2020年03月03日

【Dance Archive Network News 028】新刊「舞踏という何か」のお知らせ


2020年3月3日発行


 


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 


NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN)    http://dance-archive.net/


(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)


Facebook : @DanceArchiveNetwork / Twitter : @dance_archive / Instagram : @dancearchivenetwork


 


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


 


ダンスアーカイヴ構想が行ってきた舞踏リサーチの成果報告書を発行しました。


 


●●● 『舞踏という何か Something Called Botoh』 ●●●


アーツカウンシル東京の助成のもと、2017年から3年間にわたって行った舞踏の実践者を対象にしたアンケート調査の結果を、一冊の本にまとめました。世界における舞踏の今を、豊富な図表による解説、2019年の全アンケート回答、国内外で活動する舞踏家の寄稿などを交えて概観します。カバーには、「あなたは舞踏をどのように説明しますか?」という質問への2017・2018年度の回答を一挙掲載。2019年度のアンケートでは、各々が舞踏に出逢ったきっかけ、舞踏の魅力等が語られます。世界中に確かに息づいている「舞踏という何か」について垣間見る興味深い一冊となりました。


 


NPO法人ダンスアーカイヴ構想発行/有限会社かんた発売/2020年/B5判144ページ/カラー/日英対訳


販売価格:1,500円(税抜)


 


寄稿:


<舞踏ディアスポラ> Oguri、田中トシ、ゆみうみうまれ、吉岡由美子


<舞踏リサーチ2017-2019 報告> マーゴ・オリボー、ケイトリン・コーカー


<精神のリレー2019> 石井則仁、伊藤キム、大橋可也、笠井瑞丈、鈴木ユキオ、高松真樹子、向雲太郎


 


協力:大野一雄舞踏研究所、土方巽アーカイヴ(慶應義塾大学アート・センター)


助成:公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京


 


ご注文は大野一雄舞踏研究所公式サイトにて→



一般書店、アマゾンでも販売しています。



 


 


刊行に合わせて、去る2月11日に日比谷図書文化館でシンポジウム&パフォーマンス「舞踏という何か」を開催しました。


 


・パフォーマンス:向雲太郎


・調査報告:松岡大、石山星亜良


・パネリスト:秦宜子(テルプシコール)、立石和浩(東京芸術劇場)


 


イベントの映像を一部こちらで公開していますのでご覧ください→





   


 


 


-------------------------------------------------------------------


 


【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想


        Email: info@dance-archive.net


        Tel/Fax : 03-3450-6507


【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。


 


-------------------------------------------------------------------


 Copyright (c) 2020 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系