2019年12月08日

劇団文化座 公演『銀の滴 降る降る まわりに―首里1945―』(高知市民劇場第341回例会)








'19.11.26. 劇団文化座 公演『銀の滴 降る降る まわりに―首里1945―』(高知市民劇場第341回例会)


会場:高知市文化プラザかるぽーと大ホール





 何の予備知識もなく観たものだから、開始早々に「上からは同等に扱えと言われている」とのなかで、雑役を押しつけられてばかりいる炊事兵の冨田一等兵(皆川和彦)が登場した際に、ありがちな朝鮮人日本兵という設定に違いないと思ったら、アイヌ人との設定で大いに意表を衝かれた。そういったことのみならず、隅々までありがちな軍隊ものとは一線を画していて、悪役もヒロイックな人物も誰一人いない人物造形に感心するとともに、“不完全なる人間”の愚かさや至らなさと共にある健気さが、とても誠実に描かれていて、心打たれた。


 沖縄戦を舞台にした芝居のタイトルがよもやアイヌ語だったとは、本当に思い掛けなかったのだが、そのことが明かされた一幕の終わりに、だから如何にも南国沖縄を思わせる木々の設えではなかったのだなと得心がいった。アイヌの神の使いだとの梟の似合う樹は、やはり椰子のようなものであってはならないわけだが、満州の極寒の地から移送されてきて暑さに閉口している場面から始まる本作の舞台装置がちっとも沖縄っぽくみえないことを不審に思った謎が解けた。


 そして、“金の滴”ではなく“銀の滴”のほうをタイトルにしているのは、現地徴用されて炊事班に配属された中里幸吉(春稀貴裕)が冨田に告げた「一度も見たことのない“雪”を見てみたい」との台詞からくるのだということが判ってくるとともに、終盤で与那城イト(佐々木愛)が冨田に捨てるよう諭した「武器」との対照としての「母語」の提示にこそ深意があることが伝わってきて、強い感銘を受けた。


 武器がもたらすものは死と破壊でしかなく、軍隊が守れるものなど何もなかった一方で、ウチナーグチを守ってきた沖縄の民衆を讃える意味でのアイヌ語であり、沖縄人に感銘を受けた冨田の呟きだったわけだ。そして、そのウチナーグチでもって繰り返し運玉森のギルーの心を説くおばぁイトの体現していたものこそが真の“守り”ということなのだろう。さすが文化座作品らしい魂の入ったよく練られた舞台だと思うとともに、自分たちで上映しながら観る機会を逸したままになっている高嶺剛監督の『ウンタマギルー』['89]を観てみたいとの想いが強くなった。


 思えば、いかにも士官学校出の秀才を感じさせた小野寺小隊長(米山実)の保っていた冷静さと誠実さに心許すなかで、絶望的な戦況に「兵士ではない民は速やかに米軍の捕虜となって戦後復興に努めてほしい」と説かれても、「それが正しくても、それは頭のなかの戦争であって米軍に息子を殺された儂らは、腹の立つことばかりされてもやっぱり日本軍を頼りにしてるんだ」と訴えて小野寺を項垂れさせていた与那城区長(阿部勉)が、日本軍への不信と憤りを露わにした契機は、高山軍曹(藤原章寛)が区長たちにウチナーグチを禁じ、これからは標準語で話さないとスパイと見做して処刑すると迫ったときだった。アイヌの謡から採ったタイトルの“銀の滴”とは、与那城区長たちにとってのウチナーグチすなわち「母語」ということなのだろう。最後に彼が「日本語の次にこれからは英語も覚えなければいけないのか…」と呟く姿が心に残った。


 戦場を生き抜く力に長けた高山軍曹から“使えない隊長”と小馬鹿にされていた小野寺小隊長という二人には、『プラトーン』['86]のエリアスとバーンズに投影されていた理念と現実の対照にも通じるものが窺えたけれども、その点では『プラトーン』には及ばない。だが、そこが本作の主題ではなくて、対照していたものという点では、やはり武器と母語に違いなく、そのことを明示するうえでの作品タイトルなのだろうと思った。


 最後、中里から預かった竹とんぼを米軍戦車を前にして放ったとき、機銃掃射の音はなく、キャタピラの音が再びし始めたところで止まった。機銃の音は、その後、あったのか、なかったのか。敢えて音を止めた部分は観る側に預けられたわけだが、僕としては、小野寺小隊長が与那城区長に説いて断られ項垂れたものを、奇しくも富田が結果的にその遺志を継ぐ形になって叶えたと思いたいところだ。








  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2019年12月04日

【Dance Archive Network News 027】新刊のお知らせ

2019年12月4日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)
Facebook : @DanceArchiveNetwork Twitter : @dance_archive

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ダンスアーカイヴ構想編の書籍が発売されました。

●●● 『これはダンスか 「大野一雄」は終わらない』 ●●●
2018年9-12月に若山美術館 (東京・銀座)にて開催された、生活者としての大野一雄に焦点をあてた展覧会「大野一雄展 日常の糧」の図録が発行されました。未公開のスナップ写真を含めた200点のカラーとモノクロの写真、4通の私信、6人の近しい人々の証言により、「大野一雄」の空気を伝えます。

NPO法人ダンスアーカイヴ構想編/若山美術館発行・有限会社かんた発売/A5判ソフトカバー/160ページ/日英完全対訳/ISBN 978-4-902098-10-5/販売価格:1,980円(税込)
販売場所:若山美術館、大野一雄舞踏研究所公式サイト、全国書店にて

目次より: 幼稚園/稽古場/老人と海/イエスの招き/100歳/衣装/アントニア・メルセ/ボイラー室/聖劇/ラ・アルヘンチーナ頌/体育教員/モダンダンス/戦争体験/死海/家族/花、草、動物
―大野一雄を語る:三戸部恵美子・岩村加恵子(上星川幼稚園)、天野功(元捜真バプテスト教会牧師)、中島昭子(捜真学院学院長)、大野美加子(大野慶人長女)、大野悦子(大野慶人夫人)、ヨネヤマママコ(マイムアーティスト)
―大野一雄からの手紙:ヘミングウェイへ/ナンシーから/弟子・山口直永へ/戦線より

詳細は大野一雄舞踏研究所公式サイトにて→ http://www.kazuoohnodancestudio.com/ec/p20014.html

-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2019 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年11月25日

水俣・ひとり芝居「天の魚」








'19.11.22.   水俣・ひとり芝居「天の魚」


会場:蛸蔵  





 三世代で水俣病に見舞われた江津野家を訪ねて来た「あねさん」と呼ばれる訪問客に、問わず語りに来し方をつまびらかにしていた江津野老(川島宏知)が、しきりと見せていた空笑いに潜む遣る瀬なさが何とも痛ましくも悲しくて、あねさんに語っているとも胎児性水俣病患者の9歳の孫杢太郎に語っているとも知れない「わしらの舌は殿さん舌でござす」との台詞が耳に残った。


 時代設定の東京五輪の歳1964年には、メチル水銀を含んだ廃水による魚介類汚染が原因だとの情報は既に当事者たちにも届いていたように思うから、なおのこと、せわしくて新鮮な刺身にもありつけない都会暮らしにはない至福が水俣の海にはあるとの江津野老の言葉が哀しく響くのだろう。胎児性水俣病患者の孫のみならず漁師の息子も、腕に激しい震えの発作がくる自分自身も揃って水俣病患者で、どこにも行き場がなく、その海で暮らすほかないのだ。


 高校時分に観た『サンダカン八番娼館 望郷』['74]で知った覚えのある「からゆきさん」にまつわる話は、川島宏知の師に当たる砂田明が本作を創り、'79年から全国行脚公演を始めた時分には意義も意味もあったように思うが、今となれば、少々焦点がぼやける方向に作用しているようにも感じた。


 砂田亡きあと、川島が再演を始めたのは'06年とのことで、十三年前になるわけだ。宿毛市出身の彼が願っていたとの高知市公演がようやく叶ったと話していたが、奇しくも、水俣病患者らが初めて裁判で補償を求めたという'69年からちょうど半世紀経った歳に叶ったことになる。スタッフを含めて、ライフワークというものを得ている人々の生の強さというものが端々に感じられるような公演だったことが、とても印象深かった。








  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2019年11月16日

からくり劇場公演No.4『ザ・空気』








'19.11.15.   からくり劇場公演No.4『ザ・空気』


会場:蛸蔵  


 さすが永井愛の作品だと感じ入りながら、では、どうすればいいのだろうと些か苦しくなった。二年前の作品だというから、本作で「この二年間ですっかり変っちゃいました」との台詞があった二年が、いま経っているわけだ。それで言えば、まだ憲法の改定はされていないが、報道現場における空気は、自殺した桜木や未遂になった今森俊一(谷山圭一郎)編集長のように憤り抗う者が組織のなかにはいなくなってしまい、鬩ぎ合いのなくなったものになっているのではないかという気がした。


 本作の毎朝テレビに限らず、報道マスメディア組織のトップが政権トップと会食を重ねる状況で、そうそう“面従腹背”を貫ける人物がいるはずもなく、経営責任の名の下に組織防衛に重ねた保身を図る状況下にあれば、現場において、本作に描かれたような状況が日常的に重ねられたであろうから、その二年の積み重ねは、決して侮れない気がする。


 来宮楠子(小野純子)キャスターが経営責任の一角を担う役員に転じていたりする姿は決して彼女に限られたものではないはずで、丹下百代(別役和美)ディレクターが辞め、残ることができているのは、本意か不本意か無頓着かは不明ながら、ネトウヨ的勢力に加担するに至っている花田路也(木村塁)エディターと、“空気読みの達人”とも言うべき“中立”論者の大雲要人(刈谷隆介)アンカーだけだった。


 そうなってしまうのも仕方ないかもしれないと思われるストレスフルな状況がひしひしと伝わってくる芝居になっていたように思う。ついついマスメディアに対する憤慨に見舞われることの多い昨今だけれども、これだけのストレスに日々晒されることに持ちこたえられる人のほうが少なかろうと思えて仕方がなかった。現場に決定権が保障されていない問題の根はとても深い。


 情けなくてしようがないのは、現場にこれだけの苦渋を飲ませる「ザ・空気」を醸成している側には、きっと“弾圧”や“検閲”などといった大それたことをしているような自覚がなく、単に選挙に勝ちたいためだけの範囲のことでしか考えていないように思えて仕方のないところだ。現政権が、選挙目的・政権維持のためだけにしていることに過ぎないと思っているであろうことによって、その現場にいる人々の良心をどれだけ破壊し、彼らが帰属し構成している組織の社会的装置としての機能を損なっているかを思うと、本当にやり切れなくなってくる。官庁にしても、教育界にしても、法曹界にしても、現場の受けているダメージは測り知れない。


 麻生太郎が首相となって後に下野してから、対立軸を打ち出すためと称して極端に国家主義的色彩を帯びると共に、「貧格」と言うほかない壊れ方を晒してかつての自民党とは全く異なる政党となりながら、なお昔の名前で出る欺瞞を重ねていることが我慢ならない気がしてくる。


 映画『主戦場』で仄めかされていた、政権がネトウヨや日本会議に資金提供して政権批判勢力にバッシングを加えているという構図が仮に事実だとすれば、アメリカがかつてカネも人も出して育てあげたアルカイダに手どころか心臓部を噛まれたようなことが、日本国内で起こるのではないのかとの危惧さえ生じてくる。


 からくり劇場が前回取り上げた『歌わせたい男たち』(作:永井愛)も相当なものだったが、それ以上に深刻な作品だと思った。


































  ヤマ

http://www7b.biglobe.ne.jp/~magarinin/


   (『間借り人の映画日誌』)

http://www.arts-calendar.co.jp/YAMAsan/Live_bibouroku.html

   (『ヤマさんのライブ備忘録』)




posted by アーツワークス at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・パフォーマンス系

2019年11月14日

1/18sat.やぎりんカルテート・リベルタ 自由の風コンサート 2020

自由の風コンサート2020 (通算第2325回)
やぎりんカルテート・リベルタ(自由四人組)

時代と国境を越えた旋律(うた)と言葉。
言葉では伝わらないもの、
言葉でしか伝わらないものが
支え合って生まれる風のような物語。


日時:2020118日土曜日
   ・午前の部  11:00開演
   ・午後の部  14:00開演

会場:東京オペラシティ3階
   近江楽堂(おうみがくどう)(定員120
   京王新線初台駅東口(オペラシティ方面)出口から徒歩3


公演開催協力券 (全自由席):
  一般¥4000 / 学生¥1000
  会員¥3000(手紙届いた方)

お申込み(主催):
  地球音楽工房
  【電話】080-5379-4929
  【FAX】(03)5856-3584
  【メール】yagirin88gmail.com
        ♪を@に変えてください。

予定曲:
  広い河の岸辺★ イングランド民謡/やぎりん 訳詞
  思い出のサリーガーデン★ アイルランド民謡/やぎりん 訳詞
  コンドルは飛んで行く  D.A.ロブレス
  『銀河鉄道の夜』〜白鳥の停車場 藤平慎太郎
  Walking In The Air(空中散歩) H.ブレイク
  風の谷のナウシカ 組曲 久石譲
  マイム・マイム ユダヤ民謡(アラビア風)
  天地創造 ハンガリー民謡  
  ワルツ《切れた絃》 ロシア民謡
  きみの影になりたい ベネズエラ・ワルツ
  小さなオルゴール ウニャ・ラモス
  アマポーラ J.M.ラカーリェ


出演:やぎりんカルテート・リベルタ ◎自由と平和のための四人組
    金川信江(クラリネット)KANEKAWA Nobue
    藤枝貴子(アルパ)FUJIEDA Takako
    清永充美(ギターと歌)KIYONAGA Atsuyoshi
    八木倫明(ケーナとナイと訳詞)YAGI Rimmei
    【筆名:やぎりん】


118日の会場は、カトリックの礼拝堂を模した素晴らしい音響のホールです。
こちらの東京 新宿での公演の他、下記二つの公演がございます。


千葉公演
2020125日土曜日 19時開演
美浜文化ホール音楽ホール

埼玉公演
2020215日土曜日 14時開演
ウェスタ川越リハーサル室


川越のみ、俳優の斉藤とも子さん、朗読で出演。

いずれも上記、地球音楽工房にて、ご予約を承ります。




公演情報ページ





.







.
posted by アーツワークス at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系