2018年02月13日

早稲田松竹2018年2/3-2018年3/2上映スケジュール

20182/3-20183/2の上映スケジュールが決定しました。

 

*********************************************************

 

:::::早稲田松竹クラシックスvol.134/『ライオンは今夜死ぬ』公開記念:::::

:::::ジャン=ピエール・レオーとフランソワ・トリュフォー「アントワーヌ・ドワネルの冒険」:::::

 

 

2/32/9

 

【上映日 2/3()5()7()9()

 

○大人は判ってくれない

 Les quatre cents coups

 

開映時間 10:30/14:35/18:40

 

少年アントワーヌ・ドワネルの多感な心情と行動がリリカルな映像で綴られる、トリュフォーの長編デビュー作。

 

1959年 フランス 99分 35mm

■監督・原案・脚本・台詞 フランソワ・トリュフォー

■出演 ジャン=ピエール・レオー/クレール・モーリエ

 

 

○アントワーヌとコレット<二十歳の恋>より★『夜霧の恋人たち』と同時上映

 Antoine et Colette / L'Amour a vingt ans

 

開映時間 12:20/16:25/20:30(〜終映22:35)

 

オムニバス作品の一編であり、まだ恋愛の仕方も判らない青年のほろ苦い恋を描いたドワネルシリーズ第二作目。

 

1962年 フランス 29分 35mm

■監督・脚本・台詞 フランソワ・トリュフォー

■出演 ジャン=ピエール・レオー/マリー=フランス・ピジェ

 

 

○夜霧の恋人たち

 Baisers Voles

 

ドワネルシリーズを確立したともいえる第三作目。大人の恋を知り始めたアントワーヌをあたたかい眼差しで描く。

 

1968年 フランス 90分 35mm)

■監督・原案・脚本・台詞 フランソワ・トリュフォー

■出演 ジャン=ピエール・レオー/クロード・ジャド

 

 

【上映日 2/4()6()8()

 

○家庭

 Domicile Conjugal

 

開映時間 10:30/14:20/18:10

 

第四作目。E・ルビッチやJ・タチにオマージュを捧げ、ユーモアたっぷりに夫婦の生態を可視化した隠れた傑作。

 

1970年 フランス・イタリア 100分 35mm

■監督・原案・脚本・台詞 フランソワ・トリュフォー

■出演 ジャン=ピエール・レオー/クロード・ジャド

 

 

○逃げ去る恋

 L'Amour en fuite

 

開映時間 12:30/16:20/20:10(〜終映21:45)

 

今までの出演者が総出演し、監督の人生と俳優たちの人生を合わせ鏡のように照らしあわす、シリーズ完結編。

 

1979年 フランス 94分 35mm

■監督・脚本・台詞 フランソワ・トリュフォー

■ジャン=ピエール・レオー/マリー=フランス・ピジェ

 

 

*********************************************************

 

:::::世界が注目する新世代の作家たち:::::

:::::カテル・キレヴェレ×ジョシュ&ベニー・サフディ:::::

 

2/102/16

 

○グッド・タイム

 Good Time

 

開映時間 12:00/15:55

 

一攫千金の強奪マネーで逃げ切る!今最も世界が注目するサフディ兄弟が、強盗に失敗した兄弟の逃走の一夜を描く、最高にクールなクライム・ムービー!

 

2017年 アメリカ 100分 DCP R15+

■監督 ジョシュ・サフディ/べニー・サフディ

■出演 ロバート・パティンソン/ベニー・サフディ/ジェニファー・ジェイソン・リー

 

 

○あさがくるまえに

 Reparer les vivants

 

開映時間 10:00/14:20/18:40

 

たった、いちにち――それでも、あたらしいあさはくる。心臓移植という“現実”に直面した家族、恋人達、医者達の心のありようを描く、愛と喪失、そして再生の物語。

 

2016年 フランス・ベルギー 104分 DCP PG12

■監督・脚本 カテル・キレヴェレ

■出演 タハール・ラヒム/エマニュエル・セニエ/アンヌ・ドルヴァル

 

 

【★特別レイトショー★】

 

○ポーラX

 Pola X

 

開映時間 連日21:00(〜終映22:25) 料金/一律1,000

 

虚飾の人生の中で真実を渇望する小説家ピエールが出会う黒髪女イザベル。姉と弟かもしれぬ二人は愛の生贄さながら魂の暗闇を下降し、運命の奔流に溺れていく――。H・メルヴィルの問題作「ピエール」を映画化。

 

1999年 フランス・スイス・ドイツ・日本 134分 35mm

■監督・脚本 レオス・カラックス

■出演 ギョーム・ドパルデュー/カテリーナ・ゴルベワ/カトリーヌ・ドヌーヴ

 

★特別レイトショー上映のため、17:50『あさがくるまえに』がラスト1本割対象作品となります。

★『ポーラX』は、どなた様も1000円でご鑑賞いただけます。チケットは連日、初回開場時間(9:40)より受付にて販売いたします(当日券のみ)。

 

 

*********************************************************

 

:::::クリストファー・ノーラン監督特集:::::

 

2/172/23

 

○ダンケルク

 Dunkirk

 

開映時間 10:40/15:30/20:20(〜終映22:10)

 

絶対絶命の地“ダンケルク”に追い詰められた若者たち。残り時間、わずか。陸海空それぞれ異なる時間軸の出来事が同時進行し、目くるめくスピードで3視点が切り替わる究極のタイム・サスペンス!C・ノーランが戦争映画の常識を覆す!

 

2017年 イギリス/アメリカ/フランス 106分 DCP

■監督・製作・脚本 クリストファー・ノーラン

■出演 フィン・ホワイトヘッド/ケネス・ブラナー/トム・ハーディー/マーク・ライランス

 

○インセプション

 Inception

 

開映時間 12:45/17:35

 

犯罪現場はお前の頭の中。他人の頭の中に侵入してアイディアを盗むというプロフェッショナル集団。今、絶対不可能なミッションが始める――!アカデミー賞4部門を受賞した、想像を超えたSFクライム・アクション超大作!

 

2010年 アメリカ 148分 35mm

■監督・製作・脚本 クリストファー・ノーラン

■出演 レオナルド・ディカプリオ/渡辺謙/ジョセフ・ゴードン=レヴィット

 

 

*********************************************************

 

:::::漫画家・魚喃キリコの世界:::::

 

2/243/2】※『南瓜とマヨネーズ』の併映作品が週の途中で変わりますのでご注意ください。

 

○南瓜とマヨネーズ

 

開映時間【2/24()2/26()12:20/16:25/20:30(〜終映22:05)

    【2/27()3/2() 12:10/16:05/20:00(〜終映21:35)

 

女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。2つの恋に揺れる、痛くて愛おしい“わたしたちの”ラブストーリー。恋愛漫画の金字塔がいま蘇る!

 

2017年 日本 93分 DCP

■監督・脚本 冨永昌敬「ローリング」

■出演 臼田あさ美/太賀/オダギリジョー

 

 

○ストロベリーショートケイクス★3日間

 

開映時間【2/24()2/26()10:00/14:05/18:10

 

最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、なんだってできるような気がしたんだよ。性格も職業も異なる4人の女性が、それぞれの幸せを求める姿を描き出す。

 

2006年 日本 127分 35mm R15+

■監督 矢崎仁司

■出演 池脇千鶴/中越典子/中村優子/岩瀬塔子/加瀬亮/安藤政信

 

 

○blue★4日間上映

 

開映時間【2/27()3/2()10:00/13:55/17:50

 

友達なんだけど、憧れてしまう。クラスメートに恋心に似た憧れを抱く少女の日常を、透明感あふれる映像で繊細にすくい上げる青春ドラマ。

 

2001年 日本 116分 35mm

■監督 安藤尋

■出演 市川実日子/小西真奈美/今宿麻美

 

 

*********************************************************

 

※大人1,300円 学生1,100

シニア900円 ラスト1800円 

どちらかが50歳以上なら夫婦で2,000円 

高校生3名以上なら1800円 

 

※毎月1日は映画ファンサービスデー 800円でご覧いただけます。

 

※上映番組及び時間が変更になる場合がございますのでご了承ください。

 

*********************************************************

 

早稲田松竹映画劇場

新宿区高田馬場1-5-16

TEL03-3200-8968

FAX03-3200-8965

URLhttp://www.wasedashochiku.co.jp/

posted by アーツワークス at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182404334
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック