2020年07月30日

秋の夜のオンライン映画祭 プレスリリース第1弾[協力事業]

アーツカレンダー 様



平素よりお世話になっております。

 

8月から9月にかけて、オンラインで楽しめる2つの映画祭をご案内申し上げます。



・「国際ダンス映画祭」

Dance and Media Japanが2003年より開催する身体にフォーカスした国際映画祭です。今回は「傑作選」として、2006〜2015年の上映作から選定した18作品と、フランスの新鋭ルイーズ・ナルボニ監督による2作品を、5週にわたって上映します。



・「身体を巡る映画祭」

東京造形大学プロジェクト科目の一環で、学生がキュレーションを担う映画祭です。世界の映画作品と積極的に関わりを持ってほしいという願いから、この度「国際ダンス映画祭」と提携開催することとなりました。





各イベントの詳細は、以下をご覧ください。

 

ニュース・トピック =====================================

国際ダンス映画祭 + 東京造形大学プロジェクト科目

1. 「国際ダンス映画祭 傑作選」 2020年8月〜9月・全5回

2. 学生キュレーション「身体を巡る映画祭」 2020年8月22日〜29日

=====================================================

 



---------------------------------------------------------------------------

1. 国際ダンス映画祭 傑作選

    2020年8月26日〜9月23日 毎週]21:00〜24:00

---------------------------------------------------------------------------

 





■ 特設ウェブサイト:http://www.dance-media.com/videodance/best2020/



来月8月末より5週間にわたって、「国際ダンス映画祭 傑作選」を開催します。

これまでに上映してきた中から選りすぐった18作品を、物語・風景・変身・映像という4つの視点からコンピレーションし、各回1時間弱の週替わりのプログラムを組みました。さらに監督特集として、「国際ダンス映画祭2019」で好評を博した『グレート・ゴースト』の監督であり新進気鋭の映像作家、ルイーズ・ナルボニの2作品を上映します。

本年5月のゴールデンウィーク期間に開催した「国際ダンス映画祭ONLINE 2020」には、国内外から予想以上に多くのアクセスがあり、人数の制約なく、国や距離も超えてある時間を共有できるオンライン開催の強みを実感しました。

「傑作選」と題して過去の上映作品を再度取り上げることにした背景には、アーカイヴを「保存」するだけでなく積極的に「公開」したいという意図があります。今回の上映作はいずれも、時を経てなお色褪せない強度を備えています。

毎週水曜の夜、全5回のプログラムを通じて、ダンス映画の魅力をたっぷりお届けします。


—— 飯名尚人(国際ダンス映画祭 キュレーター)


 

【日時】






























8月26日[水]

21:00〜24:00

 A. 隠された物語(5作品)

9月02日[水]

21:00〜24:00

 B. 風景の中で(5作品)

9月09日[水]

21:00〜24:00

 C. ダンス映画監督特集:ルイーズ・ナルボニ(2作品)

9月16日[水]

21:00〜24:00

 D. 踊りと変身(4作品)

9月23日[水]

21:00〜24:00

 E. 映像の視点(4作品)



【閲覧方法】

上記の時間帯に、特設ウェブサイト上でご覧いただけます。(登録不要・無料)

http:// http://www.dance-media.com/videodance/best2020/



 

【プログラム詳細】

全20作品(ベルギー、イタリア、デンマーク、ドイツ、オランダ、アルゼンチン、イスラエル、スペイン、フランス、カンボジア、スロバキア、イギリス) 



A. 隠された物語

2020年8月26日[水]  21:00〜24:00



 

B. 風景の中で

2020年9月2日[水]  21:00〜24:00



 

C. ダンス映画監督特集:ルイーズ・ナルボニ

2020年9月9日[水]  21:00〜24:00



 

D. 変身

2020年9月16日[水]  21:00〜24:00



 

E. 映像の視点

2020年9月23日[水]  21:00〜24:00



 



主催:国際ダンス映画祭、Dance and Media Japan

協力:東京造形大学 プロジェクト科目

キュレーション:飯名尚人

渉外・翻訳:黒田瑞仁

制作協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想


 

---------------------------------------------------------------------------

2. 学生キュレーション「身体を巡る映画祭

    2020年8月22日〜29

---------------------------------------------------------------------------

 





■ 特設ウェブサイト: http://dance-media.com/videodance/zokei/project2020/



東京造形大学 プロジェクト科目「映画祭プロジェクト」は、学生自身がキュレーターとなってひとつの映画祭を作り上げる実践型の授業です。映画・映像専攻に限らず、様々な選考の学生が参加しています。

現在、新型コロナウィルス流行の影響により、授業はすべてリモートで実施しています。このような状況下で、実際に会場を借りて上映会を行うのは感染防止対策の面でも難しいという判断から、前期はオンラインで開催することになりました。

16名の学生が「身体と映像」を共通テーマに、映画作品のキュレーションや、新作映像の制作を行い、発表します。その際作品の上映だけでなく、キュレーターとしての作品解説、インタビューなど、作品に関するテキストをWEBサイトに随時アップしていくことで、オンラインの特性を活かした作品発表方法を探るとともに、批評と自己分析の力を鍛えます。

東京造形大学には、「ビデオダンス演習」「映像身体演習」など、身体と映像を扱う授業が複数あり、このプロジェクト科目もその流れの中に位置づけられます。コロナ下において、学生たちは「身体と映像」をどのような眼差しで見つめているのでしょうか。他者と対話し、思考を深め、導き出したひとつの形をぜひご覧ください。

 

【日時】

2020年8月22日[土]〜29日[土]

 

【閲覧方法】

会期中はいつでも、特設ウェブサイト上でご覧いただけます。(登録不要・無料)

http://dance-media.com/videodance/zokei/project2020/

 



【上映作品】

「にわとり」、「The Sun Also Rises」、「a shed for substance」、「chapter」、「fr(l)esh」、「What I see」、「sacrament」、「帆は千の風任せ」、「不在の記憶」(仮)、「Umbrella」、「だらだら」(仮) ほか

 

【プロジェクト参加者】

小林竜太朗、桑原咲羽、XIONG WENDI、中山輝、宮田雅楽、山崎未樹、山本和、小林亜裕美、須田貴哉、黒瀧藍玖、伊堂寺夏鈴、大嶋はな、岡元飛夏、津波古若菜、百瀬賢一、YANG HENGSI

 



主催:東京造形大学 プロジェクト科目

提携:国際ダンス映画祭

翻訳:黒田瑞仁

制作協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想、Dance and Media Japan


 

 

本件についてのお問い合わせ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。 

ご紹介をご検討いただけますよう、よろしくお願い申し申し上げます。

 

===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:呉宮)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Tel : 03-3582-9273



Facebook / Twitter / Instagram

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。

 
posted by アーツワークス at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187755780
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック