2020年01月23日

Butoh Research シンポジウム&パフォーマンス「舞踏という何か」[2020.2.11 日比谷図書文化館]


アーツカレンダー 様


 



平素より大変お世話になっております。


 


NPO法人ダンスアーカイヴ構想では、2017年から3年間にわたって、アーツカウンシル東京の助成のもと、舞踏の実践者を対象にしたアンケート調査を行ってまいりました。


来る2月11日に、本事業の報告会を開催するはこびとなりましたので、以下にご案内申し上げます。


 


お越しいただきました方には、特典として新刊『舞踏という何か』を進呈いたします。


通常書籍のみで税込1,650円のところ【報告会の入場料込みで1,500円】と大変お得な価格となっております。


 


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。





 


-------------------------------------------------------------------------


「舞踏という何か」 シンポジウム&パフォーマンス


-------------------------------------------------------------------------



[日 時]2020年2月11日(火祝) 13:00〜15:45(12:30開場)


[会 場]千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)  

[入場料]書籍付 1,500円(事前予約制・当日精算)



2017年度から国内外で実施したアンケート調査の成果と課題を報告し、舞踏の未来とアーカイヴの可能性を展望します。日本に生まれ世界中に広まった舞踏は、今日各地に根を下ろしながら多様な発展を遂げています。2020年現在の舞踏の姿は、どのように捉えることができるでしょうか?この身体芸術は、いかにアーカイヴできるでしょうか?




【3つの見どころ】


* 舞踏家・向雲太郎が調査結果を引用してスペシャルパフォーマンスを実施

* 同日刊行の書籍の内容をかいつまんで解説


* 中野テレプシコールと東京芸術劇場からパネリストを招聘

 



 


■■■ プログラム ■■

1)調査報告


・報告者:松岡大(NPO法人ダンスアーカイヴ構想理事)、石山星亜良


 


2)シンポジウム&パフォーマンス


アンケート調査結果を手懸かりに、いまだ輪郭の不確かな“舞踏”に迫る試み。パフォーマンスとシンポジウムの間をシームレスに行き来しながら「舞踏という何か」を考察する。


・パフォーマー:向雲太郎


・パネリスト:秦宜子(テルプシコール)、立石和浩(東京芸術劇場)




 


\2月11日刊行! 新刊『舞踏という何か』


B5判フルカラー144頁。2017〜18年の調査結果を図表を交えて解説、また2019年のアンケート回答を画像とあわせて完全掲載します。加えて、国外に拠点を置いて活動する舞踏家6名の寄稿、日本で舞踏を見続ける外国人リサーチャーの特別寄稿、現在活躍する第三世代の舞踏家7名のエッセイ「精神のリレー」を収録。定価1,500円+税。






(紙面イメージ)


 



■■■ チケット取り扱い ■■■





※ ご来場の方には新刊『舞踏という何か』(定価1,500円)を進呈いたします。

※会場定員の都合により、先着50名で予約を締め切らせていただきます。


※入場料は、当日受付にてお支払いください。






■■■ 略  歴 ■■■


□ 向雲太郎(むかい くもたろう)


2014年、舞踏家集団“デュ社”を旗揚げ。2013年〜16年、セゾン文化財団 シニアフェローシップ。18年より拠点を関西に移転。舞踏とは何か?と問いながら、面白いということにこだわり作品を創り続けている。また日本国内はもとより世界各地でも身体への様々なアプローチを試みるワークショップを開催している。


 


□ 立石和浩(たていし かずひろ)



1984年、パルコ入社。パルコ劇場、パルコスペースパート3で蜷川幸雄、如月小春、川村毅、飴屋法水などの舞台を担当。89年にマガジンハウスに入社し『BRUTUS』『クロワッサン』などの編集に携わる。一方でトヨタコレオグラファーアワード、横浜ダンスコレクションの審査にも協力。2018年より東京芸術劇場に勤務。主に舞踊、フェスティバル企画、海外招聘・共同制作を担当している。


 


□ 秦宜子(はた よしこ)


70年代前半、舞踏に出会う。1981年、舞踏家・大森政秀とともに東京都中野区にスタジオ「テルプシコール」を設立。以来39年間、舞踏や実験演劇の劇場兼稽古場として、数々のアーティストの活動を支えてきた。テレプシコールの名は、舞踊評論家の故・市川雅より。85年より「舞踏新人シリーズ」を企画、今日まで継続している。





主催:NPO法人ダンスアーカイヴ構想


協力:大野一雄舞踏研究所、土方巽アーカイヴ(慶應義塾大学アート・センター)、公益財団法人セゾン文化財団


助成:アーツカウンシル東京 (公益財団法人東京都歴史文化財団)








 


=====================================


NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net/

E-mail:press@dance-archive.net

TEL:03-3582-9273

Facebook / Twitter / Instagram


=====================================

posted by アーツワークス at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187071556
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック