2017年01月16日

1/21(土)-2/5(日)生活と表現2016:川瀬一絵 写真展「浮かぶ雲」


日々の人の営みの中にあるささやかな表現活動から、日常的な風景によりそうアートプロジェクトまで。モノつくる人々の姿やかたちに残りにくいコトづくりの表現の今に注目していくアートプロジェクト「生活と表現」の一環として、2016年より御徒町の風景を写真におさめてきた川瀬一絵による写真展を行います。また、参加者がそれぞれにまちを歩き、出会った風景を写真で共有するワークショップを開催します。


 


[日時] 2017121日(土)〜25日(日)12:0020:00 月曜休


130日(月)18:4522:00はスイッチ総研公演に合わせて特別オープン



[会場] ご近所ハート(トランプ)ギャラリー 吾郎(東京都台東区上野3-5-7



[料金] 無料



 



121日(土)14:0018:00 ワークショップ



まちに出てつかまえた感覚をみんなで並べて眺めてみます。そこにはどんなまちがみえてくるでしょうか。



[料金] 500円(ドリンクつき) [定員] 6名(先着)



※カードメディアやUSBケーブルなどでデータ共有可能なカメラやスマートフォンをご持参ください



※事前申し込みはstaff@nomadpro.jp宛に「氏名」「連絡先」「参加人数」を添えてメールでご連絡ください



 



121日(土)19:0021:00 オープニングパーティー



※どなたでもご参加いただけます(無料)



 



川瀬一絵(かわせかずえ)



写真家。島根県出雲市生まれ。島根大学教育学部、東京綜合写真専門学校卒業。



テーマを定めずに衝動的に写真を撮り、それらを編集しながら衝動の訳を探るような作品づくりをしている。



2007年より写真家・池田晶紀の主宰する「ゆかい」に所属。作品制作を軸に、書籍、雑誌、Web等各種メディアで撮影を行なっている。



http://yukaistudio.com/?cat=22



 



同時開催!



130日(月)19:0019:3020:0020:30 スイッチ総研『上野御徒町 燕湯スイッチ』



24日(土)20:0021:30 関連トーク「銭湯×アートプロジェクト:『上野御徒町
燕湯スイッチ』『曳舟湯怪』から見えたもの



 



詳細はこちらのページでご覧ください



http://representation.tokyo/2016/12/10/switch-kawase/[橋本誠1] 



 



[お問い合わせ] tel080-5046-2612 e-mail : staff@nomadpro.jp



[主催] 一般社団法人ノマドプロダクション



[助成] 平成28年度 台東区芸術文化支援制度、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)



[協賛] 内外薬品株式会社













posted by アーツワークス at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術系
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178420573
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック