2018年10月10日

11/04(日):櫻井郁也ダンス in 京都

京都場アート講座vol.13:美術と身体
《櫻井郁也ダンス 「絶句スル物質」ーーーーー藤井健仁の彫刻とともに》


「血液が震えるのだ。彫刻家によって、鉄の内部から抽出された不在の内部から放出される大量の感情が、この身にバリバリと振動を与えるから、私の血液は震え、ゆえ、身ごと揺れざるを得ない。このダンスは私にとって一種の純粋痙攣なのだ、、、。(櫻井郁也:ダンサー)」

「我々のどこまでが鉄と関わりが無いのかといった線引きは非常に不確かなものとなる。我々こそが鉄から出来た人形なのではないのか。(藤井健仁:彫刻家)」

アートギャラリー《京都場》において、展覧会と同時開催されるアート講座、第十三弾は、海外でも評価を得る先鋭的ソロダンサー・櫻井郁也を招いて、彫刻とダンスのコラボレーション公演を開催します。この公演は、鉄の彫刻家・藤井健仁展の関連企画として制作され、領域をこえて共振する2名のアーティストが「物質と生命」をめぐって刺激的なパフォーマンスを繰り広げます。
ダンスと美術、ともに最前線を走り続ける二人の共同作業から、いかなる時空が生まれ、いかなる想像力の地平が開かれるか、ご注目ください。


日時=2018年11月4日(日)
16:00開演(15:30オープン)終演予定18:00
終演後は、彫刻の展示(下記)をご覧いただけます。(閉館19:00)

会場=京都場
〒604-8412 京都府京都市中京区西ノ京南聖町6-5
JR山陰本線および地下鉄東西線「二条」
または、地下鉄東西線「二条城前」より徒歩5分

料金=予約 800円、当日1,000円、学生無料(学生証を提示)
詳細 https://blog.goo.ne.jp/cross-section/e/fd99689a7219be184c3bee143cdaec69

予約・問合せ=メール「info@kyoto-ba.jp 」または、電話 070-6506-5939(いづれも京都場)
※メールの件名は「11/4アート講座予約」としてください。
※本文には「@お名前 Aご来場人数 Bご連絡先」を必ずご記入ください。


【開催中の展覧会】藤井健仁展「私たちのどこまでが鉄ではないのか インテグラル」(10/20〜12/16、月火休)

主催=京都場
URL=http://kyoto-ba.jp/
posted by アーツワークス at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2018年10月05日

サイスタジオ「小さな音楽会」vol.1 by kuniko kato arts project inc. 「庭」ーgarden

garden text pdf.pdf
inc_garden.pdf
アーツカレンダー編集室
鈴木さま

こんにちは、kuniko kato projectの鈴木と申します。
お世話になっております。
掲載のお願いをしたくご連絡さしあげました。
弊団体の主催する若手演奏家支援プログラムの公演です。
詳細を添付いたしますので、ご査収いただけたと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

kuniko kato arts project
鈴木 彩
posted by アーツワークス at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2018年10月02日

11/13(火)太田ゆかり TERRITORHYTHM 新作「Reflexions」?反映?

太田ゆかり TERRITORHYTHM 新作  
DANCE × MUSIC Collaboration  
「Reflexions」〜反映〜
DANCE×PIANO

バッハ・バルトーク・ペルト… 反映し合う身体と音。
コンテンポラリーダンスとピアノの共演。

●11月13日(火)
 15:00開演(14:30開場)
 19:00開演(18:30開場)

●会場:MUSICASA
  東京都渋谷区西原3-33-1 TEL:03-5454-0054
  (代々木上原駅]東口より徒歩2分)

●演出・構成・振付:太田ゆかり
●音楽:村上明子    
●出演 Dance 太田ゆかり Piano 村上明子

●チケット料金:前売 3800円 学生 3500円(前売のみ)/ 当日4300 円

●ご予約・お問い合わせ:TERRITORHYTHM テリトリズム
 E-mail:share11project@gmail.com

公演HP
http://yukari-ota.jimdo.com

posted by アーツワークス at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

東京キャラバン in 高知“KOCHI KARVAN 夢幻行脚?”









'18. 9.16.  会場:県立美術館・中庭


 知り合いからの誘いも受けたし、観覧無料だし、と出向いたのだが、まるでピンとこなかった。KUTVで放映されていたローカル長寿番組『歌って走ってキャラバンバン』をもじった運びで“高知のスゴい文化”たる参加アーティストとして、山田太鼓伝承会やカポエイラ バトゥーキ ジャパオ高知、高知県庁正調よさこいクラブなどを紹介していく舞台構成で始まった公演を観ながら、なんだかなぁと思ったのだが、その後も観続けているうちに、高知の文化素材を使って“創造しているのではなく消費している感じ”のようなものが湧いてきた。


 そもそもこれは何なのだろうと思って、帰宅後、当日配布されたリーフレット「TOKYO CARAVAN 2018」を読んでみると、そこに記された野田秀樹の言葉に、東京オリンピックに便乗した太鼓持ち企画だったのかと妙な納得感を覚えた。だいたい“東京キャラバン”などというネーミングからして気に食わないという気がしてきた。


 それにしても、チラシに記された“高知のスゴい文化”としての抽出は、どんな基準のもとに、誰がどういう形で行ったのだろう。リーディングアーティストとしてクレジットされている木ノ下裕一の示した基準に沿って高知県文化財団が提供した情報をもとに、木ノ下が選定したというのが順当な線だと思うのだが、もしそうだったとしたら、公演以上に、木ノ下の示した基準とそれにより県文化財団が提供した情報のほうが、より興味深いように思われた。











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/ 

   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系