2019年11月03日

能×現代音楽×アート“Nopera 葵 AOI”








'19.11. 3. 能×現代音楽×アート“Nopera 葵 AOI”


会場:高知県立美術館能楽堂





 僕は能もオペラも、数える程しかライブ公演を観たことのない門外漢だし、Nopera はノペラであって、能でもオペラでもないと言われればそれまでなのだが、能の動きの象徴性を楽しむには様々な音の響きに気を逸らされるし、オペラを冠する作品にしては華美やスケール感からは程遠い、妙に焦点の定まらない散漫な舞台のように感じた。


 隣席が、プレトークのときから鼾を洩らしている女性と、本番中ずっと咳込んでいる女性のこうべった装いの二人連れで、大いに気が削がれて集中できなかったということもあるけれど、何よりも六条御息所の年増の怨念の凄みが伝わってこなかったのが残念だった。


 演者がとても若々しい女性(青木涼子)だったこともあって仕方がないのかもしれないが、衣装にしても音作りにしても、奇抜なことをすればいいというものではないよなぁとの想いが湧いた。当日配布のリーフレットに記されていた「…衣装はデコ電と往年のアイドル(「怨念のアイドル」を掛けた駄洒落w)の顔の刺繍が九つ入った布団。布団は葵上の病床、または六条御息所と光源氏の情事のアイテムから…」というようなノリが災いしているのかもしれない。


 音楽(作曲:馬場法子)の演奏自体は、なかなか興味深く、さまざまな音の響きが出てくるたびに、どの楽器を使っているのか、オケボックスと能舞台の双方を目が行き交った。なにせ能舞台には、張り渡された糸電話のみならず、見慣れぬ音出し装置が種々置いてあり、パーカッショニスト(池上英樹・畑中明香)が大活躍するのだ。そのうえで、チェロ(多井智紀)を始めとする弦楽器や、バスーン(中川日出鷹)を始めとする管楽器が、聞き慣れない響きを発し、密やかなコーラスまで行うのだから、そのぶん自ずと能舞台での動きを注視できなくなってしまった。


 奇抜さや物珍しささえあれば面白がれる向きには、能舞台という設えも含めて、確かに恰好のパフォーマンスだったのかもしれないが、僕にとっては、音楽と能がうまくコラボしているとは思えない舞台だった。あれだけ音楽が強くて、衣装があざといと、演出(佐藤美晴)は、さぞかし大変だったろうなぁ。









  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186764421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック