:


SAFチケットセンター 0570-064-939(休館日を除く10:0019:00


[窓口] 彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:0019:00


             
埼玉会館(休館日を除く10:0019:00


[PC] http://www.saf.or.jp/


[携帯]
http://www.saf.or.jp/mobile/


 


○チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:486-211http://t.pia.jp/PC&携帯)


 


○イープラス  http://eplus.jp/PC&携帯)


 


HP:http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/5156


 


主催・企画・制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団


後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本


 


●豊橋公演


              
7
27日(金)19:00開演、28日(土)14:30開演 


               
会場:穂の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース


                
料金:一般3,000円、U2424歳以下):1,500円、高校生以下:1,000


               
お問合せ:プラットチケットセンター 0532-39-3090 https://toyohashi-at.jp/


               
主催:公益財団法人豊橋文化振興財団


               
共催:豊橋市


               
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)


       独立行政法人日本芸術文化振興会


 


●金沢公演


             
8
4日(土)19:00開演、5日(日)14:00開演


             
会場:金沢21世紀美術館
シアター21


             
料金:一般3,000円(ほか割引料金あり)


             
お問合せ:金沢21世紀美術館
交流課 076-220-2811 


               
http://www.kanazawa21.jp/


               
主催:金沢21世紀美術館(公益財団法人金沢芸術創造財団)


               
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業
)
       独立行政法人日本芸術文化振興会







コピーライトマーク Laurent
Philippe


 









 

 

 

posted by アーツワークス at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

木野彩子「建国体操ヲ踊ッテミタ」プレスリリース第3弾[2018.5.12開催]

各位
(bcc送信にて失礼いたします)

 
平素よりたいへんお世話になっております。

木野彩子レクチャーパフォーマンス「建国体操ヲ踊ッテミタ」まで、あと3週間となりました。
「建国体操」にまつわる数字を辿っていくと、戦前日本で体操が政治的に利用されてゆく過程が浮かび上がってきます。
さらにそこに密接に関わってくるのが本公演の会場、近代日本の象徴でありスポーツの聖地でもある明治神宮外苑。

本リリースでは、4つの数字を手掛かりに、両者の関係を読み解いていきます。

 
掲載トピック ===================================================
Q1. 1940年は皇紀2600年。これはいつから数えて2600年でしょうか?
Q2. なぜ5月12日に明治神宮外苑で建国体操をするのでしょうか?
Q3. 第6回日本体操大会では何人が建国体操に参加したでしょうか?
Q4. オリンピックにも縁深い明治神宮外苑。日本での開催数は世界何位でしょうか?
=============================================================

設問の答えは、添付のブレスリリース#3をご覧ください。

実際の上演では、体操が流行していた当時、ダンスはどのような状況にあったのかという点についても言及していきます。ぜひお立ち会いいただければ幸いです。
 

基本情報-----------------------------------------------------------------
木野彩子レクチャーパフォーマンス
「ダンスハ體育ナリ? 其ノ弐 建国体操ヲ踊ッテミタ」
------------------------------------------------------------------------------
[日時]2018年5月12日(土) 11:00開演 /14:30開演
[会場]明治神宮外苑 聖徳記念絵画館 会議室(※完全予約制)
  http://www.dance-archive.net/jp/news/news_11.html

[主催] NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Tel : 03-3450-6507 


広報にご協力頂けますよう、何卒よろしくお願いいたします。
本件についての問合せ、写真等のご請求は下記にご連絡ください。

---------------------------------------------
NPO法人ダンスアーカイヴ構想
担当:溝端
Email : press@dance-archive.net
---------------------------------------------
posted by アーツワークス at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年03月28日

【Dance Archive Network News 016】「緑のテーブル2017」再演のお知らせ

2018年3月28日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年3月に神戸で上演した「緑のテーブル2017」を、名古屋で再演します。

●●● アンサンブル・ゾネ「緑のテーブル2017」 ●●●
「緑のテーブル」は、ドイツ表現主義舞踊の権威クルト・ヨース振付により1932年に発表された現代舞踊史の原点に立つと言われている作品です。同作品は当時のナチス台頭に対する強いメッセージ性をもち、「反戦バレエ」とも呼ばれ戦後、現代バレエの古典として世界各地で数多く再演されてきました。

「緑のテーブル 2017」は、激動の歴史に深く関わったこの作品からインスピレーションを得て、原作の振付や音楽を一切使わずに新たに創作されました。
創作の目的は、原作振付の復刻ではなく、これほど長く再演を続けてきた作品の「命」を考え、未来への舞踊について考えることにありました。今を生きるわたしたちにとって、古典作品がどのような意味を持つかを問いたいと思います。

2018年4月7日(土)19:00〜/ 8日(日)14:00〜(開場は開演の15分前。上演時間:約60分)
会場:愛知県芸術劇場小ホール (名古屋市東区東桜1-13-2 愛知芸術文化センターB1F)

振付  岡登志子
出演  大野慶人 垣尾優 佐藤健大郎 伊藤愛 桑野聖子 糸瀬公二 文山絵真 中村萌 稲手雅 Alain Sinandja 岡登志子
主催: アンサンブル・ゾネ、愛知県芸術劇場/ 協力:ダンスアーカイヴ構想
  
チケット(日時指定自由席):一般 3,000円/U25 2,000円/ペア 5,000円(2名1組、予約のみ)
チケット取り扱い:
・アンサンブル・ゾネ TEL 0797-38-7335 ウェブサイト http://ensemblesonne.com  
・愛知県芸術劇場オンラインチケットサービス http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/syusai/
・愛知芸術文化センター内プレイガイド TEL 052-972-0430 

問合せ: アンサンブル・ゾネ TEL 0797-38-7335/メール info@ensemblesonne.com

詳細→ http://www.aac.pref.aichi.jp/gekijyo/syusai2018/detail/180407_greentable2017/
アンサンブル・ゾネ ウェブサイト→ http://ensemblesonne.com/


●●● ダンスアーカイヴ構想会報 ●●●
ダンスアーカイヴ構想が発行しているダンスアーカイヴ研究のための会報を、サイトにてご覧いただけます。
http://dance-archive.net/
*寄稿タイトル*
No.1 ダンスアーカイヴ構想の基本理念/No.2 アーカイヴで救え、資料の消滅と散逸の危機
No.3 ダンス作品の創造と継承(「緑のテーブル2017」について)
No.4 国際ダンスアーカイヴ(世界のダンスアーカイヴ)
No.5 国際ダンスアーカイヴからフランス国立ダンスセンターへ(世界のダンスアーカイヴ)
No.6 舞台芸術年鑑の複雑事情と課題
No.7 ウィリアム・クライン「ダンス・ハプニング」アーカイヴ
No.8 フランス国立ダンスセンター(世界のダンスアーカイヴ)
No.9 土方巽アーカイヴの20年〜時代を超える文化装置(世界のダンスアーカイヴ)

●●● 四方田犬彦著『大野慶人の肖像』販売中 ●●●
3月25日のJapan Timesで紹介されました。https://www.japantimes.co.jp/culture/2018/03/24/books/book-reviews/portrait-ohno-yoshito-deeper-look-butohs-mythical-figure/#.WridVS7FLIU

大野慶人の舞踏家としての出発から現在までを辿る、日英完全対訳本。
詳細は大野一雄舞踏研究所公式ウェブサイトにて→ http://www.kazuoohnodancestudio.com/ec/p20013.html


-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2018 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年03月27日

投稿 コンテンポラリーダンス・バレエ系 フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA『新作短編集(2017)』





フィリップ・ドゥクフレがあなたに贈る奇想天外ワンダーランド!

 

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーDCA

『新作短編集(2017)―Nouvelles Pièces
Courtes

 

ファンタジックで奇想天外な演出で世界的に活躍するフィリップ・ドゥクフレ。

ドゥクフレの斬新なアイデアが詰まった5つの傑作短編集!

 

不可思議な架空の部族ダンス、トリッキーな影絵のデュエット、夢のような空中パフォーマンスなどがパラパラ漫画のように次から次へと展開し、観客を別世界へ誘います。

子どもから大人まで、世界中の老若男女の心を奪うドュクフレの作品世界。

 

今回は子どもチケット(4歳〜中学生)もご用意し、ご家族で楽しんでいただけます。

イメージの魔術師フィリップ・ドゥクフレが贈る、摩訶不思議なワンダーランドにご期待ください!

 

 

日時:2018年    629日(金)19:00開演

     630日(土)15:00開演

                           
7
1日(日)15:00開演

            


会場:彩の国さいたま芸術劇場 大ホール 


 


前売チケット料金(税込・全席指定):


一般:S6,500円、A4,000


U-25(高校生~25歳):S3,500円、A2,000円 


  ※公演時高校生~25歳対象。入場時要身分証提示


 


子ども(4-中学生):S1,500円、A1,000


  ※枚数制限あり


 


※当日券は各席種ともに+500


 

 

チケット取扱い・お問合せ:


○彩の国さいたま芸術劇場チケットセンター  0570-064-939(休館日を除く10:0019:00


 


   
[
窓口] 彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:0019:00


              
埼玉会館(休館日を除く10:0019:00


    [PC] http://www.saf.or.jp/


  *PC画面でお席が選べます。


   
[
携帯] http://www.saf.or.jp/mobile/


 


○チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:485-109】 


http://t.pia.jp/PC&携帯)


 


○イープラス   http://eplus.jp/PC&携帯


 


主催・企画・制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団


助成:一般社団法人全国モーターボート競走施行者協議会、一般財団法人地域創造


後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本

posted by アーツワークス at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年03月20日

櫻井郁也ダンスソロ最新作「かなたをきく」FAR BEAT(3/31(土)4/1(日):東京・中野)まもなく公演!!

櫻井郁也ダンスソロ『かなたをきく』
SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " FAR BEAT"

2018年 3月31日(土)20:00 4月1日(日)19:00
plan-B (東京・中野)
http://www.cross-section.x0.com/

沈黙、鼓動、身体、そして、、、。
ソロダンスを長年追求してきたダンサー・櫻井郁也が新作公演を行ないます。

身体に刻まれた生命記憶、エネルギーの発生と消滅、生命 の変化変性。そして未来への予感。
絶えず流動しつづける有機的な身体ムーブメンツと、意識と無意識 の間を横断してゆくかのような超言語的な世界観の表出。

櫻井は、笠井叡に師事ののちコンテンポラリーダンス/舞踏のフィールドにおいて独自の公演活動を行ない、また、田中泯を中心に開催 されていた「ダンス白州フェスティバル」への連続参加(2001~09)、ポルトガル2都市招聘公演(2006)、ルクセンブルク招聘公演 (2012)、越後妻有アートトリエンナーレ(2012)、長崎原爆70年忌公演(2015)など国内外での多様な活動を重ねながら「独舞」という「個体」の作業に徹してきました。本作をふく む〈plan-B〉でのシリーズ公演は、2001年9.11に触れて上演された《非暴力と不服従のダンス》を起点に17年をむかえる継続的ソロ公 演であり、海外や各地に展開する作品を生み出してきた「現場」です。
ぜひお立ち会いください。

【スタッフ】
ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子、楽曲提供:福島諭、
企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【会場アクセス】
plan-B (プランビー)
〒164−0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
□東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分「富士高校前」下車すぐ

【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・学割予約2,000円(予約のみ。学生証提示/大・中高・専)

※お席に限りがございますので、なるべくご予約をご利用ください。

【くわしいご案内・チケット申込】http://www.cross-section.x0.com/
posted by アーツワークス at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年03月03日

コンドルズ 埼玉公演2018 新作「18TICKET」





彩の国さいたま芸術劇場恒例となった、コンドルズ埼玉新作シリーズが12回目を迎えます。


結成22年という大御所ながら、常に新たな挑戦を試み幅広い年齢層の心をがっちりとキャッチ。


新しいメンバーも迎え本年お届けする新作は『18TICKET』。


タイトルに秘められたコンドルズならではのウイット、ユーモア。乞うご期待!


 


【公演概要】


コンドルズ 埼玉公演2018 新作「18TICKET」


365回旅立つ。2018年6月!風青し!埼玉発未開拓幸福行き!


一か八かのマジカルコンドルズツアー出発進行!


 

構成・映像・振付:近藤良平


 


出演:石渕 聡 オクダサトシ 勝山康晴 香取直登 鎌倉道彦 ぎたろー(新人) 


   黒須いくみ(NewFace) 古賀 剛 ジントク スズキ拓朗 田中たつろう 


橋爪利博 藤田善宏 安田有吾 山本光二郎 近藤良平


 


スタッフ:


照明:坂本明浩(OneDrop) 音響:原嶋紘平(SONIC
WAVE
) 舞台監督:筒井昭善 


セリフ脚本:小林顕作(宇宙コード) CG・映像制作:オクダサトシ(ATG) 


web制作:青木
崇 グッズデザイン:藤田善宏(男魂) 宣伝写真:HARU 


宣伝美術:柳沼博雅(GOAT) 


プロデューサー:佐藤まいみ(彩の国さいたま芸術劇場)/勝山康晴(ROCK
STAR


主催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団


企画制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団/ROCKSTAR有限会社


 

 

日時:2018  62() 14:00開演/19:00開演 


       63() 15:00開演


 


上演時間:約1時間30分(予定)


演出の都合により、開演時間に遅れますと入場をお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。


 


会場:彩の国さいたま芸術劇場
大ホール



チケット料金(全席指定・税込):一般=S5,000円 A3,500


U-25*S3,000円 A2,000
メンバーズ:S4,500円 A3,200


 


*
U-25公演時25歳以下の方対象。入場時要身分証。


当日券は各席種ともに+500円。
A席(サイドバルコニー)は舞台上で見えない部分がございます。予めご了承ください。
6.2(土)14:00の回を除き、未就学児の入場はご遠慮ください。(有料託児サービスあり。要事前予約。)


 


チケット発売日 一般2018310() SAFメンバーズ33()


 


チケット取扱い・お問い合わせ:


SAFチケットセンター 0570-064-939(劇場休館日を除く10:0019:00


〔窓口〕彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:0019:00


PChttp://www.saf.or.jp/ PC画面でお席が選べます。


〔携帯〕http://www.saf.or.jp/mobile/


チケットぴあ 0570-02-9999 【Pコード:・・・・・】 


http://t.pia.jpPC&携帯)


イープラス http://eplus.jpPC&携帯)


 


 

 

★6月2日(土)14:00の回限定:0歳から入場可!
未就学児(0歳〜6歳):S席1500円
※S席のみ。エリア限定(RST列)となります。枚数制限あり。 
※未就学児の入場には保護者の同伴が必須。
※膝上鑑賞可(ただし3歳まで)
※4歳以上、また3歳以下の場合も座席を指定する場合はチケットが必要です。

★100席限定!!フィリップ・ドゥクフレ/DCA
6.29(金)・7.1(日)

『新作短編集(2017)−Nouvelles
Pièces Courtes』とのセット券発売!

一般:10,000円 U-25*:6,000円  
※S席(前売)のみ  

【★未就学児チケット/セット券取扱・お問合せ】
 SAFチケットセンター窓口・電話受付のみ 0570-064-939(休館日を除く10:00〜19:00)
 http:www.saf.or.jp/

 

 
posted by アーツワークス at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年02月26日

【Dance Archive Network News 015】舞踏アーカイヴプロジェクト アンケート調査のお知らせ

2018年2月26日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ダンスアーカイヴ構想では、舞踏の現況を把握するために、アーティスト、制作者の皆様へのアンケート調査を実施します。ご協力をお願い申し上げます。

●●● 舞踏アーカイヴプロジェクト:舞踏の実態調査 ●●●
舞踏は、世界で広く認知されるようになりながらも、活動の全体像は依然として明らかになっていません。この無形の財産を保存・継承するためのアーカイヴ構築の一助として、その実態調査を行います。この調査は、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)の平成29年東京芸術文化創造発信助成【長期助成プログラム】を受けています。

<対象者> 国内外で「舞踏/BUTOH」を掲げる、或いはその影響を受けて活動するアーティスト、制作者
<回答方法> ウェブ上にてご回答ください。下記URLをクリックして頂き、ご記入お願い致します。
アンケートにかかる時間は10分程度です。
https://goo.gl/forms/0xRbVsLmHtTP1SUf1

<回答期限> 3月7日(水)
<謝礼>
・AMAZONにてご使用できるクーポン1,000円分。
・大野一雄舞踏研究所オンラインショップ(http://www.kazuoohnodancestudio.com/japanese/product/)で次回ご購入時に1割引(1回限り)。ご注文の際、その旨お書き添えください。

<お問合せ先>
特定非営利活動法人ダンスアーカイヴ構想  担当者:松岡 大
所在地:〒140-0004 東京都品川区南品川5-11-19
E-mail:research@dance-archive.net
WEB:http://www.dance-archive.net/ 

●●● 四方田犬彦著『大野慶人の肖像』販売中 ●●●
大野慶人の舞踏家としての出発から現在までを、2016年の中国公演ツアーに同行した四方田犬彦が書き下ろしました。ウィリアム・クラインが舞踏の始まりを活写した1961年の写真群を始め、細江英公、森山大道、ティム・ウォーカーなど、国内外の写真家の作品も見どころの一冊。
詳細は大野一雄舞踏研究所公式ウェブサイトにて→ http://www.kazuoohnodancestudio.com/ec/p20013.html

●速報!! ウィリアム・クラインの写真展開催中●
「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」(2018年2月23日- 6月10日 21_21 DESIGN SIGHTにて)→ http://www.2121designsight.jp/program/new_planet_photo_city/ 

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2018 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年02月09日

【Dance Archive Network News 013】ダンスアーカイヴプロジェクト展示のお知らせ

2018年2月9日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ本日より北千住にて舞踏アーカイヴプロジェクト(BAP)開催です。
同じ会場にて行う、ダンスアーカイヴプロジェクト(DAP)の展示をご案内します。

●●● ダンスアーカイヴプロジェクト2018: Takao Kawaguchi/ Digital 3D in Motion ●●●
川口隆夫が紡ぐ「大野一雄」の動きの完全再現をデジタルデータ化する。
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_09.html

アーカイヴ資料の検証と研究を経て、大野一雄の動きを「コピー」する「大野一雄について」という作品を生み出した川口隆夫。その実演をデジタルデータで保存することで、大野一雄のモーションデータとして保存することができるのではないか、という実験的な試みです。川口隆夫によるダンスのデジタルデータは、慣性式モーションキャプチャーで記録され、VR上では、川口隆夫本人とは別の身体モデルで再現されています。

展示日時:2018年2月9日(金) 19:00〜23:00/ 10日(土) 13:00〜24:00/ 11日(日) 15:30〜19:00
会場: 北千住BUoY 2F (北千住駅から徒歩6分、http://buoy.or.jp/)
観覧料:自由カンパ制

主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想 
共催 有限会社かんた/ 協力 株式会社 K'S DESIGN LAB/ 助成 独立行政法人芸術文化振興基金

●● ダンスアーカイブプロジェクト2018公演プログラム ●●
木野彩子レクチャーパフォーマンス「ダンスハ體育ナリ? 其ノ弐 建国体操ヲ踊ッテミタ」
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_08.html

2018年2月11(日)  11:00, 14:30
会場: 明治神宮外苑 聖徳記念絵画館会議室
構成・出演 木野彩子
チケット:完全予約制。当日会場でのチケット販売はありません。一般 2,000円/学生 1,000円/BAPとの通し券 3,000円 (聖徳記念絵画館招待券付き)

●● 舞踏アーカイヴプロジェクト公演プログラム ●●
川口隆夫・田辺知美「ザ・シック・ダンサー〜土方巽『病める舞姫』をテキストに」
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_07.html

2018年2月9日(金)21:00/ 10日(土)15:00, 21:45/ 11日(日)17:30
会場: 北千住BUoY (DAP展示と同じ建物の地下)

構成・演出・出演 田辺知美、川口隆夫/ テキスト 土方巽
チケット:一般 前売2,000円 当日3,000円/ 学生 前売1,500円 当日2,000円 
ペアチケット(同日2名様分) 前売3,500円 当日5,000円/DAPとの通し券3,000円

●● スペシャルオールナイトプログラム「北千住BAP Night」●●
土方巽に影響を受けた公募作品、16組を一挙上演。

2018年2月10日(土)21:45の「ザ・シック・ダンサー」公演後、北千住BUoY にて。
・タイムテーブル
24:00〜土方巽「東北歌舞伎計画」ビデオ上映
25:30〜公募作品連続上演
27:30〜始発までDJあり。DJ Datakestra
・入場料 1,000円 ワンドリンク付き
・公募参加アーティスト: 大熊聡美、白井愛咲、立石裕美、田辺知美、津田健太郎、トマツタカヒロ、馬塲悠衣、深堀絵梨、増川建太、牧野克彦、南阿豆、吉田駿太朗、米澤一平、Alisa BERGER(ドイツ)、Boyd STOUT(アメリカ)、Robert SZABO BENKE(ハンガリー)   *50音順、出演順未定

<チケット取扱い>
◆e+ イープラス(http://eplus.jp
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
◯BAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249641P0030001
◯DAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249605P0030001
*北千住BAP Nightのチケットは、イープラスでは扱っていません。当日に会場にてお支払いください。
*展示は公演チケットなしで、ご自由にご覧いただけます。

◆ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2018 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年02月06日

3/31(土)4/1(日)櫻井郁也ダンスソロ新作公演「かなたをきく」FAR BEAT(東京・中野)

◎plan-B・十字舎房:共催公演◎

櫻井郁也ダンスソロ『かなたをきく』
SAKURAI IKUYA DANCE SOLO " FAR BEAT"

2018年 3月31日(土)20:00 4月1日(日)19:00
plan-B (東京・中野)
公演サイト http://www.cross-section.x0.com/

沈黙、鼓動、身体、そして、、、。
ソロダンスを長年追求してきた舞踊家・櫻井郁也が新作公演を行ないます。身体に刻まれた生命記憶、エネルギーの発生と消滅、生命 の変化変性。そして未来への予感。近年の櫻井のダンスの特徴は、絶えず流動しつづける有機的な身体ムーブメンツと、意識と無意識 の間を横断してゆくかのような超言語的な世界観の表出です。

本作『かなたをきく』のテーマは文字通り「きく」ということです。聴くことであり、聞くことであり、訊くことでもあるところの「きく」。きくことから 生まれてくる様々な感情や身体変性はダンスの原点であり、それは、感覚を研ぎ澄まし拡張することであると同時に、他者を感じ取り関係 してゆこうとすることにもつながると櫻井は考えて作品を構想したと言います。本作は、音と深く交感し、さらには沈黙のなかにさえ何かを ききとり、それらの背後に存在する自然や出来事や他者を感覚し、そして関係しながら新しい時空間を紡ぎだしてゆく「受容と結合のプロ セスを踊るダンス作品」でもあります。

櫻井は、笠井叡に師事ののちコンテンポラリーダンス/舞踏のフィールドにおいて独自の公演活動を行ない、また、田中泯を中心に開催 されていた「ダンス白州フェスティバル」への連続参加(2001~09)、ポルトガル2都市招聘公演(2006)、ルクセンブルク招聘公演 (2012)、越後妻有アートトリエンナーレ(2012)、長崎原爆70年忌公演(2015)など国内外での多様な活動を重ねながら「独舞」という「個体」の作業に徹してきました。本作をふく む〈plan-B〉でのシリーズ公演は、2001年9.11に触れて上演された《非暴力と不服従のダンス》を起点に17年をむかえる継続的ソロ公 演であり、海外や各地に展開する作品を生み出してきた櫻井の核とも言える「挑戦の現場」です。その新たな展開に、ぜひご注目ください。

【スタッフ】ダンス・光・音:櫻井郁也、美術・衣裳:櫻井恵美子、楽曲提供:福島諭、企画制作=十字舎房、共催=plan-B

【会場アクセス】
plan-B (プランビー)
〒164−0013 東京都中野区弥生町4-26-20-B1 TEL 03-3384-2051 
□東京メトロ丸の内線「中野富士見町」駅下車徒歩7分・中野通り沿い 
□JR中野駅南口より京王バス1番 渋谷行/新宿駅西口行約10分「富士高校前」下車すぐ

【料金】 
・予約 2,800円(当日払い/各回とも前日まで受付)
・当日 3,000円(開場時発売/残席分のみ先着順)
・前売券 2,500円(事前振込/申込〆切=3月20日)
・学割予約2,000円(予約のみ。学生証提示/大・中高・専)
※各回50席まで。なるべくご予約または前売をご利用ください。

【くわしいご案内・チケット申込】http://www.cross-section.x0.com/
posted by アーツワークス at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

【Dance Archive Network News 011】今週末の公演のお知らせ

2018年2月5日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月9日(金)〜11日(日)に北千住にて舞踏アーカイヴプロジェクト(BAP)、11日に神宮外苑にてダンスアーカイヴプロジェクト(DAP)を同時開催します。通し券あり。

●●● 舞踏アーカイヴプロジェクト(BAP) ●●●
川口隆夫・田辺知美「ザ・シック・ダンサー〜土方巽『病める舞姫』をテキストに」
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_07.html

土方巽の言葉を裡に飼って踊ってきた田辺知美と、「大野一雄について」で何度となく大野一雄を追体験してきた川口隆夫が、再び土方巽の『病める舞姫』に分け入ります。「誰もが知らない向こう側の昏さ、甦りめいた始まり」へ。

2018年2月9日(金)21:00/ 10日(土)15:00, 21:45(終演後、オールナイトプログラムあり)/ 11日(日)17:30
会場: 北千住BUoY (北千住駅から徒歩6分、http://buoy.or.jp/)

テキスト 土方巽
構成・演出・出演 田辺知美 川口隆夫
主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想/ 共催 有限会社かんた
協力 土方巽アーカイヴ(慶應義塾大学アート・センター)/ 助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

入場料
チケット:一般 前売2,000円 当日3,000円/ 学生 前売1,500円 当日2,000円 
ペアチケット(同日2名様分) 前売3,500円 当日5,000円/DAPとの通し券3,000円

● 2月10日レイトショー終演後から始まるオールナイトの「北千住BAP Night」、公募出演者決定!
<タイムテーブル>24:00〜土方巽「東北歌舞伎計画」ビデオ上映/25:30〜公募作品連続上演/27:30〜始発までDJあり。DJ: Datakestra
<入場料> 1,000円 ワンドリンク付き(当日会場にてお支払いください)
<公募参加アーティスト> 大熊聡美、白井愛咲、立石裕美、田辺知美、津田健太郎、トマツタカヒロ、馬塲悠衣、深堀絵梨、増川建太、牧野克彦、南阿豆、吉田駿太朗、米澤一平、Alisa BERGER(ドイツ)、Boyd STOUT(アメリカ)、Robert SZABO BENKE(ハンガリー)*50音順、出演順未定

●●● ダンスアーカイヴプロジェクト2018(DAP) ●●●
木野彩子レクチャーパフォーマンス「ダンスハ體育ナリ? 其ノ弐 建国体操ヲ踊ッテミタ」
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_08.html

1937年の紀元節(2月11日)に披露され、1940年の日本体操大会にて明治神宮競技場で1万人が行ったとされる建国体操。DAP2016「ダンスハ體育ナリ?」で幻のラジオ体操を再現した木野彩子が、80年の時を経て、同じ時同じ場所で建国体操を踊ってみます。ダンスと体操とは何が違うのかを読み解くレクチャーパフォーマンス。舞踊史、スポーツ史に興味のある方必見です。

2018年2月11(日)  11:00, 14:30(開演時間の10分前に聖徳記念絵画館入口にある池の前に集合)
会場: 明治神宮外苑 聖徳記念絵画館会議室

構成・出演 木野彩子
主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想/ 共催 有限会社かんた キノコノキカク
後援 鳥取大学地域学部附属芸術文化センター/ 助成 独立行政法人芸術文化振興基金

チケット:完全予約制。当日会場でのチケット販売はいたしませんので、ご注意ください。
ご予約なしでご来場された場合には、後ほどお振込をお願いいたします。
一般 2,000円/学生 1,000円/BAPとの通し券 3,000円 (聖徳記念絵画館招待券付き)

<チケット取扱い>
◆e+ イープラス(http://eplus.jp
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
◯BAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249641P0030001
◯DAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249605P0030001

◆ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2018 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年02月01日

【Dance Archive Network News 010】本日締切! 北千住BAP Night出演者公募のお知らせ

2018年2月1日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2月9日(金)〜11日(日)、川口隆夫・田辺知美「ザ・シック・ダンサー〜土方巽『病める舞姫』をテキストに」を開催します。
関連プログラムとして10日の夜はオールナイトで土方巽に影響を受けた公募作品を連続上演。公募締切は本日、ふるってご参加ください。

●●● オールナイトプログラム「北千住BAP Night」●●●
舞踏は今や、「Butoh」として世界に広く普及しています。DANでは、国内外の舞踏家、集団の活動状況を可能な限り調査し、舞踏家の足跡を広く共有したいと考えています。この調査事業の一環として、下記の通り、公募作品を募集します。「生きた表現」で貴方の舞踏の現在を語ってください。

2018年2月10日(土) 会場:北千住BUoY (北千住駅から徒歩6分 http://buoy.or.jp/)
<タイムテーブル>
24:00 - 25:15土方巽「東北歌舞伎計画」ビデオ上映
25:30 - 27:30 公募作品連続上演 (延長戦アリ) 
27:30 - 始発迄 DJ あり
(入場料:1,000円 ワンドリンク付き)

*公募作品募集要項*
ジャンル不問、ダンス以外も可。展示応相談。「土方巽に影響を受けた」と貴君自身が考える作品を7分以内で上演して下さい。
照明、音響、プロジェクターはこちらで準備するマスタープラン内で使用可。参加費無料、ギャラなし。但し、BAP上演作品「ザ・シック・ダンサー」公演にご招待、オールナイトプログラムワンドリンク付き入場券を3枚提供します。
また静止画と動画の公演記録を後日提供します。応募受付先着順8組み程度を受入れ予定。

−応募資料−
・略歴 1000字以内
・作品解説 1000字以内
・作品画像 静止画及び動画のファイル

応募〆切 2月1日 参加可否の連絡を2月5日にお伝えします。
応募方法 メールのみ info@dance-archive.net にお送り下さい
リハーサル時間は2月10日17:00〜20:30で応相談

●●● 舞踏アーカイヴプロジェクト(BAP) ●●●
川口隆夫・田辺知美「ザ・シック・ダンサー 〜土方巽『病める舞姫』をテキストに」

2018年2月9日(金)21:00/ 10日(土)15:00, 21:45(終演後オールナイトプログラム)/ 11日(日)17:30
会場: 北千住BUoY
チケット:一般 前売2,000円 当日3,000円/学生 前売1,500円 当日2,000円 
ペアチケット(同日2名様分) 前売3,500円 当日5,000円
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_07.html

●●● ダンスアーカイヴプロジェクト2018(DAP) ●●●
木野彩子レクチャーパフォーマンス「ダンスハ體育ナリ? 其ノ弐 建国体操ヲ踊ッテミタ」
2018年2月11(日)  11:00, 14:30
会場: 明治神宮外苑 聖徳記念絵画館会議室
チケット:完全予約制 一般 2,000円/学生 1,000円
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_08.html

*BAP・DAP通し券(前売りのみ)3,000円

<チケット取扱い>
◆e+ イープラス(http://eplus.jp
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
◯BAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249641P0030001
◯DAP http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249605P0030001

◆ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

主催  NPO法人ダンスアーカイヴ構想 
(BAP) 共催 有限会社かんた/助成 アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団)
(DAP) 共催 有限会社かんた・キノコノキカク/後援 鳥取大学地域学部附属芸術文化センター/助成 独立行政法人芸術文化振興基金

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2017 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2017年12月12日

【Dance Archive Network News 008】Dance Archive Project in Tokyo 2017開催のお知らせ

2017年12月12日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週金曜日より、東京にて“Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ”を開催します。

●●● Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ ●●●
ダンスアーカイヴに何ができるのか? ダンスアーカイヴの未来とは? 踊りを継承するとは? さまざまな問いにさまざまなアプローチで迫る9日間。3Dスキャンで計測した大野慶人の「動きのアーカイヴ」、ウィリアム・クラインが舞踏誕生時の肉体を捉えた600点を超える未発表の写真映像、その画像から展開するさまざまな肉体によるパフォーマンス、大野慶人とアノーニの公演など、未知の舞踏に出会えます。15日・16日は展示、公演共に入場無料です。

イベント詳細→ http://dance-archive.net/jp/news/news_06.html

2017年12月15日(金)〜23日(土)
会場:寺田倉庫G1ビル・5階
(品川区東品川2-6-10  りんかい線・東京モノレール 天王洲アイル駅より徒歩5分)

<料金・時間・公演内容> *公演中は一部展示をご覧いただけません
◆12月15日(金)入場無料(予約不要)
15:00〜21:00 展示 
19:30〜 大野慶人ソロ「花と鳥 抄」
(終演後にオープニングパーティあり *飲食は有料です)

◆12月16日(土)入場無料(予約不要)
11:00〜21:00 展示 
13:00〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
    ゲスト:横浜光ボクシングジム現役ボクサー、鯉渕健と山口号珠+岡登志子
18:00〜 大野慶人ソロ「花と鳥 抄」 

◆12月17日(日)
11:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
13:00〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:横浜光ボクシングジム現役ボクサー、鯉渕健と山口号珠+松岡大(山海塾)+岡登志子
    〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月18日(月)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:ソケリッサ!+砂山典子 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月19日(火)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:白井剛+松岡大(山海塾)+上杉満代 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月20日(水)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:白井剛+松岡大(山海塾)+上杉満代 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月21日(木)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」 〜展示+公演観覧 5,000円(完売)

◆12月22日(金)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」 〜展示+公演観覧 5,000円(完売)

<展示>
◆大野慶人「Digital 3D in Motion」
大野慶人の舞踏を、VR(ヴァーチャル・リアリティー)で体験する初の試み。
VRコンテンツ制作:比嘉了(backspaetokyo)。コンテンツ制作には、一部を(地独)東京都立産業技術研究センターと(株)ケイズデザインラボが技術開発。

◆ウィリアム・クライン「TOKYO1961 アーカイヴ」ムーヴィー&VR
1961年、アスベスト館および新橋と銀座の路上で繰り広げられた土方巽・大野一雄・大野慶人のパフォーマンス。ウィリアム・クラインが活写し、ほとんどが未公開だった652点の写真を、映像とVRで体験。
ムーヴィー制作:齊藤正和 VRコンテンツ制作:右左見拓人(backspacetokyo)

◆ダンスアーカイヴから写真、美術、映像を観る
さまざまなアーティストの被写体となってきた大野一雄・大野慶人。渡邊晃一の彫刻、諏訪敦の絵画、ティム・ウォーカーの写真など、マテリアルの違う舞踏家像に出会う。

<公演>
◆大野慶人ソロ「花と鳥 抄」 
土方巽と大野一雄とともに歩み、舞踏の始まりからの歴史を知る、生けるアーカイヴとも言える大野慶人の代表作。

◆川口隆夫とジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
「病める舞姫をテキストに―2つのソロダンス」「大野一雄について」等、舞踏をパフォーマンスしてきた川口隆夫とさまざまなゲスト達が、ウィリアム・クラインが捉えた写真から、舞踏の始まりの肉体を抽出。音楽は、アノーニと長年活動を共にしてきたジョアンナ・コンスタンティン。

◆アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」
2010年の「Antony and the Ohnos」から7年を経て、アノーニと大野慶人の東京での再会が実現。

<チケット取扱い>
*15日・16日は直接会場へお越しください。入場者数が定員を超える場合には、入場を制限する場合がございますことをご了承ください。
◆e+ イープラス(http://eplus.jp
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
・アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」(完売しました)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244767P0030001
・川口隆夫×ジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244769P0030001
・【展示】ダンスアーカイヴの未来
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244774P0030001

◆ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

主催  NPO法人ダンスアーカイヴ構想 
共催  Canta Co.Ltd 
協力  大野一雄舞踏研究所、株式会社 K'S DESIGN LAB、株式会社間チルダ、株式会社レイ、FIG LAB 、横浜光ボクシングジム
協賛  BNPパリバ・グループ

会場周辺地図:寺田倉庫 G1ビルは、地図上のNo.6の建物です→ https://www.terrada.co.jp/ja/company/tennoz/ 
-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2017 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2017年12月07日

1/20-21 ジェローム・ベル『Gala-ガラ』彩の国さいたま芸術劇場





ジェローム・ベル『Gala−ガラ』公演のお知らせ


 


先鋭的活動で国際的に知られるフランス振付家ジェローム・ベル。


世界50都市以上で上演され、反響を呼んでいるダンスの祭典『Galaーガラ』が


埼玉版キャストで日本初上陸します!



プロのダンサー・俳優から舞台に縁のない6歳〜75歳までのアマチュアまで、


様々な性別、年齢、身体の参加者で構成され、舞台上に新たな共存の可能性を探る試み。


各地でスタンディングオーベーションで迎えられたジェローム・ベルの新たな挑戦に


ご期待ください!


 


<公演詳細>


ジェローム・ベル『Gala−ガラ』


 


▼構想・演出:ジェローム・ベル


 


▼日時:120()15:00開演


121()15:00開演


 


会場:彩の国さいたま芸術劇場
大ホール
 


チケット(全席指定・税込)


SAFメンバーズ:S3,600円、A2,700


一般:S4,000円、A3,000


U-25*
S
2,500円、A1,500


(*U-25: 公演時25歳以下対象。入場時要身分証)



※当日券は各券種ともに+500


A席(サイドバルコニー・2階席の一部)は舞台の一部が見づらいお席です。予めご了承ください。
未就学児の入場不可。
2歳以上の未就学児対象の託児サービス有。有料/要事前予約)


 


チケット絶賛発売中!

お問い合わせ
財団チケットセンター TEL:
0570-064-939
10:0019:00/彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く)

 


★公演詳細


http://www.saf.or.jp/stages/detail/4148


 


トレイラー動画


https://www.youtube.com/watch?v=6HpEy3PIWRM

posted by アーツワークス at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2017年11月29日

12/28 TERRITORHYTHMプロデュース 2017年踊り納め?? 「Time to go 2017」


TERRITORHYTHMプロデュース

2017年踊り納め

Time to go 2017


痕跡・・・時間の経過。

記憶を辿る。

現在過去未来・・・止められない時間・・・変わらぬもの。  Time to go...


◎日程

20171228日(木)

15:00開演(14:30開場)

19:00開演(18:30開場)


◎会場

ムリウイ屋上劇場

世田谷区祖師谷4-1-22 3F(祖師ヶ谷大蔵駅北口商店街より徒歩5分)

http://www.ne.jp/asahi/cafe/muriwui/


◎チケット: 前売\2000 当日\2500

(共に1ドリンク別)


◎ご予約: SHARE

E-mail:  share11project@gmail.com

HP:http://yukari-ota.jimdo.com


◎演出/振付

太田ゆかり


◎出演

依田朋子

山ア麻衣子

加瀬菜々子

太田ゆかり


映像撮影        宮部勝之

○DM Design    yamasin(g)

企画制作         SHARE

主催      TERRITORHYTHM 太田ゆかり


image1.jpegimage2.jpeg

posted by アーツワークス at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2017年11月24日

【Dance Archive Network News 007】川口隆夫「大野一雄について」上演のお知らせ

2017年11月24日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演、3都市目となるさいたま市では、川口隆夫「大野一雄について」を上演します。合わせて展示・大野一雄映像上映もご覧ください。

●●● ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演 in さいたま ●●●
2013年8月に初演された川口隆夫「大野一雄について」は、ヨーロッパ各地、北南米、オーストラリア、韓国、インドネシアと世界各地で上演、高く評価され、ニューヨークにおける先鋭的なダンスやパフォーマンスに送られるベッシ―賞の2017年度OUTSTANDING REVIVED WORK(優秀再演作品)部門ファイナリストにもノミネートされた作品です。

*川口隆夫「大野一雄について」2017日本ツアー特設ページ http://www.kawaguchitakao.com/ohnokazuo/2017_japan_tour.html

2017年12月2日(土)・3日(日)15:00-17:00(開場14:30)
川口隆夫「大野一雄について」
会場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール(最寄り駅:埼京線与野本町駅〜新宿から快速で27分)

チケット(全席自由・税込)
一般前売3,000円 一般当日3,500円/U-25前売2,500円 U-25当日3,000円
※U-25 : 公演時25歳以下対象。入場時要身分証 ※未就学児入場不可
※オープンスタジオでは10%オフにてチケットを販売

コンセプト・演出・出演:川口隆夫 /振付:土方巽 大野一雄
ドラマトゥルグ・サウンド・映像:飯名尚人/照明:溝端俊夫/衣装:北村教子

◆川口隆夫「大野一雄について」オープンスタジオ(公開稽古)
川口隆夫がどう大野一雄にアプローチしているのか、進化しつづけるこの作品のクリエーションを目の当たりにできる機会です。

2017年11月26日(日)14:00〜18:00
見学無料(事前申込不要)
会場:彩の国さいたま芸術劇場・中稽古場2(1階)
*本公演チケットと大野一雄関連出版物を10%オフにて販売します。

◆大野一雄アーカイヴ映像上映
川口隆夫「大野一雄について」の出典となる、大野一雄のモノクロ映画「O氏の肖像」(1969)と「ラ・アルヘンチーナ頌」(1977) 初演映像を上映します。

日時:12月2日(土) 13:00 -14:10 「O氏の肖像」(1969)  
   12月3日(日) 13:00 -14:10 「ラ・アルヘンチーナ頌」初演(1977)
会場:彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール
*いずれかの日にちの「大野一雄について」公演チケットで両日の上映を観覧できます。映像ホール入口でチケットをご提示下さい。

◆展示「モダンダンスから舞踏へ」
さいたま芸術劇場はガレリアの天井が高く、大野一雄の写真が映える空間です。1959年のモダンダンス作品「老人と海」上演の際に、大野一雄がヘミングウェイに宛てた書簡草稿など、大野一雄アーカイヴ資料を展示しています。

展示期間:12月3日(日)まで 9:00〜22:00(11月27日は休館)
会場: 彩の国さいたま芸術劇場ガレリア/入場無料
(入口:劇場のレストラン「ペペロネ」の手前を左へ、総合インフォメーションを目指して進む)

*チラシのダウンロードはこちらから http://dance-archive.net/news_01.html 
*彩の国さいたま芸術劇場 http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/4149(トレーラーあり)

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2017 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系