2020年02月09日

'20. 2. 2. 田上パル vol.18 『Q学』








'20. 2. 2. 田上パル vol.18 『Q学』


会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール





 観終えて作品タイトルの意味が、休学でも究学でもなくてまるでピンと来なかったのが残念だったけれども、一線に並んだ女子高生たちの手拍子と共に繰り返される「演劇!」の声で始まり終わった芝居を観ながら、“演劇”なるものを信じ称える作り手の想いが伝わってきたように感じられて、何だかえらく心打たれた。


 既に還暦も過ぎ、もう何十年来と聴き馴染んでいる♪あの素晴らしい愛をもう一度♪をかように感慨深く聴いたのは、初めてのように思った。舞台となったとある高校の表現選択科目「演劇」の授業の発表演目として取り上げられた太宰の『走れメロス』にまつわる速度ネタは、何年か前に中学生が取り上げて話題になったことに端を発したものだった覚えがあるが、メロスの走りが♪命〜懸けてと〜誓った♪ものだったか否かはともかく、軍曹と仇名された坂口(とみやまあゆみ)が来ることを願って走り続ける級友たちの姿が面白く、遅れに遅れて到着した坂口に浴びせかけられる張り扇の嵐が、十代の特権のように感じられて眩しかった。


 田上豊の作品を観るのは、二年前に観た『報われません、勝つまでは 土佐弁ver.』の現役高校生版・かつて高校生だった者たち版公演<http://arts-calendar.sblo.jp/article/182881544.html >以来なのだが、高校生たちの活き活きとしたエネルギーを見事に掬い取っていて実に好もしかった。会場で配布されたリーフレットによれば、本作は、作者の田上が二十代の中盤に実際に高校で非常勤講師の仕事をしていて体験したことがベースになっているそうだ。それゆえの力だったかと得心がいった。


 また、公演に引き続き披露された公開ワークショップも、演劇なるものの力と妙味を愉しく深く伝えていて、とても興味深いものだった。なかなかいい企画だったように思う。








  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187141378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック