2019年12月04日

【Dance Archive Network News 027】新刊のお知らせ

2019年12月4日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)
Facebook : @DanceArchiveNetwork Twitter : @dance_archive

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ダンスアーカイヴ構想編の書籍が発売されました。

●●● 『これはダンスか 「大野一雄」は終わらない』 ●●●
2018年9-12月に若山美術館 (東京・銀座)にて開催された、生活者としての大野一雄に焦点をあてた展覧会「大野一雄展 日常の糧」の図録が発行されました。未公開のスナップ写真を含めた200点のカラーとモノクロの写真、4通の私信、6人の近しい人々の証言により、「大野一雄」の空気を伝えます。

NPO法人ダンスアーカイヴ構想編/若山美術館発行・有限会社かんた発売/A5判ソフトカバー/160ページ/日英完全対訳/ISBN 978-4-902098-10-5/販売価格:1,980円(税込)
販売場所:若山美術館、大野一雄舞踏研究所公式サイト、全国書店にて

目次より: 幼稚園/稽古場/老人と海/イエスの招き/100歳/衣装/アントニア・メルセ/ボイラー室/聖劇/ラ・アルヘンチーナ頌/体育教員/モダンダンス/戦争体験/死海/家族/花、草、動物
―大野一雄を語る:三戸部恵美子・岩村加恵子(上星川幼稚園)、天野功(元捜真バプテスト教会牧師)、中島昭子(捜真学院学院長)、大野美加子(大野慶人長女)、大野悦子(大野慶人夫人)、ヨネヤマママコ(マイムアーティスト)
―大野一雄からの手紙:ヘミングウェイへ/ナンシーから/弟子・山口直永へ/戦線より

詳細は大野一雄舞踏研究所公式サイトにて→ http://www.kazuoohnodancestudio.com/ec/p20014.html

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2019 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186881717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック