2018年04月03日

『報われません、勝つまでは 土佐弁ver.』現役高校生版・かつて高校生だった者たち版









'18. 3.25.  会場:高知市文化プラザかるぽーと小ホール


 同じ田上豊の作・演出による芝居のダブルキャストを「現役高校生版」「かつて高校生だった者たち版」とすることで少し造りを変えてきている2ヴァージョンの芝居を観て、かなり触発されるものがあって、大いに楽しめた。かつて高校生だった者たち版第2公演を先に観てから、現役高校生版第3公演を観たのだが、僕の好みは断然、現役高校生版のほうだった。高校ハンドボール部の部室一場の芝居だけに、高校生が高校生を活き活きと演じることで生まれているエネルギーのほうが、演技者の技術力の差異を上回っていたように思う。


 加えて、中心となる高校生部員以外の配役について敢えて対照的に配したと思しき、工事現場の男 福永弘と謎の女 本山裕美において、現役版の人物造形の魅力が断然上回っていたことが大きく作用していた気がする。現役版の木下瑞貴と浜田あゆみがなかなかよくて目を惹いた。かつて版の福永を帰化人にして台詞がろくに聞き取れない人物にしていたことで得られたものが、僕にはなにもなかった。


 先に観たかつて版では“土佐弁ver.”と銘打った“言葉”への囚われが、僕のほうに生じていたのかもしれないが、微妙な違和感が妙に気になった。なまじ地の言葉であるだけに日常語としてよりも舞台台詞として聞こえてくる響きが些細なところでも気に障ってくるのだろう。舞台経験が豊富で芝居語としての発声に経験の豊かなほうに、つい舞台口調が現れてくることに比べ、舞台経験の少ない若しくはないほうにはその虞の余地がないことが、図らずも幸いとなっている気がした。また、高南台高校スポーツ特進クラスの一雄が落ち零れた旧知の高知学院生の克人に与える屈辱にしても、かつて版の克人の顔を靴で踏みつける行為と現役版の克人の顔に水を浴びせかける行為とでは、同じく弟
浩二の怒りを買うにしても、かつて版のほうが遥かに味が悪い気がした。


 そんなこともあってか、かつて版の高校生たちの見せる強気と弱気の錯綜や暴力性に対して、僕のなかでは笑いが湧いてくることがほとんどなくて、部室のロッカーに施してある落書きの“働かざること山の如し”がいちばん可笑しいという少々勿体ない観劇になっていたのだが、現役版は思いのほか面白くて、随所で笑え、高校生の発揮する反射的な暴力性に対しても、かつて版に感じた厭味をほとんど覚えることなく、十七年前の『この窓は君のもの』['95](監督 古厩智之)の映画日誌に記した三十二年前の拙詩のことを思い出した。その詩の題は“失くしたもの、犯していること”なのだが、まだ失くしてはいない現役高校生と既に失くしているはずのかつて高校生だった者たちとでは、同じ場面を演じても生み出すことのできる空気に違いがあるのは、当然なのだと思った。でも中学生は過ぎ、高校生だから、ゲン先生が諭したように、喧嘩は奨励されると同時に制止されなくてはならなくなってもいるわけだ。

 





『この窓は君のもの』['95]の映画日誌http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/2001j/11.htm














  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


          (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

          (『ヤマさんのライブ備忘録』)





posted by アーツワークス at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系