2017年11月02日

【Dance Archive Network News 005】明日からの展示とワークショップのお知らせ

2017年11月2日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いよいよ明日から、ダンスアーカイヴプロジェクト作品4都市巡回公演in さいたまの関連企画である、展示「モダンダンスから舞踏へ」、川口隆夫ワークショップが開催されます。

●●● 展示「モダンダンスから舞踏へ」 ●●●
大野一雄の土台となったモダンダンス時代にも焦点をあて、大野一雄アーカイヴ資料を展示します。1959年のモダンダンス作品「老人と海」上演の際に、大野一雄がヘミングウェイに宛てた書簡草稿は、当時の大野一雄の想いがストレートに感じられる必見の資料です。部屋に飾って励ましとしていたという、ヘミングウェイと映画「老人と海」の切り抜きも展示します。

※オープニングパーティ 11月3日(金祝)17:30〜18:30
展示期間:2017年11月3日(金祝)〜12月3日(日)9:00〜22:00(11月6日・13日・27日は休館)
会場: 彩の国さいたま芸術劇場ガレリア/入場無料

●●● 川口隆夫ボディ・スカルプチャー・ワークショップ「大野一雄について」制作過程から ●●●
身体を彫刻するように、大野一雄の「形」を自分の身体へと写しとっていくワークショップです。お申し込みはまだ間に合いますので、この機会をお見逃しなく。

2017年11月3日(金祝)〜4日(土)14:00〜17:00
講師: 川口隆夫
会場: 彩の国さいたま芸術劇場 
参加費: 2日間で6,000円(特典:12月2・3日、同劇場で上演される川口隆夫「大野一雄について」のチケットをご購入の方は、5,500円)
参加資格: 舞踊及びその他ジャンルで芸術活動を行う人(定員25名)
持ち物:ビデオ再生のできる機器(ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど)
申込み:NPO法人ダンスアーカイヴ構想  
TEL: 03-3450-6507 E-mail: info@dance-archive.net

イベント関連サイト http://dance-archive.net/news_01.html (ダンスアーカイヴ構想:チラシをダウンロードできます)
          http://saf.or.jp/arthall/information/detail/622 (彩の国さいたま芸術劇場)


-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------

Copyright (c) 2017 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181459916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック