2018年04月26日

World Music Night vol.28 “さえずりな夜&高知カリビアン・ハーツ”









'18. 4.20.  World Music Night vol.28 “さえずりな夜&高知カリビアン・ハーツ”

         会場:高知市文化プラザかるぽーと 小ホール


 今回のWMNは、ドラム缶楽器スティールパンを軸にした“〜世界の音楽と料理を楽しむ夕べ〜”だった。


 ステージ上にこれだけたくさんの各種スティールパンが並んでいるのを初めて観たように思う。そのスティールパン合奏を行ったのは、高知カリビアン・ハーツ。久しぶりに聴くスティールパンの生音は、やはり転がるように綺麗だなと思った。ただ合奏となると少々音がガチャガチャしているように感じられた。だが、30分ほどの前座ステージの後で始まった、さえずりな夜(steel pan 山村誠一、7弦ギター 山田裕、piano 鶴来正基)では、明るく楽しい音楽が似合いのスティールパンのイメージを変えるような美しく抒情的な演奏を、さまざまな鳥のさえずりを思わせる器楽演奏による導入部に続けて披露していて目を惹いた。


 中南米音楽のさまざまリズムに乗せた演奏のいずれもが、いかにも中南米的な賑やかさとは懸け離れたもので、異彩を放っていたように思うのだが、いかんせん客席のノイズがあまりにひどくて音楽に集中できなかった。物を落とす音や袋をガサガサいわせる音、ヒールの音、子供の話声などなど。踊りを誘うような賑やかな演奏なら気にもならないのだろうが、“さえずりな夜”には酷だ。MCの山村誠一は、それを察してのものなのか地なのか判らなかったが、えらく砕けた笑かし話を繰り広げ、演奏の醸し出すものと対照的なステージ構成を取っていた。


 そんななか、耳に残ったのは、ちあきなおみの歌で覚えのある♪黄昏のビギン♪のノーブルとも言えるような情感を湛えた演奏と、山村のオリジナル曲だとの♪エル・ドラド♪のドラマ性の豊かなジャズ風味の濃い演奏だった。鶴来の才気豊かなピアノが気に入った。どうせなら、もう少しいい条件で聴きたかったなぁ。ライブスポットで音楽を楽しむときは、ノイズがむしろ場の雰囲気を作り上げていると感じたりもするのに、音楽って面白いもんだと改めて思った。











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/ 

    (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

    (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183083257
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック