2017年07月10日

早稲田松竹2017年7/1-2017年7/28上映スケジュール





2017年7/1-2017年7/28の上映スケジュールが決定しました。

 

*********************************************************

 

:::::早稲田松竹クラシックスvol.127::::: 

:::::加藤泰監督特集:::::

 

【7/1〜7/7】

 

○ざ・鬼太鼓座 デジタルリマスター★7日間

 

開映時間  【7/1(土)〜7/3(月)】12:20/16:05/19:50(〜終映21:40)

     【7/4(火)〜7/7(金)】12:20/16:00/19:40(〜終映21:30)

 

ドキュメンタリーもフィクションも超える映画の臨界点!佐渡ヶ島の芸能集団「鬼太鼓座」の若者たちの姿を追う。イベント上映以外は広く一般公開されず、いわば幻の映画となった、世界的名匠・加藤泰監督の遺作にして異色のドキュメンタリー。

 

(1981年 日本 105分 DCP)

■監督 加藤泰

■出演 出演 河内敏夫/林英哲/大井良明

 

★『ざ・鬼太鼓座』の併映作品が週の途中で変わりますのでご注意ください。

 

【7/1(土)〜7/3(月)】★3日間

 

○瞼の母

 

開映時間 12:10/15:35/19:00

 

幼い頃に別れた母を探す番場の忠太郎は、ついに母と念願の対面を果たすが、すでに新しい生活がある母は自分の子供は死んだと冷たく突き放すのだった…。長谷川伸の戯曲を映画化。錦之助の名演と加藤泰の詩情が光る股旅慕情不朽の名作!

 

(1962年 日本 83分 35mm)

■監督・脚本 加藤泰

■出演 中村錦之助/松方弘樹/大川恵子

 

【7/4(火)〜7/7(金)】★4日間

 

○沓掛時次郎 遊侠一匹

 

開映時間 12:10/15:35/19:00

 

長谷川伸の名作戯曲の8度目の映画化。弟分をやくざ同士の抗争の犠牲にしてしまった時次郎が、自分が斬った相手の女房子供と旅立つことになり…。時代劇再興の想いを込めて、加藤泰が錦之助の至芸と涙と脇差舞わせて描いた、股旅映画の代表作。

 

(1966年 日本 90分 35mm)

■監督 加藤泰

■出演 中村錦之助/池内淳子/東千代之介/渥美清

 

*********************************************************

 

:::::臆病で分かり合えない、僕たち。::::: 

 

【7/8〜7/14】

 

○たかが世界の終わり

 Juste la fin du monde

 

開映時間 12:35/16:25/20:15(〜終映22:00)

 

これが最後だなんて、僕たちは哀しいくらい不器用だった。自らの死を告げるため、12年ぶりに帰郷した作家のルイ。愛しているのに傷つけ合うことしかできないある家族の一日を描く、グザヴィ

 

エ・ドラン監督最新作。カンヌ映画祭グランプリ受賞。

 

(2016年 カナダ・フランス 99分 PG12 DCP)

■監督・製作・脚本・編集 グザヴィエ・ドラン「Mommy/マミー」

■出演 ギャスパー・ウリエル/レア・セドゥ/マリオン・コティヤール/ヴァンサン・カッセル/ナタリー・バイ

 

 

○雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 DEMOLITION

 

開映時間 10:40/14:30/18:20

 

妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。妻の死後、身の回りのあらゆる物を壊し始めた男が“破壊”を経て辿りついた、人生で本当に大切なものとは――。『ダラス・バイヤーズク

 

ラブ』の監督が贈る、喪失と哀しみ、そして再生を描いた物語。

 

(2015年 アメリカ 101分 PG12 DCP)

■監督・製作 ジャン=マルク・ヴァレ「わたしに会うまでの1600キロ」

■出演 ジェイク・ギレンホール/ナオミ・ワッツ/クリス・クーパー

 

*********************************************************

 

:::::パク・チャヌク×ナ・ホンジン 衝撃!韓国映画の鬼才たち:::::

 

【7/15〜7/21】

 

○お嬢さん

 AGASSI 

 

開映時間 【7/15〜7/17】13:25/19:05(〜終映21:35)

      【7/18〜7/21】10:30/16:10

 

大豪邸に暮らす美しき令嬢をめぐり、幾重にも張り巡らされた罠と欲深き野望。誰が騙し、騙され、愛されたのか―?過激で倒錯したエロスと先の読めないサスペンス、そして隅々まで贅を尽くした美で観るものを魅了する、パク・チャヌク衝撃の最新作!

 

(2016年 韓国 145分 R18+ DCP)

■監督・脚本 パク・チャヌク「オールド・ボーイ」

■出演 キム・ミニ/キム・テリ/ハ・ジョンウ/チョ・ジヌン

 

 

○哭声/コクソン

 곡성(哭聲)

 

開映時間 【7/15〜7/17】10:30/16:10

      【7/18〜7/21】13:15/18:55(〜終映21:35)

 

小さな村で多発する猟奇殺人。犯人はいずれも被害者の身内。だが事件には不可解な謎が残されていた…!あなたが見ているものは、本当に真実か?國村隼が青龍映画賞にて男優助演賞ほか二冠達

 

成!『哀しき獣』のナ・ホンジン監督待望の最新作。

 

(2016年 韓国 156分 DCP)

■監督・脚本 ナ・ホンジン「チェイサー」

■出演 クァク・ドウォン/ファン・ジョンミン/國村隼

 

*********************************************************

 

:::::『トレインスポッティング』1&2連続上映!/彼らが選んだ---20年後の「未来」。:::::

 

【7/22〜7/28】

 

○T2 トレインスポッティング

 T2 Trainspotting

 

開映時間 12:15/16:10/20:05(〜終映22:05)

 

90年代の伝説的な青春映画『トレインスポッティング』のオリジナルスタッフ&キャストが集結した待望の続編が完成。ダメ男たちの新たな青春の旅立ち―。モノ分かりの良い大人になれず荒んだ

 

人生を疾走する彼らがここに再会する!

 

(2017年 イギリス 117分 R15+ DCP)

■監督・製作 ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」

■出演 ユアン・マクレガー/ユエン・ブレムナー/ジョニー・リー・ミラー/ロバート・カーライル

 

○トレインスポッティング

 Trainspotting

 

開映時間 10:30/14:25/18:20

 

未来を選べ。…だけど、それがいったい何なんだ?友情と裏切り、人生の選択という普遍的なテーマをクールなユーモアとスタイリッシュな映像で描いたダニー・ボイルの代表作。世界中に旋風を

 

巻き起こした、90年代最高の“陽気で悲惨”な青春映画!

 

(1996年 イギリス 93分 R15+ DCP)

■監督 ダニー・ボイル

■出演 ユアン・マクレガー/ユエン・ブレムナー/ジョニー・リー・ミラー/ロバート・カーライル

 

*********************************************************

 

※大人1,300円 学生1,100円

シニア900円 ラスト1本800円 

どちらかが50歳以上なら夫婦で2,000円 

高校生3名以上なら1人800円 

 

※毎月1日は映画ファンサービスデー 800円でご覧いただけます。

 

※上映番組及び時間が変更になる場合がございますのでご了承ください。

 

*********************************************************

 

早稲田松竹映画劇場

新宿区高田馬場1-5-16

TEL:03-3200-8968

FAX:03-3200-8965


---------------------------------------------------
早稲田松竹映画劇場
東京都新宿区高田馬場1-5-16
TEL
03-3200-8968
FAX
03-3200-8965
pgm@wasedashochiku.co.jp
---------------------------------------------------
posted by アーツワークス at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180303429
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック