2017年04月05日

4/14(金)時々自動『リハリハ3』

4/14時々自動『リハリハ3』
〜2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その3〜

シリーズタイトルを『リハリハ』と変えて、さあ来年の本公演の高みに向けて、ステップ五段飛ばしで駆け上がるぞ!とヒッチャキクールな時々自動が、今回は時々演劇の最強ツール「音楽」を駆使してみなさまを挑発いたします。
時々システムによる即興演奏で挑発いたします。
Shaggsまっ青の女性3人ユニットデビューで挑発いたします!
名古屋の伝説的ロックバンド『豆異℃』のボーカル、遠藤豆千代氏の登場で挑発いたします。
お馴染み時々スタンダードナンバーで束の間なごんでいただきます。
朝比奈尚行の時々自動初発表のオリジナル曲6曲で挑発いたします!
ダークファンタジー系新曲4曲で挑発いたします!
クージャミダンスの復活で挑発いたします!
トウシューズ履いたマヌカンショーで挑発いたします!
万障お繰り合わせのうえ足をお運びくださいますようお願いいたします。

朝比奈尚行
【リハリハ3 ティザーCF】
『Tokidoki Convention 1』
https://m.youtube.com/watch?v=AtXJfPsihI4&feature=youtu.be
************
2017年4月14日(金)
@STAR PINE'S CAFE
(吉祥寺駅北口徒歩3分・武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1)

open18:30 / start19:30
adv.¥2900+1drink / door.¥3200+1drink

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介 田村龍成
【出演】朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(sax) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 遠藤豆千代(vo) 三井耶乃(key) 和久井幸一(acc) / 柴田暦(vo) 寺田"Kisa"昌洋(KisamaAlternative)(dr) 中尾果(b)

【チケット取扱い 】
○時々自動 ticket@tokidoki-jido.com
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE'S CAFE(店頭販売のみ)0422-23-2251
posted by アーツワークス at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年12月08日

12/15(木) 時々自動『リハーサル・リハーサル2』


〜2018年秋に上演予定の『コンサート・リハーサル』に接近してゆくステップ公演その2〜

2016年12月15日(木)
STAR PINE’S CAFE (http://www.mandala.gr.jp/spc.html
JR中央線/井の頭線「吉祥寺」駅北口 徒歩3分

open18:30 / start19:30
adv.¥2900+1drink / door.¥3200+1drink

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介
【映像】和久井幸一
【出演】朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(per) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 和久井幸一(acc) / 柴田暦(vo) 関根真理(dr) 中尾果(b) 

【チケット取扱い 】
○時々自動 ticket@tokidoki-jido.com
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE’S CAFE(店頭販売のみ)0422-23-2251

【問い合わせ 】
時々自動 mail@tokidoki-jido.com
http://www.tokidoki-jido.com

CF→
https://www.youtube.com/playlist?list=PLf0rSD81f6VPMbavpXDBltJlAU8J5lBVm
インタビュー→ https://www.youtube.com/playlist?list=PLf0rSD81f6VMvR3g3GkT2XVJqQv5yWQNs
posted by アーツワークス at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年10月18日

12/15(木) 時々自動『リハーサル・リハーサル2』

時々自動『リハーサル・リハーサル2』
〜2018年秋の新作『コンサート・リハーサル』上演へ向けてのステップ公演その2〜

2016年12月15日(木)
STAR PINE’S CAFÉ (http://www.mandala.gr.jp/spc.html
JR中央線/井の頭線「吉祥寺」駅北口 徒歩3分

open18:30 / start19:30
adv.¥2900+1drink / door.¥3200+1drink

【構成・演出・音楽】朝比奈尚行
【音楽】今井次郎 鈴木光介
【映像】和久井幸一
【出演】朝比奈尚行(sax) 岡本唯(g) 岸山絵美(per) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 和久井幸一(acc) / 柴田暦(vo) 関根真理(dr) 中尾果(b) 

【チケット発売】10月27日(木)

【チケット取扱い 】
○時々自動 ticket@tokidoki-jido.com
*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。
○ STAR PINE’S CAFÉ(店頭販売のみ)0422-23-2251

【問い合わせ 】
時々自動 mail@tokidoki-jido.com
http://www.tokidoki-jido.com

CF→ https://youtu.be/VEylXeHnGBE
インタビュー→ https://youtu.be/1Lg3X54jWGM
posted by アーツワークス at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年09月26日

アーツカレンダー演劇情報投稿について

フェスティバル/トーキョー16



 



パク・グニョン×南山芸術センター



『哀れ、兵士』



作・演出 : パク・グニョン (劇団コルモッキル)



 



2016年10月27日(木)〜10月30日(日)



 



会場



あうるすぽっと



 



日程



10月27日(木) 19:30



10月28日(金) 19:30



10月29日(土) 14:00★



10月30日(日) 14:00



 



★=終演後、ポストパフォーマンストークあり



※その公演のチケットをお持ちの方は日時を問わず入場可(ただし終演後)



ゲスト



10/29 (土) 14:00の回   パク・グニョン×市村 作知雄 (F/T ディレクター)



 



上演時間



100分



 



言語



韓国語上演、日本語字幕



 



チケット



一般    3500円



当日券   4000円



学生    2300円※当日券共通。当日受付で要学生証提示



高校生以下 1000円※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示



 



※チケット払い戻し、観劇日時の変更はできません。※未就学児の入場はお断りいたします。※車椅子でご来場のお客様は、スムーズなご案内のためF/Tチケットセンターまでご連絡ください。※チケット料金には消費税が含まれます。※障害者割引 一般前売チケットのみご本人様10%OFF、付添いの方(1名)は無料。F/Tチケットセンター電話予約のみ取扱。(当日受付で要障害者手帳提示)



 



説明 



「生きたかった人々」の記憶が投げかける、「いま、ここ」への問い



劇団名でもある「路地」に生きる庶民の視点から、現代社会の諸問題に大胆に斬り込む、劇作・演出家パク・グニョン。『蛙』(2013)での元大統領をめぐる風刺表現をきっかけに助成金申請の辞退を強いられるなど、国家と芸術表現の間で格闘する彼が、南山芸術センターの協力を得て、この3月に発表した話題作がF/Tに登場する。2015年の脱走兵、1945年の朝鮮人特攻隊員、2004年のイラクで米軍に食品を納入していた業者、2010年に北朝鮮をのぞむペクリョン島付近で沈没した哨戒艇の乗組員たち。本作では、時間と場所の異なる4つの「生きたかった人々」のエピソードが併行して描かれる。国や社会に翻弄された彼らの生きた軌跡、時には笑いさえ交えた記憶の集積は、やがて重いパンチのような「歴史」となって、いまを生きる私たちに迫りくる。被害者/加害者とは誰を指すのか。戦争はどのように始まるのか。真の戦線は、どこにあるのか――。



 



公演サイト



http://www.festival-tokyo.jp/16/program/all_the_soldiers_are_pathetic/



 



チケット取扱い



F/Tチケットセンター festival-tokyo.jp



東京芸術劇場ボックスオフィス http://www.geigeki.jp/



チケットぴあ http://w.pia.jp/t/festival-tokyo/  [Pコード 561-202]



カンフェティ http://www.confetti-web.com/ft2016





としまチケットセンター http://owlspot.jp/



--------------------------以上、掲載希望------------------------------------


-----------------------------------以下、掲載希望--------------------------------------------

フェスティバルトーキョー16



 



Woodcutters
― 伐採 ―』



翻案・美術・照明・演出 : クリスチャン・ルパ



: トーマス・ベルンハルト



 



2016年10月21日(金)〜10月23日(日)



 



会場



東京芸術劇場プレイハウス



 



