2019年05月17日

「All About Zero」プレスリリース第2弾[2019.6.8 東京・両国 シアターΧ]

アーツカレンダー 様

 

平素より大変お世話になっております。

 

本リリースでは、「All About Zero」の主役となる3人のレジェンドと、彼らを支えるアクセスコーディネーターを紹介いたします。

 

 

ニュース・トピック==================================

1. 舞踏ゼロ世紀のレジェンドとの再会

2. アクセスコーディネーターを紹介します

3. 公演基本情報

==================================================



--------------------------------------------------------------------------------------

1. 舞踏ゼロ世紀のレジェンドとの再会

--------------------------------------------------------------------------------------


「All About Zero」は、舞踏の「ゼロ世紀」、つまり1950年代の舞踏が生まれる前の出来事に主体的に関わったレジェンドたちの物語を、ライブと映像と語りで展開します。

3人を結ぶキーワードは、「マイム」と「舞踏」。

高齢を迎え、公の舞台活動を事実上収束しつつある彼らの踊りと言葉は、今見なければ、今聞かなければ、接する機会は永遠にないかもしれません。

3人がどのようなレジェンドなのか、それぞれの経歴と互いの関わりを表す年譜をご覧ください。

 

■■■ 及川廣信 ■■■

1925年生まれ、93歳。1954年フランス留学、マクシミリアン・ドゥクルーにマイムを学び、帰国後日本マイムスタジオ (現日本マイム研究所) 初代所長に就任、60年代を通じて数々の実験的マイム作品を世に問うた。その後、日本マイム研究所(所長佐々木博康) からは、勅使川原三郎、渡辺正行(コント赤信号)、小野寺修二ら多彩な人材を輩出している。また、60年代に、いち早くアントナン・アルトーの仕事を紹介し、80年代にはヤン・ファーブル初来日公演を実現した。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/2269505496636637





及川廣信「リコンストラクション ラ・アルヘンチーナ頌」 (2010)



■■■ ヨネヤマママコ ■■■

1935年生まれ、84歳。父親よりバレエを、江口隆哉・大野一雄よりモダンダンスを学ぶ。とりわけ大野一雄自身から「あなたを教えさせてください」と申し出られたという逸話がある。また独学でマイムを研究し、独自の技法を開発した。19歳で処女作「雪の夜に猫を捨てる」を発表し、大きな話題となる。1958年の作品「ハンチキキ」には土方巽、大野一雄が出演している。「私はパック」「ジェスチャー」「クレージーキャッツショー」等のTV番組にも出演し、日本におけるパントマイムの大衆化に前人未踏の功績を打ち立てた。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/2270801919840328





 

■■■ 大野慶人 ■■■

1938年生まれ、80歳。中学生の時から大野一雄にモダンダンスを学ぶ。1959年4月、大野一雄作品「老人と海」でデビューの後、翌5月に土方巽の「禁色」に少年役で出演。「禁色」は舞踏の最初の作品とされる。1961年、及川廣信にクラシックバレエ、パントマイムを、大蔵彌太郎に仕舞を学ぶ。同年、日本マイム・スタジオの初リサイタル作品「審判」(カフカ原作)では主役を務めた。60年代を通じて、土方作品、及川作品の多くに参加している。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/1527738304146697/2271230843130769/





大野一雄、大野慶人「部屋」(1966)

 



【舞踏ゼロ世紀詳細年譜】

1952 大野一雄、映画「天井桟敷の人々」 (マルセル ・ カルネ監督)を見て、ジャン=ルイ・バローの演技に感銘を受ける。

1953 ヨネヤマママコ、東京教育大学体育学部(現筑波大学)入学。大野一雄の稽古に通う。

1954 ヨネヤマママコ、処女作「雪の夜に猫を捨てる」を発表。

    及川廣信、渡仏。エティエンヌ・ドゥクルー「エコール・ド・ムーブマン」、レオ・スターツ「コンセルヴァトワール・コレグラフィック・ド・パリ」で学ぶ。

1955 マルセル・マルソー初来日公演。

1956 及川廣信、帰国。安藤三子・堀内完ユニーク・ダンス・グループ「カルメン」に賛助出演、土方巽に出会う。

1958 ヨネヤマママコ、NHKテレビ「私はパック」のパック役でデビュー。

    ヨネヤマママコ振付「ハンチキキ」(今井重幸構成演出)に土方巽、大野一雄が出演。

1959 大野慶人、土方巽「禁色」に少年役で出演。

1960    日本マイム・スタジオ設立。初代所長、及川廣信。

    ジャン=ルイ・バロー一座、初来日公演。

    ヨネヤマママコ、渡米。大学・劇団でマイムを教えながら基礎メソッドを研究。

1961 大野慶人、及川廣信にクラシックバレエとマイムを、大藏彌太郎に謡と仕舞を師事。日本マイム・スタジオの初リサイタルに出演。

1962 テオ・レゾワルシュ
*/エクスペリメンタル・マイムPolymorphose、「能とマイムの実験」に観世栄夫が出演。

1963 土方巽「あんま——愛慾を支える劇場の話」に大野一雄、大野慶人、佐々木博康らが出演。

1965 マイム・フェスティバル「空間と沈黙の祭り」開催。及川廣信「割礼」を発表。テオ・レゾワルシュ作品に大野慶人が出演。

    土方巽「バラ色ダンス——A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)」に大野一雄、大野慶人が出演。

1966 及川廣信主宰、アルトー館第1回公演。大野一雄、大野慶人が「部屋」に出演。

1967 アルトー館第2回公演「ゲスラー・テル群論」に土方巽、大野一雄、大野慶人が出演。

1968 土方巽「土方巽と日本人——肉体の叛乱」を発表。

1969 独舞公演「大野慶人DANCE EXPERIENCEの会」

 

*テオ・レゾワルシュ(1930-2008):

1960〜70年代に日本に滞在し、土方巽らとも親交のあった、フランスのマイムアーティスト。『Erotique du Japon[日本のエロティック]』 と『Les rizières du théâtre japonais[日本演劇の田地]』を著し、フランスにおける現代日本演劇紹介の嚆矢となった。





ヨネヤマママコ「ハンチキキ」「雪の夜に猫を捨てる」プログラム





日本マイム・スタジオ リサイタルのプログラム



 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. アクセスコーディネーターたちを紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------


高齢なアーティスト達のイベント参加をストレス無く実現するために、それぞれに一人ずつ、アクセスコーディネーターがついています。

 

■ 相良ゆみ:Eiko & Komaの薫陶を受け、舞踏家として活動。及川廣信に長年師事。 

■ 明神勇郎米:マイムアーティスト。1980年代からヨネヤマママコに師事、内弟子となる。

■ 大野圭子:大野慶人次女。生活を共にしつつ、マネージメントを行う。

 

通常「アクセスコーディネーター」は、障害者のアクセシビリティを向上させる働きをします。本企画での「アクセスコーディネーター」は、アーティストと日常を共有し、細かいケアをしながら、移動などの生活上の物理的な動きを助けます。さらにまた、レジェンド達の記憶や身体表現を補い、伝える、芸術上のアシスタントとしての役割も担っています。

そのような「アクセスコーディネーター」は、高齢なアーティストの生活と芸術活動の維持にとって、必要不可欠な、重要な役割です。それぞれが不安定さを抱えていることを理解した上で、敢えてレジェンド達と観客の再会を企画するAll About Zeroを、最も善く特徴付ける、新しい役割と考えています。

「アクセスコーディネーター」という役回りは、社会の長寿命化に伴い、パフォーミングアーツの世界全体で、今後重要性を増していくのではないでしょうか。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

3. 「All About Zero」公演概要

--------------------------------------------------------------------------------------


舞踏アーカイヴプロジェクト「All About Zero」

[日時]2019年6月8日(土) 15:00開演 (14:30受付開始)

[劇場] 東京・両国 シアターXカイ

 

\詳細情報は特設ウェブサイトにて随時更新!/

http://www.dance-archive.net/allaboutzero/

 

 

【出演】

及川廣信(マイム)、ヨネヤマママコ(パントマイム)、大野慶人(舞踏)

清水寛二(能)、tarinainanika(コーポリアルマイム)、木檜朱実(地唄舞)

(※やむを得ない事情により出演者を変更する場合があります。変更に伴う払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。)

 


 

【チケット】

[前売]

・一般 3,000円

・アーティスト割引*(先着30枚限定) 2,000円

・アカデミック割引**(先着10枚限定) 2,500円

[当日]

・全券種共通 3,500円

 

*アーティスト割引:ジャンル不問。チラシ等活動を証明できるものを当日受付にてご提示ください。

**アカデミック割引:学生・教職員等。学生証、教職証等の身分証明書を当日受付にてご提示ください。


 

□Peatix

https://allaboutzero.peatix.com/

 

□ チケットカンフェティ

http://confetti-web.com/allaboutzero

Tel: 0120-240-540(通話料無料・平日10:00〜18:00)

 

 

本件についてのお問い合わせ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。

ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Facebook : @DanceArchiveNetwork

Twitter : @dance_archive

Instagram : @dancearchivenetwork

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系