2017年12月12日

【Dance Archive Network News 008】Dance Archive Project in Tokyo 2017開催のお知らせ

2017年12月12日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今週金曜日より、東京にて“Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ”を開催します。

●●● Dance Archive Project in Tokyo 2017「たしかな心と眼」ウィリアム・クライン×大野慶人×アノーニ ●●●
ダンスアーカイヴに何ができるのか? ダンスアーカイヴの未来とは? 踊りを継承するとは? さまざまな問いにさまざまなアプローチで迫る9日間。3Dスキャンで計測した大野慶人の「動きのアーカイヴ」、ウィリアム・クラインが舞踏誕生時の肉体を捉えた600点を超える未発表の写真映像、その画像から展開するさまざまな肉体によるパフォーマンス、大野慶人とアノーニの公演など、未知の舞踏に出会えます。15日・16日は展示、公演共に入場無料です。

イベント詳細→ http://dance-archive.net/jp/news/news_06.html

2017年12月15日(金)〜23日(土)
会場:寺田倉庫G1ビル・5階
(品川区東品川2-6-10  りんかい線・東京モノレール 天王洲アイル駅より徒歩5分)

<料金・時間・公演内容> *公演中は一部展示をご覧いただけません
◆12月15日(金)入場無料(予約不要)
15:00〜21:00 展示 
19:30〜 大野慶人ソロ「花と鳥 抄」
(終演後にオープニングパーティあり *飲食は有料です)

◆12月16日(土)入場無料(予約不要)
11:00〜21:00 展示 
13:00〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
    ゲスト:横浜光ボクシングジム現役ボクサー、鯉渕健と山口号珠+岡登志子
18:00〜 大野慶人ソロ「花と鳥 抄」 

◆12月17日(日)
11:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
13:00〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:横浜光ボクシングジム現役ボクサー、鯉渕健と山口号珠+松岡大(山海塾)+岡登志子
    〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月18日(月)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:ソケリッサ!+砂山典子 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月19日(火)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:白井剛+松岡大(山海塾)+上杉満代 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月20日(水)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 川口隆夫とジョアンナ&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
ゲスト:白井剛+松岡大(山海塾)+上杉満代 〜展示+公演観覧 3,000円

◆12月21日(木)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」 〜展示+公演観覧 5,000円(完売)

◆12月22日(金)
13:00〜21:00 展示 〜展示観覧のみ 1,500円
19:30〜 アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」 〜展示+公演観覧 5,000円(完売)

<展示>
◆大野慶人「Digital 3D in Motion」
大野慶人の舞踏を、VR(ヴァーチャル・リアリティー)で体験する初の試み。
VRコンテンツ制作:比嘉了(backspaetokyo)。コンテンツ制作には、一部を(地独)東京都立産業技術研究センターと(株)ケイズデザインラボが技術開発。

◆ウィリアム・クライン「TOKYO1961 アーカイヴ」ムーヴィー&VR
1961年、アスベスト館および新橋と銀座の路上で繰り広げられた土方巽・大野一雄・大野慶人のパフォーマンス。ウィリアム・クラインが活写し、ほとんどが未公開だった652点の写真を、映像とVRで体験。
ムーヴィー制作:齊藤正和 VRコンテンツ制作:右左見拓人(backspacetokyo)

◆ダンスアーカイヴから写真、美術、映像を観る
さまざまなアーティストの被写体となってきた大野一雄・大野慶人。渡邊晃一の彫刻、諏訪敦の絵画、ティム・ウォーカーの写真など、マテリアルの違う舞踏家像に出会う。

<公演>
◆大野慶人ソロ「花と鳥 抄」 
土方巽と大野一雄とともに歩み、舞踏の始まりからの歴史を知る、生けるアーカイヴとも言える大野慶人の代表作。

◆川口隆夫とジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト「Crab Dancers’ Parade: Work in Progress」
「病める舞姫をテキストに―2つのソロダンス」「大野一雄について」等、舞踏をパフォーマンスしてきた川口隆夫とさまざまなゲスト達が、ウィリアム・クラインが捉えた写真から、舞踏の始まりの肉体を抽出。音楽は、アノーニと長年活動を共にしてきたジョアンナ・コンスタンティン。

◆アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」
2010年の「Antony and the Ohnos」から7年を経て、アノーニと大野慶人の東京での再会が実現。

<チケット取扱い>
*15日・16日は直接会場へお越しください。入場者数が定員を超える場合には、入場を制限する場合がございますことをご了承ください。
◆e+ イープラス(http://eplus.jp
購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
・アノーニ×大野慶人「たしかな心と眼」(完売しました)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244767P0030001
・川口隆夫×ジョアンナ・コンスタンティン&ゲスト
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244769P0030001
・【展示】ダンスアーカイヴの未来
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002244774P0030001

◆ダンスアーカイヴ構想 予約受付
氏名、連絡先、観覧日時を下記までご連絡ください。
TEL:03-3450-6507  E-MAIL:info@dance-archive.net

主催  NPO法人ダンスアーカイヴ構想 
共催  Canta Co.Ltd 
協力  大野一雄舞踏研究所、株式会社 K'S DESIGN LAB、株式会社間チルダ、株式会社レイ、FIG LAB 、横浜光ボクシングジム
協賛  BNPパリバ・グループ

会場周辺地図:寺田倉庫 G1ビルは、地図上のNo.6の建物です→ https://www.terrada.co.jp/ja/company/tennoz/ 
-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2017 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181825955
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック