2018年08月22日

【Dance Archive Network News 020】「緑のテーブル2017」東京公演のお知らせ

【Dance Archive Network News 020】「緑のテーブル2017」東京公演のお知らせ
2018年8月22日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「緑のテーブル2017」東京公演と国際ダンス映画祭・巡回プログラムについてお知らせします。

●●● 「緑のテーブル2017」東京公演 ●●●
http://www.dance-archive.net/jp/news/news_12.html

2017年に神戸で初演された「緑のテーブル2017」。2018年4月の名古屋公演を経て、この9月に東京公演が実現します。ウィークデーの夜、リフレッシュしてダンスを楽しんでいただけるよう、会場ではドリンクや軽食もご用意します。東京公演では、大野一雄舞踏研究所から4名の研究生も出演します。

2018年9月5日(水)・6日(木) 20:00〜
会場: ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター(東京都港区赤坂7-5-56  https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/tok/ueb/kon.html )
チケット:[前売り]一般3,000円/ 学生2,500円/ 団体割引(5名) 12,000円
     [当日] 一般・学生共3,500円

<チケット取扱い>
チケットカンフェティ http://confetti-web.com/greentable2017
Tel: 0120-240-540(通話料無料・平日10 :00〜18:00 土日祝日はご利用頂けません)
※カンフェティのチケット発券手数料はダンスアーカイヴ構想が負担します。

振付:岡登志子/ 美術:廣中薫
出演:垣尾優、桑野聖子、糸瀬公二、文山絵真、佐藤健大郎、山井絵里奈、村田圭介、佐伯春樺、奥響子、岡登志子、大野一雄舞踏研究所研究生(久世龍五郎、目次立樹、宇賀神智、友井亮輔)
特別出演:大野慶人 
音楽協力:田村ゆう子

主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想/共催 有限会社かんた/ 特別協力 ゲーテ・インスティトゥート/東京ドイツ文化センター/ 協力 大野一雄舞踏研究所、アンサンブル・ゾネ/助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

●関連企画「アペロ!アペロ!」
「アペロ」は、アペリティフ(食前酒)のこと。お仕事帰りに、まずはドリンクと軽食で一息つきませんか?
料金:ドリンク(ビール、ワイン、ソフトドリンク)と軽食のセット 一律500円
19時から開演時間まで、会場ロビーにて

→詳細情報 http://www.dance-archive.net/jp/news/news_12.html (チラシのダウンロードあり)
→ダンスアーカイヴ構想会報12号 
http://www.kazuoohnodancestudio.com/common/pdf/DANnews12.pdf
「アーカイヴが拓くダンスの未来:1932年『緑のテーブル』から『緑のテーブル2017』へ」(愛知県芸術劇場シニアプロデューサー、唐津絵理氏寄稿)


<お問い合わせ> ダンスアーカイヴ構想 
TEL:03-3450-6507/E-MAIL:info@dance-archive.net
Facebook : @DanceArchiveNetwork Twitter : @dance_archive


●●● 国際ダンス映画祭・巡回プログラム ●●●
ダンスを中心に映画として製作された映画作品、「ダンス映画」を上演する「国際ダンス映画祭」。2003年から同映画祭を主催してきたDance and Media Japanが、東京造形大学映画・映像専攻とタッグを組んで開催する「国際ダンス映画祭2018-2019」の巡回プログラムが、東京・千代田区 3331 アーツ千代田で開催されます。ワークショップも同時開催。巡回プログラムは、松山、岡山、仙台などでも今後開催されます。

会場:3331 アーツ千代田(千代田区外神田6丁目11-14 https://www.3331.jp/access/ )
日時:2018年9月2日(日)
14:00-16:30 身体と風景のための映像ワークショップ
      ※定員に達した為、申込み終了しました。
18:00-20:00 ダンス映画上映(国際ダンス映画祭・過去作品セレクション)
入場料・参加費:無料

主催:東京造形大学 映画・映像専攻 Dance and Media Japan
協力:NPO法人ダンスアーカイヴ構想
制作:有限会社かんた

●身体と風景のための映像ワークショップ
講師:飯名尚人(国際ダンス映画祭主宰・映像作家)
ダンスや映像に関わる教員・指導者・学生、振付家やダンサーなど、スキルやジャンルを問わずに誰でも参加できるワークショップです。

●上映作品
これまでの「国際ダンス映画祭」で上映されたクオリティーの高い映像作品を厳選して上映します。上映後にキュレーターによる作品解説あり。

「ス・ミズーラ」監督:Augenblick (イタリア)
「13番ホーム」監督:Camiel Zwart(オランダ)
「ディスラプション・途絶」監督:Felipe Frozza, Rike Flaemig(ドイツ)
「泳ぐか沈むか」 監督:Michiel Vaanhold(オランダ)
「パラディオの朽ち木」 監督:Michele Manzini(イタリア)
「アフターライフ ダンス」(死後のダンス)監督:Jacqueline Kooter(オランダ)
「ホーミング」 監督:Xabier Iriondo(スペイン・バスク)

WEBサイト http://www.dance-media.com/videodance/zokei/3331.html

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2018 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184236711
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック