2018年04月18日

おさらい会vol.02『宮城野-MIYAGINO-』









'18. 4.15. おさらい会vol.02『宮城野-MIYAGINO-』

会場:劇団33番地 蔵の稽古場


 シアターTACOGURA公演#007『イプセン 民衆の敵』でカトリンを演じて魅力的だった伊藤麻由の演じる宮城野に、艶と気丈が確かに備わっていて、なかなか刺激的な作品になっていた気がする。女郎の宮城野と彼女が惚れている絵師見習いの矢太郎(山田憲人)が交わす会話のくるくる変転する言い分に、何が本当のことなのか、そして、宮城野が「あたい、あれが好きな女なんだと思うんです。…あれっていっても、いやらしい意味じゃない…男の人に抱かれることじゃないのよ。」と最初に言っていた「あれ」とは何か、ついつい考えさせられた。


 全体的には、どうやらのっぴきならぬ事情により別れを果たさねばならなくなった二人が互いを慮った口上を交わしていたような気がする。されば、唯一、偽りなき真情が語られたのは、矢太郎の去った後の宮城野の独白場面だけということだ。ならば、矢太郎との駆落ちと写楽殺害を孫娘のおかよが告げに来たのは事実だということになるが、おかよは、矢太郎が言うような「うぶなお方」でも、宮城野が矢太郎に告げたようないじらしいことを言う女でも、なかったことになる。それでも宮城野が、おかよの実像を伝えるどころか、矢太郎を想って写楽殺しまで引き受けようとしたのは、何ゆえだったのか。


 最後の宮城野の独白場面での「いいんだ、いいんだ、それもこれも、みんな、あたいの、あれが好きな性分から来てるんだもの。だれを責めるわけにもいかない」を思い返しながら、当日配布の演出ノートで触れられていたキリスト者的なものとしての受苦や自己犠牲よりは“貧乏くじ”という言葉が浮かんだ。宮城野は、別れも告げずに姿を消しても不都合なかったはずの矢太郎がきちんとけじめを付けに来てくれたばかりか“いい値で売れるはずの役者絵”をくれたことが無性に嬉しかったのだろう。そして、どうにも江戸を去らねばならない事情によって姿を消すのであって、宮城野に愛想をつかしたのではないと知らせてくれたことへの返礼に宮城野が矢太郎の心理的負担を軽減しようと騙り話をしたことに対して、自分への執心が深いことをつくづく感じ取った矢太郎が、絵を返してもらうと悪態をつき、自分を訴え出るかもしれないとまで言って、愛想尽かしをさせようと応えてくれたことに痺れたのだろう。あのとき宮城野が「あたいが、どうして、その絵をこんなにほしがってるか、いつかわかるよ。」と言ったのは、そういう意味に違いない気がする。宮城野が床に入ることを誘っても応じなかった矢太郎が別れに際して頼んだ裸身を見せてくれとの願いに応えていた場面を観ながら、『人間の條件』(監督
小林正樹)の梶夫妻を想起した。宮城野は、本当は矢太郎が殺しのできる男などではないことを確信していたのではなかろうか。


 いつも貧乏くじを引くことを自分の性分として積極的に引き受け拠り所にするしか、苦界に沈んだ自身を支え気丈に生き延びる術がなかったと思しき宮城野の哀しみと、そのなかで施された“夜なきうどん”に始まる矢太郎から受けた温かみへの想いの強さが偲ばれて心に残った。宮城野を演じた伊藤麻由が、しどけなく脚を覗かせつつ、艶と気丈を確かに伝えていた声の調子と眼差しの揺らぎに誘われたのかもしれない。もっときちんとした照明や道具を設えた舞台のなかで味わってみたいと思った。そして、本作をそんなふうに解した自分からすると、山田憲人の演じた矢太郎は、少々人物造形が違うような物足りなさが残った。


 本作を演出するうえでの重要ポイントは、矢太郎をどのタイミングで退出させるか、なのだろう。今回の公演では、テキストを提供してくれていたから、それに従うと、彼の最後の台詞「こっちも、もう、一ぺん、言うぜ、あ、ば、よ。」の後のト書きに(虚勢とすぐわかる、すごんだポーズをするが、やがて…)とあって(肩を落とした後ろ姿が哀れである)となっていて、作者が矢太郎退出のタイミングを指定していないところが目を惹いた。


 つまり「唯一、偽りなき真情が語られたのは、矢太郎の去った後の宮城野の独白」となるとすれば、矢太郎の「あ、ば、よ。」の後に続く宮城野の台詞「なんだい、なんだい。じゃ、ひょっとしたら、三人で最初からしめし合わせて、ぐるで……殺しを……」の時点で矢太郎がいるのかいないのかが、とても重要になってくるわけだ。水呑百姓の味方の侍だったという高野信三郎が決して紳士などではなくて、宮城野を「手ごめにして、思いきりなぐさみものにして、それっきり、ドロンの、人間の屑」だったとの話はともかく、「おかよだってそうだ」の部分を矢太郎に聞かせた言葉とするのか、矢太郎がいなくなった後での独白の言葉とするのかでは、意味合いが全く違ってくる。


 演出プランとしては、この日の公演のように矢太郎の「あばよ」で退出させるのもあれば、彼の(肩を落とした後ろ姿)に向けて投げつける言葉としつつ、おかよにまつわる部分は聞かせて「いいんだ、いいんだ、それもこれも、みんな、あたいの、あれが好きな性分から来てるんだもの。」からを独白にするのもあろう(これが最も多そうな気がする)し、終わりのほうの「焼けこげになりそうな人がいたら、あたいが、身代わりになってやるんだ……それが、人のつとめというものだ!……」をも矢太郎の後ろ姿に向けて喋らせるのもあるだろうと思う。その後のト書きの(寺の鐘が鳴る)までには退出させないといけないとは思うが、台本で言えば、やたらと多い「……」の間のどこでどういうふうにして退出させてもいいように書いてある気がした。


 それで言えば、おかよが決していじらしい女ではないことを語る宮城野の言葉を矢太郎に聞かせる台詞とはしなかった本公演の演出(西村和洋)を、僕は大いに支持している。あれが矢太郎に向けての言葉となっては、矢太郎の施した“愛想づかせるための悪態”に対して宮城野も同じことを返したことになってしまい、“あれ好き”の哀しみが際立ってこないことになるからだ。


 だから僕は、師匠殺しの件について、宮城野の独白としての「なんだい、なんだい。じゃ、ひょっとしたら、三人で最初からしめし合わせて、ぐるで……殺しを(騙りやがって)……なんだい、なんだい、人をバカにして……」と受け止めている。これが矢太郎に向けた言葉ではないのなら、少なくとも宮城野にとっての真実はそこにあったはずだ。


 矢太郎の殺しを“騙り”と観るほうが、やはり“夜なきうどん”の彼に相応しいと思わずにいられない。加えて、冒頭で宮城野から床に入ることを誘っても応じなかった矢太郎の願いに応えて「いいわ、なってあげるよ、裸に。けど、もう、崩れちゃってるんじゃないのかねえ、あたいの体なんか。」と言いながら、宮城野が客席に背を向けて帯を解いていた場面を観ながら、『人間の條件』での美千子(新珠三千代)の感慨深い場面を想起した僕の心象にも見合う気がしている。矢代静一が本作を書いたのが1966年なら、当時空前の大ヒットをした映画版も含めて彼はきっと観ていて、あの場面に影響を及ぼしているに違いないと思った。


 だが、演出者は矢太郎の殺しを“騙り”とは解していなかったようで、それどころか「矢太郎は写楽の偽絵を宮城野に渡すことで金を無心しにきた」との捉え方さえしていたそうだ。僕のなかに少々人物造形が違うような物足りなさが残ったのも当然だという他ない。











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


     (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

     (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183018063
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック