2018年05月16日

テアトル・エコー公演 『もやしの唄』(高知市民劇場第332回例会)









'18. 5.11. 会場:県民文化ホール・オレンジ


 小川未玲の書いた本作を初めて観たのは、十一年前の地元劇団での公演だ。その演劇センター'90は、いまはもう解散しているが、元の劇団員は演劇活動を続けていて、その一人である現在カラクリシアターを主宰している谷山圭一郎を初めて観たのもそのときの公演だった。彼の演じた恵五郎の印象が妙に強かったせいか、今回の恵五郎は少々物足りなく、近所の中華屋で働く気のいい九里子(小泉聡美)が惹かれるのは恵五郎ではなくて、村松幸雄(川本克彦)のほうだろうという気がして仕方がなかった。泉商店の先代時代からの従業員だった明治生まれとの近藤喜助を演じていた後藤敦が、明治大正昭和を生きてきた人らしい佇まいを思いのほか所作に窺わせていて目を惹いた。


 それにしても、機関紙に転載された小川未玲の記事によれば、2012年が八年ぶりの再演だったようだから、演劇センター'90の公演は、初演からわずか三年という早さであることに驚いた。十一年前に、僕よりも十一歳年下の小川未玲が書いた「変わらなくても よかったのに…」との台詞に、少々小癪なものを感じた思いが今回はいささかも湧いて来なかったのは、僕自身の寄る年波のせいなのかもしれない。


 人々が共に暮らす繋がりの醸し出す温かみというものを、十一年前よりも素直に感受することができたように思う。いまではもう夜中に『もやしの唄』を聴いたことのある人なんて本当に一人もいなくなっているのではないだろうか。


 折しもふとしたことから『この世界の片隅に』の原作漫画を読んだことから、映画化作品の公開時に綴った日誌を開くと、「戦況が悪化するなか、すず(声:のん)の呟く「いがんどる…」が心に深く刺さってきた。本作に描かれた戦前・戦中・戦後まもなくの日本を僕は同時代では知らない。わずかに薪で風呂を焚いたことや直火で飯を炊いた経験はあるけれども、日々の暮らしを近所の人たちとともに営む生活からは既に遠くなっている」と記している一節があった。『もやしの唄』にはまさしくこの「日々の暮らしを近所の人たちとともに営む生活」が描かれていたように思う。


 観劇後のバックステージツアーに誘われ、井戸からの手押し汲上ポンプから実際に水が汲み出されていた舞台装置を見分した。遠い昔、僕の家にもあったものだが、取水口に袋掛けしていた布に赤錆が付着して色付いているさまが施されていて、その芸の細かさに感心するとともに、懐かしい想いが湧いた。




http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/07/4-28.html











  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/ 

     (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

     (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系