2019年01月15日

三善晃「マリンバの世界」

三善晃「マリンバの世界」
Tribute to Miyoshi

 

201926日(水)19時開演
杉並公会堂小ホール
一般:5000
学生:3000

 

出演:加籐訓子・篠崎陽子・原順子・鈴木彩

 

プログラム

 

三善晃 - 組曲「会話」独奏マリンバのための(1962
三善晃 -トルスV 独奏マリンバのための (1968)
三善晃 -トルスV 3台のマリンバのための (1973)
三善晃 -協奏的練習曲 2台のマリンバのための (1977 rev 1979)
三善晃 -リップル 独奏マリンバのための (1991)
三善晃 - 六つの練習前奏曲2本マレットのマリンバのための(2001)

 

 

主催:kuniko kato arts project | 芸術文化ワークス
*この演奏会は inc.extentionkuniko kato arts project アーティストインキュベーション inc.のエクステンション事業です。

 

マリンバの歴史を辿ると我が師である安倍圭子の名とともに、三善晃のマリンバ作品が時代とともに浮かび上がる。桐朋学園在学中に学長であった三善先生を偲んで、師の作品を思い返してみる。一つ一つの音を原石から丁寧に磨いてゆくと、まるでピアノのようにキラキラと輝きだし、ボイスのようにうねり出す。三善先生がこの世に残してくださった素晴らしい作品をこの先もずっと大切にしたい。

 

加籐訓子(写真・プロフィール)

 

 

篠崎 陽子(しのざき ようこ)
YOKO SHINOZAKI

 

桐朋学園大学音楽学部打楽器科卒業。
マリンバを安倍圭子、林道代、木村陽子、打楽器を佐野恭一各氏に師事。
17回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。第12"長江杯"国際音楽コンクール第2位入賞(1位なし)。第14JILA音楽コンクールマリンバ部門第1位。第44TIAAクラシック音楽コンサート出演、および特別賞受賞。ソロリサイタルを各地で開催。現在、コンサート活動を中心に、テレビ番組のレコーディングや「飛鳥ll」にて演奏するなど、幅広く活動中。2014年ソロアルバム「Nozomi =明日への希望」をリリース。  http://www.upf-marimba.com/

 

原 順子(はら じゅんこ)
JUNKO HARA

 

桐朋学園大学音楽学部打楽器科卒業。同大学研究科修了。
マリンバを安倍圭子、田代佳代子、香椎愛子、打楽器を佐野恭一、塚田吉幸の各氏に師事。
桐朋学園大学研究科在学中、東京文化会館 安倍圭子レクチャーコンサート「祝典と音楽」シリーズ 第3回 「日本発信の輝かしきマリンバ音楽の歴史」にてソリストとして出演。安倍圭子氏と共演。
文化庁主催「子供の育成事業」として東京フィルハーモニー交響楽団の巡回公演に出演。地元佐賀県でマリンバリサイタルを開催。2017年パーカッションアンサンブルグループ"ハッチポッチクインテット"よりCD「 Hotchpotch's Favorites! 」をリリース。

 

鈴木 彩(すずきあや)
AYA SUZUKI 

 

桐朋学園大学音楽学部打楽器科卒業、同大学研究科修了。 
マリンバを安倍圭子、加藤訓子、打楽器を佐野恭一、塚田吉幸の各氏に師事。
2012年日本打楽器協会主催「マリンバスピリチュアルコンクール」第一位、三木稔賞受賞。日本打楽器協会主催新人演奏会に出演、新人賞受賞。 2014年ポーランド国際打楽器コンクール マリンバ部門シニアの部 第1位、 併せてグランプリを受賞。 現在ベルギー・ゲント音楽院に留学中。 
クラシカルな枠にとらわれず、ダンサーやライヴぺインティングとコラボレーションするなど、パフォーミングアーツの分野にも精力的に携わっている。
<<miyoshi_fb_sm.pdf>>
T R ー B 
ノ 
5 
釜 晃 「 マ リ ン バ の 世 界 」 
加 籐 訓 子 ・ 纏 崎 陽 子 ・ 原 順 子 ・ 鈴 木 彩 
2 0 1 9 年 2 月 6 日 ( 水 ) い 回 ~ 
プ ロ グ ラ ム 、 第 キ ” 
杉 並 公 会 堂 小 ホ ー ル 
- 六 つ の 習 前 鼓 」 本 マ レ ッ ト の マ リ ン パ の た め の 
ャ ー 1 0 0 ・ 3 点 メ い ! 3 5 
- 川 曲 「 ・ 語 」 奏 マ リ ン の に め の 
- ト ん ス 川 社 を マ リ ン パ の た 、 5 J) 
- リ ッ プ ル 社 交 マ り ン パ の た め の 
5 0 0 0 門 、 “ 
協 を 的 は 習 曲 2 作 の マ リ ン パ の た の 
3 , に い 門 
- ト ん ス 「 3 物 の マ リ ン パ の た め の 
【 フ レ イ 当 イ ト ー 
ご 手 約 お 合 せ 】
posted by アーツワークス at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185386221
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック