2018年11月25日

からくり劇場公演No.3『歌わせたい男たち』









'18.11.23.     からくり劇場公演No.3『歌わせたい男たち』

会場:蛸蔵




 永井愛の作品は高知市民劇場で'00年に二兎社による『パパのデモクラシー』を観て以来、同年のテアトル・エコーによる『ら抜きの殺意』、'14年のグループる・ばる による『片づけたい女たち』を観ている。『ら抜きの殺意』については、からくり劇場を主宰する松田昭彦や今回、校長の与田を演じた谷山圭一郎が属していた演劇センター'90による'07年の公演( http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/07/11-18.html )でも観ていて、かなりお気に入りの作家なのだが、十三年前の作品となる本作も実に観応えがあった。




 今の世の中の空気を作ってきたものが何なのかを噛み締めるうえでも、改めて取り上げるに足る作品だと感銘を受けた。根強い反対世論を押し切って法制化された国歌「君が代」自体の是非はともかく、改革の名の下に教育現場を蹂躙した石原都政での東京都教育委員会の問答無用の締め付けのもたらしたものがよく捉えられていたように思う。報道等で見聞した範囲でしかないが、本作に描かれた出来事は全て思い当たるものばかりだった気がする。君が代も日の丸も口実でしかない感じがひどく不快だった覚えがある。それなのに、表立っては国旗国歌の部分での応酬をせざるをえないものだから、どんどん捻じれ歪んでいっていたように思う。




 石原慎太郎は『太陽の季節』の映画日誌( http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/2014j/25.htm )にも記しているように、僕の最も嫌いな人物なのだが、その石原都政化で起こったことを垣間見ることが、今また現政権の画策している強引な憲法改定が何をもたらすか示唆しているようで不気味だった。




 単なる法制化で、国会では絶対に強制などはしないとされたものでさえ、国が直接強制しなくても東京都が全国に範を見せるのだと息まく足場を作り、地裁で不当判決が出されても最高裁で覆して、世の中の空気を変えてきたのだから、ましてや憲法なのだ。本作でも焦点は「君が代」ではなく、憲法第19条だった。自民党の憲法改正推進本部が示している平成二十四年改正草案でも手が入っていて、「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」として国権を縛っていた表現から「思想及び良心の自由は、保障する」となっている。言葉巧みに、侵害を理由に異議を申し立てることが封じられ、国権側が保障の形を決めることのできる文言に変わっている。どんな形であれ、一定保障していることさえ示せば、憲法違反を問われることがなくなる条項に形を変える草案にしたわけだ。本作の終盤で与田校長が屋上から演説していた最高裁判決の趣旨そのものだと思った。




 だが、そういった事々よりも当夜の芝居を観ていて、最も心打たれたのは、国歌斉唱強制への抵抗を貫こうとする社会科教師の拝島(刈谷隆介)とお国訛りが通じ合う元シャンソン歌手の新米音楽教師(小野純子)が、拝島のために♪聞かせてよ愛の言葉を♪を歌い、それに応えて拝島が眼鏡を外して置いて出て行く場面だった。歌というものは侮れない力があるとしみじみ思う。♪暗い日曜日♪は、エリカ・マロジャーンの出ていた同名映画のサントラCDも購入している曲だし、♪パダンパダン♪もなかなか強烈で印象深い歌だ。そう上手には歌われていなかったのに、却って迫ってくるものがあった。




 また、若い英語科教師(中城賢太)とは明らかに異なる苦衷を抱える与田校長が、決して変節漢には見えてこないことが重要なだけに、谷山圭一郎の配役がとてもよく嵌っているように感じた。そして、社会の軸足が変わってしまうなか、ぶれないでいるだけで「軟弱な…」から「ガチガチの…」に変わってしまった世の中のほうの変節に抗う頑なさのなかに、殊のほか重要な“誠実さ”をきちんと宿らせていた刈谷隆介にも感心した。




 すっかりオカシナ世のなかになってきている状況を踏まえてか、当日配布リーフレットにご挨拶として「劇団のイデオロギーについて」と題し、「…劇団として特定の思想やイデオロギーを持っているわけではありません。…純粋に作品として楽しんでいただければと思います。」というような妙なエクスキューズも添えなければいけなくなっているのが今の状況なのだ。だが、本作は、イデオロギー的な捉え方のできる作品であると同時に、イデオロギーとは別のところのヒューマニズムにおいて看過できない問題を最も強く訴えている作品であり、いま何かと喧しいブラック企業の問題などにも通じる話なのだ。そういう意味でも、志ある作品選択に感銘を受けた。




 そして、激しい論争の長台詞の続く芝居のなかに、緩衝材として元シャンソン歌手の音楽教師が配されていて、シャンソンのみならず、お国訛りの件も含めて、それが十分以上に機能していた気がする。なかなか大したものだと思った。
















  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


     (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

     (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

四十年ぶりの早稲田松竹









ウディ・アレン×トッド・ヘインズ“作家たちが描くニューヨークとその時代”

 『女と男の観覧車』(Wonder Wheel)  監督 ウディ・アレン 

 『ワンダーストラック』(Wonderstruck) 監督 トッド・ヘインズ 




 

 僕が早稲田松竹で最初に観た映画は、大学に入った年の4月の『ベニスに死す』と『愛すれど哀しく』の二本立てで、手元の記録によれば、最後は'79年の『タクシードライバー』と『狼たちの午後』だから、ざっと四十年ぶりということになる。僕の記憶では、かつての入り口は今とは反対の大学寄りの向かって左側だったような気がするが、すっかり綺麗になって席数も僕の覚えよりは多くなっているように感じた。




 今回の“二つのワンダー”とも言うべきラインナップのうち、先に観た『女と男の観覧車』では、甘く流れる♪ブルーレディに紅いバラ♪が何とも哀しく響いてきた。自身の不倫による家庭の破綻で女優業も続けられなくなり、同じく人生に躓いた酒癖の悪い男と子連れ再婚をして、しがない女給業で食い繋いでいるブルーレディ、ジニー(ケイト・ウィンスレット)に贈ってやれる赤いバラなどありそうにない気がしてきて、哀れを誘われたのだろう。




 決して悪い女じゃないのだけれど、やっぱりダメな女で、幸せには縁遠いキャラクターなのだと思う。単に恋情にのぼせ上ってのこととは言えないものがあって、ミッキー(ジャスティン・ティンバーレイク)ならずとも、いずれ愛想尽かしをされてしまうことが想像に難くない哀れな女性だった。そういう意味では、夫ハンプティ(ジム・ベルーシ)はまたとない腐れ縁的な格好の相手なのだが、「嫌じゃないけど満足できない」というのがミソだと思った。




 ジニーがモンローばりのドレスをきれいさっぱり捨てられるようになれば、また違う人生が開けてくるのかもしれないが、むしろ無理やりにでも身にまとわずにはいられない姿が何とも痛ましかった。




 十年近く前に拙日誌も綴ってある『愛を読むひと』を観たときにも思ったが、ケイト・ウィンスレットは大した女優になったものだとつくづく感心した。若いミッキーを惹きつける年増の魅力も、ミッキーもハンプティもうんざりさせてしまう煩さもともに生々しく体現していたように思う。







 続けて観た『ワンダーストラック』では、始まる前に文科省選定との文字が映し出され、トッド・ヘインズが選定映画を撮るようになったのかと驚いたが、ありがちな選定映画とは一味違う快作だった。




 埋もれていた記録と記憶がある種の意思が働いたとしか思えない不思議な繋がり方をして立ち現われてくる姿を観ながら、ヴァーチャルではない“モノ”の大切さを改めて思った。不慮の事故で亡くなったエレイン(ミッシェル・ウィリアムズ)が息子のベン(オークス・フェグリー)に遺した想いと遺品の紡ぎ出す物語の鍵を握っているのが、今どき如何にも時代遅れ感の漂う本とジオラマであるところがいい。かつて模型作りに耽ったり本屋巡りを重ねたりしたことのある者には堪らない味わいを残してくれる作品だ。人はイメージだけでは継いでいけないからこそ博物館があるのだと改めて思った。




 今なお早稲田松竹が、かような二本立てを続けてくれているのが何とも嬉しくなった。今回、四十年ぶりに大学祭に来るのみならず早稲田松竹で二本立てを観るのも目的の一つだと、前々日に映画と展覧会に付き合ってもらった友人に話したら、一番印象に残っている映画は?と問われ、『ミッドナイトエクスプレス』と『ひまわり』だと答えたが、思い返してみると、『カサブランカ』も『アマルコルド』も『太陽がいっぱい』も『ウッドストック』も、ここで見せてもらったのだった。




 映画が終わって、すっかり遅くなった昼食には、前日の早稲田祭に赴いた中高大の同窓生と今なお当時と同じ場所で営業していると確認した「えぞ菊」で懐かしのコーン盛の味噌ラーメンを食べた。当時、朝までやっている店がまだ少なかったなか、明け方近くまで麻雀に耽った後、よく食べに来たものだった。今ではラーメンにコーンを盛るのは珍しくもなんともないトッピングだが、当時の僕には珍しくてさすがはサッポロラーメンだと感心した覚えがある。太麺に少し甘みも感じる味噌味が好みで、よく食したものだが、最後に飲み干すスープに残っているコーンと挽肉の粒を噛み潰しながら、遠い昔を思い出した。僕の記憶では、店内はカウンターが馬蹄形に囲ってあったのだが、そうはなっていなかったので訊ねると、昔と全く同じ場所ではなく、少し移動して店構えが変わっているのだそうだ。午前5時までやっていた営業時間も1時間短くなって、午前4時までになっていた。僕と同じように昔懐かしく入ってくる客がいるのか訊ねると、けっこうおいでますとのことだった。むろん僕が通っていた当時の顔ではなかったので、いつからか問うと十八年になるとのことだった。ちょうど真ん中あたりだねと言うと、そんなに前ですかと笑って、また来てくださいねと言われた。ちと遠いけどなぁ。

 

'18.11. 5. 早稲田松竹 


















  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


          (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

          (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像系