日程



10月21日(金) 16:00●



10月22日(土) 16:00○



10月23日(日) 13:00●



受付開始は開演1時間前、会場は30分前。



 



●=開演前、劇場ロビーにてプレ・パフォーマンストーク有り。



  10月21日(金)
15:10-15:40



  10月23日(日)
12:10-12:40



  ゲスト



  久山宏一(ポーランド広報文化センター ポーランド演劇・映画担当)



   ×横堀応彦 (F/T プログラム・コーディネーター)



 



○=開演前、劇場ロビーにて演出家によるスペシャルトーク有り。



  10月22日(土)
11:00-12:30



  ※要予約。定員50名



  ゲスト



  クリスチャン・ルパ   モデレーター 鴻英良(演劇評論家)



 



上演時間



260分(途中休憩20分あり)



 



言語



ポーランド語上演、日本語字幕



 



チケット



一般       5500円



当日券     6000円



学生    3000円※当日券共通。当日受付で要学生証提示



高校生以下 1000円※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示



 



※チケット払い戻し、観劇日時の変更はできません。※未就学児の入場はお断りいたします。※車椅子でご来場のお客様は、スムーズなご案内のためF/Tチケットセンターまでご連絡ください。※チケット料金には消費税が含まれます。※障害者割引 一般前売チケットのみご本人様10%OFF、付添いの方(1名)は無料。F/Tチケットセンター電話予約のみ取扱。(当日受付で要障害者手帳提示)



 



説明



スタイリッシュな空間に映し出される、芸術と社会の退廃



 洗練された空間設計と深い教養に裏打ちされた鋭い批評性で知られるポーランドの巨匠、クリスチャン・ルパの話題作がついに日本初演を迎える。オーストリアの作家、トーマス・ベルンハルトの小説をもとにした本作の舞台は、自殺した女優の葬儀の後に開かれた「アーティスティック・ディナー」。国立劇場の俳優、作家、ホストをつとめる地方劇場の支配人夫妻……パーティーに集う人々は、友人の弔いもよそに、いつものように酔い、不平不満と自虐、自慢の応酬を繰り広げる。いつ終わるとも知れぬ空虚な時間。だがやがて、彼らは本音を吐露し、互いを批判し始め――。



 実際の出来事をもとに執筆され、後に裁判沙汰ともなった原作の衝撃が、ルパの仕掛ける退廃的空間を通じて客席に伝播する。その辛辣な批判の刃は、グローバル化の下で自らの進む方向さえ見失った現代社会と理念なき芸術に容赦なく斬りかかる。



 



公演サイト



http://www.festival-tokyo.jp/16/program/woodcutters/



 



チケット取扱い



 



F/Tチケットセンター festival-tokyo.jp



東京芸術劇場ボックスオフィス http://www.geigeki.jp/



チケットぴあ http://w.pia.jp/t/festival-tokyo/  [Pコード 561-201]



カンフェティ http://www.confetti-web.com/ft2016


--------------------------------以上、掲載希望-------------------------------------

posted by アーツワークス at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年08月15日

9/30(金) 時々自動『リハーサル・リハーサル1』情報




















時々自動『リハーサル・リハーサル1


2018年秋の新作『コンサート・リハーサル』上演へ向けてのステップ公演その1





2016930日(金)





STAR PINE’S CAFÉ (http://www.mandala.gr.jp/spc.html


東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1   0422-23-2251


JR中央線/井の頭線「吉祥寺」駅北口 徒歩3


 


open18:30 / start19:30


adv.3300+1drink / door.3600+1drink


 


【構成・演出・音楽】朝比奈尚行


【音楽】今井次郎 鈴木光介


【出演】朝比奈尚行(voice) 岡本唯(g) 鈴木光介(tp) 砂川佳代子(cl) 高橋牧(acc) 田村龍成(vn) 日高和子(sax) 渡辺直美(tp) / 伊地知一子(vo) 三井耶乃(key) 和久井幸一(acc) / 関根真理(dr) 中尾果(b)


 


【チケット取扱い

時々自動 ticket@tokidoki-jido.com


*お名前、フリガナ、枚数、連絡先をお知らせください。


○ STAR PINE’S CAFÉ(店頭販売のみ)


 


【問い合わせ

時々自動 mail@tokidoki-jido.com


http://www.tokidoki-jido.com/




posted by アーツワークス at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年08月08日

(8/31〆切)本牧アートプロジェクト2016「本牧AIR」参加者募集中

4 回目を迎える「本牧アートプロジェクト」では、レジデンスプログラム「本牧AIR」を実施します。横浜・本牧の町に滞留することで生まれる創造活動を支援し、地域住民との交流を重ねるプログラムで、今年度若干名のアーティストを公募します。ディレクターからのメッセージをご覧のうえ、奮ってご応募くださ い。
詳細:https://www.facebook.com/events/583396378501580/

【募集概要】
実施時期:2016年10月1日〜12月中旬(2週間以上、期間は応相談)
募集人数:若干名(年齢・性別・国籍・ジャンル不問、ただし日本語でコミュニケーションがとれること)
活動内容:一定期間本牧エリアに滞在し、本牧アートプロジェクト2016において製作活動及び公開プログラムを行う。
応募〆切:2016年8月31日(水)
支援内容:本牧エリア内におけるスタジオ及び宿泊場所(個人宅)の提供/制作費5万円まで補助/人的サポートの提供
選考方法:ディレクターと本牧アンバサダーによる書類審査の後、面接(遠方の方はスカイプ面談)により決定。
主催:NPO法人Offsite Dance Project、本牧アートプロジェクト実行委員会
助成:横浜市地域文化サポート事業・ヨコハマアートサイト 2016/後援:横浜市文化観光局
参考URL: www.honmoku-art.jp/

【ディレクターメッセージ/石神夏希】
 「地域」という言葉は、「アート」という言葉に負けず劣らずあいまいです。文脈や場面によって場所を指すことも(地域≒場所)、そこで暮らす人々を意味することも(地域≒人々)、積み重ねられてきた営みの文化を指すこともあります(地域≒文化)。でも一番多いのは、それら全てを切り分けられない、しかも変わり続けるものとして丸ごと指し示したい時だと思います。
 4年目を迎えた本牧アートプロジェクトは、アーティスト、そして地域住民の「本牧アンバサダー」双方が手を結んで、新しい段階へと進みます。作品発表だけでなく、プロセスを含めて(つまり“プロジェクト”という言葉の本来の意味により忠実に)アートプロジェクトとして提示すること。地域にとっては、祝祭的 な非日常の中でアートを目撃するのではなく、日常の中により深く、長い期間にわたってアーティストたちを迎え入れることになります。そこにはコンフリクトが生まれるかもしれないし、慣れ合いだって生まれるかもしれません。彼らがその挑戦を通して何を感じ、何を考えるのか。そのプロセスもまた、言葉にしていきたいと思っています。
 他方、アートがその土地で暮らす人々の生活空間の中に入っていって、彼らの日常と接続しながら自律性と強度を持って成立するためには、おそらく既存の枠組 みとは異なる「自律性と強度の軸」を見つけなければいけません。地域で行われるアートプロジェクトは、「地域」が与えられた枠組み、そして「アートとは何 か」を規定する価値観の枠組みという2つの枠組みへの挑戦なのだと思います。
 地域がアートのために働くのではないし、アートが地域のために役立つのではない。私たちの人生が他の誰かのためにあるわけではないように、それらは別々の ものとして存在し、そして隣り合っています。お互いを尊重し、共にあること。アートが、あるいはアーティストが「問い」としてまちの中に存在し続けるこ と。それは、たとえ短期間であっても「本牧」がアーティストの人生の一部になるような体験を通して、可能になるのかもしれません。

〈本牧AIR公募にあたって〉
「アーティスト・イン・レジデンス」を説明する言葉はいろいろありますが(その分、とらえどころがないということでもありますが)私は本牧AIRを「アー ティストが、人生という限られた時間と空間を本牧というまちに投じること」だと考えています。そこからいったい何を得たいか、自分なりの答えを持っていれば、きっと楽しめるんじゃないかと思います。
公開プログラムの開催が条件になっていますが、作品はワーク・イン・プログレスの形式でも構いません。内容は自由です。ただアーティスト・イン・レジデンスの成果を評価するため、何らかの方法でプロセスを公開していただきたいと思っています。方法は相談しながら決めていくので、応募の際は決まっていなくて大丈夫です。起こることは作家次第だと思っています。詳しくは企画を通じて話しましょう。もし本牧というまちに興味を持っていたら、ぜひ応募してみてください。
posted by アーツワークス at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年07月15日

7/29(金)たちかわ創造舎・放課後シアター7月の公演は「星の王子さま」

たちかわ創造舎が、プロジェクト・パートナーのTheatre Ortと共に、毎月”劇場=演劇のための広場”をつくります。
「すべての場を劇場に」を合言葉に活動を続けるOrtの、大人もこどもも楽しめる「よみしばい」を平日夕方に上演。学校帰りに、夕食前に、買い物帰りに、上質な演劇を、気軽に、低価格で楽しめます!乳幼児連れの方、大人のみの方も歓迎します。
7月の上演作品は、砂漠に不時着した飛行士と星から来た少年の心の交流を描いた「星の王子さま」。王子は、なぜ、どんなふうにして地球にやってきたのでしょうか・・・。

放課後シアター 7月公演

『星の王子さま』

原作: サン=テグジュペリ

演出: 倉迫康史(たちかわ創造舎チーフ・ディレクター)

日時: 7月29日(金) 16:30〜17:10

  *開場・受付開始 16:15 *上演時間40分

料金: 大人400円 子供200円(中学生以下)

*予約不要。前売りなし。当日券のみ受付。

*乳幼児連れの方も可。

*大人のみ購入可能な回数券「あしながチケット」も当日発売。

 ご自身で使うことも、子どもたちに観劇を寄付することもできます。

出演: Theatre Ort(シアター・オルト)

問合せ: たちかわ創造舎

Tel.042-595-6347(平日9:00 〜17:00)

 info@tachikawa-sozosha.jp

  http://tachikawa-sozosha.jp/

主催: たちかわ創造舎

企画・運営: Theatre Ort

posted by アーツワークス at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年07月09日

【明日7月10日(日)!!】F/Tサポーター オープンデー開催!

フェスティバル/トーキョーで昨年より始動したサポーター企画。
【フェスティバル運営サポート】【プロジェクトサポート】【自主活動】の3本柱で、人とコミュニティを育むプログラムを展開してきましたが、
今年度はサポーターって、いったい何をするんだろう……? という方のために、登録なしで活動のお試し体験ができるオープンデーを開催します!

気になってはいるけれど足が向かない……、どんな活動が合っているのかな?まずはこちらに参加してみてください!
来る7月10日(日)は、今年フィナーレを迎える「にしすがも創造舎」にて開催!当日のスケジュールを参照のうえ、ふらっとお越しください!

【日時】7月10日(日)13時〜17時 出入り自由
【会場】にしすがも創造舎 1階教室
【活動内容】フェスティバルFUKUSHIMA!「盆踊り隊」「縫い隊」、自主活動@


◆プロジェクトサポート
フェスティバルFUKUSHIMA!のスケジュール
☆プロジェクトFUKUSHIMA!からは美術家・中崎透さん、小野慎太郎さんが参加☆
13:00-14:00 プロジェクトFUKUSHIMA!ってなに?話を聞いてみよう
14:00-14:30 オリジナル盆踊りを踊ってみよう
–30分休憩– 福島の銘菓を食べよう
15:00-16:30 作りTIME!フェスティバルFUKUSHIMA!を盛り上げる会場の装飾を作ってみよう
16:30-17:00 最後はオリジナル盆踊りでフィナーレ

◆自主活動のスケジュール
13:00-13:10 あいさつ、本日の時間の過ごし方の説明など
13:10-16:30 「音あつめ&音スケッチ」と「音マップづくり」を交互に行います。出入り自由です。
16:30-17:00 感想共有
※にしすがも創造舎に広がる「音」をみんなで集めて、それを目に見えるMAPにするプログラムです!

【お問合せ】
フェスティバル/トーキョー実行委員会事務局
F/Tサポーター担当
Tel : 03-5961-5202 (オープンデー当日のみ 070-1426-1328) Fax : 03-5961-5207
住所:〒170-0004 東京都豊島区北大塚1-15-10東部区民事務所3階

posted by アーツワークス at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年06月15日

6/30締切 時々フレンズ募集!

IMG_2795.JPG

"時々フレンズ"募集!

friends


時々自動は2018年秋に上演予定の新作『コンサート・リハーサル』に向けて
"時々フレンズ"(*)を募集します。*時々フレンズ・・・時々自動は現在、朝比奈尚行を中心とした8人のコアメンバーで運営されています。時々フレンズは時々自動のサポートメンバーで、コアメンバーと一緒に日常リハーサルや作品の製作プロセスに自由に参加できます。ただし、劇団の会議での議決権はありません。



音楽で演劇する劇団・時々自動の俳優に要求されるもっとも重要な俳優術は音楽を楽しむ術(すべ)です。 演劇も好きだけど、音楽はもっと好きという人はもちろん、スタッフワーク(制作・美術・映像等)希望者も大歓迎です。ご質問などお気軽にお問い合わせください。

 

◯2016年の活動予定:

小公演 9月 『リハーサル・リハーサル1』

12月 『リハーサル・リハーサル2』 

 

応募条件:劇団運営費として月額3000円の会費が支払える方 

 

応募方法:下記を明記の上、件名を「フレンズ応募」とし、メールにてご応募ください。

数日中に折り返しご連絡いたします。 

・氏名・連絡先・年齢・希望(出演/スタッフワーク)

・音楽経験の有無・志望動機・簡単なプロフィール

 

応募・問い合わせ先:mail@tokidoki-jido.com

応募締め切り:6月30日 

 

積極的な応募をお待ちしております! 

2016年4月 時々自動 



posted by アーツワークス at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年05月02日

応募締め切り:5月31日"時々フレンズ"募集!

"時々フレンズ"募集!

時々自動は2018年秋に上演予定の新作『コンサート・リハーサル』に向けて
"時々フレンズ"(*)を募集します。

*時々フレンズ・・・時々自動は現在8人のコアメンバーで運営されています。
時々フレンズは日常リハーサルと作品の製作プロセスに自由に参加できます。

音楽で演劇する劇団・時々自動の俳優に要求されるもっとも重要な俳優術は

音楽を楽しむ術(すべ)です。

演劇も好きだけど、音楽はもっと好きという人、歓迎します。

スタッフワーク(制作・美術・映像等)希望者も大歓迎です。

ご質問などお気軽にお問い合わせください。

 

◯2016年の活動予定:

小公演 9月 『リハーサル・リハーサル1』

12月 『リハーサル・リハーサル2』

 

応募条件:劇団運営費として月額3000円の会費が支払える方

 

応募方法:下記を明記の上、件名を「新メンバー応募」とし、メールにてご応募ください。

数日中に折り返しご連絡いたします。

・氏名・連絡先・年齢・希望(出演/スタッフワーク)

・音楽経験の有無・志望動機・プロフィール(簡単で構いません。)

 

応募・問い合わせ先:mail@tokidoki-jido.com

応募締め切り:5月31日

 

積極的な応募をお待ちしております!

2016年4月 時々自動

posted by アーツワークス at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年04月27日

5/2-4【神奈川の劇作家×大阪の高校演劇部!】趣向ジュニア「大阪、ミナミの高校生」

マグカルシアター参加
趣向ジュニア『大阪、ミナミの高校生』
作・演出:オノマリコ(趣向) 出演:精華学園精華高等学校演劇部
2016年5月2日〈月〉〜4日〈水祝〉
神奈川県立青少年センター多目的プラザにて

****************

2013年から親交のある大阪の精華学園精華高等学校演劇部をタッグパートナーに作品をつくります。
近ごろ高校生の演劇を見ているうちに、その地域ごとの演劇のちがい、また地域ごとの高校生たちのちがいに興味をひかれるようになりました。
その一端を、今公演でお見せできればと思います。
大阪の1円は神奈川の1円とはちがう。
大阪の1mは神奈川の1mとはちがう。
大阪の1人は神奈川の1人とはちがう。
わたしとあなたはそもそも全然ちがう。
だからわかりあえないかもしれない。だけどどうやら愛し合える。

趣向主宰・劇作家 オノマリコ

◆タイムテーブル
5月2日〈月〉17:00〜
5月3日〈火祝〉14:00〜/17:00〜
5月4日〈水祝〉14:00〜
*受付開始は開演40分前、客席開場は開演15分前
*各回ポストパフォーマンストークあり

◆会場
神奈川県立青少年センター多目的プラザ
(〒220-0044 横浜市西区紅葉ケ丘9番地の1)

◆アクセス
《鉄道》
JR根岸線「桜木町駅」下車、「北改札」(西口)から徒歩約8分
横浜市営地下鉄線「桜木町駅」下車、徒歩約10分
京浜急行線「日ノ出町駅」下車、徒歩約13分
《バス》横浜駅東口から横浜市営バス(8、26、58、89、105系)「紅葉坂」下車、徒歩約4分 もしくは横浜市営バス(103系)で「戸部1丁目」下車、徒歩約2分

◆チケット(税込)
・前売り券 \2,000
・当日券  \2,500
・Under18   \0 *18歳以下の方は無料にてご観劇いただけます。

《予約フォーム》
一般チケット予約URL:https://www.quartet-online.net/ticket/sj1
Under18チケット予約URL:http://qq2q.biz/t6H5
《メール》
メールタイトルを「チケット予約」とし、@お名前、Aご来場日時、B券種(「一般」もしくは「under18」)、C枚数、Dご連絡先を明記してください。

*チケット料金は当日受付にて御支払いください。
*小学生以下はご入場いただけません。
*車椅子でのご来場については、事前に趣向までお問い合わせください。

◆お問い合わせ
趣向制作部
Twitter: @shukoushukou

posted by アーツワークス at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2016年04月14日

4/17&4/29【劇団キンダースペース ワークユニット2016メンバー募集!】

【劇団キンダースペース ワークユニット2016メンバー募集!】

ワークユニットは基本的に、週4日、10時から13時、キンダースペースアトリエにて、継続的な訓練と発表の場を提供しています。
何より、演技者が自ら考え、活用し、表現者として成長していく機会とすること、互いの感性を刺激し合うことの出来る「創造者の場」としていくこと、を提案しています。
これまでにのべ100名のメンバーが、ワークユニットを修了して参りました。

・舞台に立つことを経験したい人
・他の団体に所属しながら活動したい人
・演劇初心者の方も
・劇団キンダースペース入団希望の方も
是非、説明会にいらしてください。

第一回 4月17日(日)11:00〜
第二回 4月29日(金・祝)11:00〜
会場 劇団キンダースペースアトリエ

劇団キンダースペース劇団員と共に演劇の「場」を楽しみましょう。
詳細はこちら↓
http://www.kinder-space.com/bekko/www/wu/wuframe/frame.html

メール post@kinder-space.com
皆様のご参加をお待ちしております。
posted by アーツワークス at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系