2019年05月17日

「All About Zero」プレスリリース第2弾[2019.6.8 東京・両国 シアターΧ]

アーツカレンダー 様

 

平素より大変お世話になっております。

 

本リリースでは、「All About Zero」の主役となる3人のレジェンドと、彼らを支えるアクセスコーディネーターを紹介いたします。

 

 

ニュース・トピック==================================

1. 舞踏ゼロ世紀のレジェンドとの再会

2. アクセスコーディネーターを紹介します

3. 公演基本情報

==================================================



--------------------------------------------------------------------------------------

1. 舞踏ゼロ世紀のレジェンドとの再会

--------------------------------------------------------------------------------------


「All About Zero」は、舞踏の「ゼロ世紀」、つまり1950年代の舞踏が生まれる前の出来事に主体的に関わったレジェンドたちの物語を、ライブと映像と語りで展開します。

3人を結ぶキーワードは、「マイム」と「舞踏」。

高齢を迎え、公の舞台活動を事実上収束しつつある彼らの踊りと言葉は、今見なければ、今聞かなければ、接する機会は永遠にないかもしれません。

3人がどのようなレジェンドなのか、それぞれの経歴と互いの関わりを表す年譜をご覧ください。

 

■■■ 及川廣信 ■■■

1925年生まれ、93歳。1954年フランス留学、マクシミリアン・ドゥクルーにマイムを学び、帰国後日本マイムスタジオ (現日本マイム研究所) 初代所長に就任、60年代を通じて数々の実験的マイム作品を世に問うた。その後、日本マイム研究所(所長佐々木博康) からは、勅使川原三郎、渡辺正行(コント赤信号)、小野寺修二ら多彩な人材を輩出している。また、60年代に、いち早くアントナン・アルトーの仕事を紹介し、80年代にはヤン・ファーブル初来日公演を実現した。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/2269505496636637





及川廣信「リコンストラクション ラ・アルヘンチーナ頌」 (2010)



■■■ ヨネヤマママコ ■■■

1935年生まれ、84歳。父親よりバレエを、江口隆哉・大野一雄よりモダンダンスを学ぶ。とりわけ大野一雄自身から「あなたを教えさせてください」と申し出られたという逸話がある。また独学でマイムを研究し、独自の技法を開発した。19歳で処女作「雪の夜に猫を捨てる」を発表し、大きな話題となる。1958年の作品「ハンチキキ」には土方巽、大野一雄が出演している。「私はパック」「ジェスチャー」「クレージーキャッツショー」等のTV番組にも出演し、日本におけるパントマイムの大衆化に前人未踏の功績を打ち立てた。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/2270801919840328





 

■■■ 大野慶人 ■■■

1938年生まれ、80歳。中学生の時から大野一雄にモダンダンスを学ぶ。1959年4月、大野一雄作品「老人と海」でデビューの後、翌5月に土方巽の「禁色」に少年役で出演。「禁色」は舞踏の最初の作品とされる。1961年、及川廣信にクラシックバレエ、パントマイムを、大蔵彌太郎に仕舞を学ぶ。同年、日本マイム・スタジオの初リサイタル作品「審判」(カフカ原作)では主役を務めた。60年代を通じて、土方作品、及川作品の多くに参加している。

https://www.facebook.com/DanceArchiveNetwork/posts/1527738304146697/2271230843130769/





大野一雄、大野慶人「部屋」(1966)

 



【舞踏ゼロ世紀詳細年譜】

1952 大野一雄、映画「天井桟敷の人々」 (マルセル ・ カルネ監督)を見て、ジャン=ルイ・バローの演技に感銘を受ける。

1953 ヨネヤマママコ、東京教育大学体育学部(現筑波大学)入学。大野一雄の稽古に通う。

1954 ヨネヤマママコ、処女作「雪の夜に猫を捨てる」を発表。

    及川廣信、渡仏。エティエンヌ・ドゥクルー「エコール・ド・ムーブマン」、レオ・スターツ「コンセルヴァトワール・コレグラフィック・ド・パリ」で学ぶ。

1955 マルセル・マルソー初来日公演。

1956 及川廣信、帰国。安藤三子・堀内完ユニーク・ダンス・グループ「カルメン」に賛助出演、土方巽に出会う。

1958 ヨネヤマママコ、NHKテレビ「私はパック」のパック役でデビュー。

    ヨネヤマママコ振付「ハンチキキ」(今井重幸構成演出)に土方巽、大野一雄が出演。

1959 大野慶人、土方巽「禁色」に少年役で出演。

1960    日本マイム・スタジオ設立。初代所長、及川廣信。

    ジャン=ルイ・バロー一座、初来日公演。

    ヨネヤマママコ、渡米。大学・劇団でマイムを教えながら基礎メソッドを研究。

1961 大野慶人、及川廣信にクラシックバレエとマイムを、大藏彌太郎に謡と仕舞を師事。日本マイム・スタジオの初リサイタルに出演。

1962 テオ・レゾワルシュ
*/エクスペリメンタル・マイムPolymorphose、「能とマイムの実験」に観世栄夫が出演。

1963 土方巽「あんま——愛慾を支える劇場の話」に大野一雄、大野慶人、佐々木博康らが出演。

1965 マイム・フェスティバル「空間と沈黙の祭り」開催。及川廣信「割礼」を発表。テオ・レゾワルシュ作品に大野慶人が出演。

    土方巽「バラ色ダンス——A LA MAISON DE M. CIVECAWA(澁澤さんの家の方へ)」に大野一雄、大野慶人が出演。

1966 及川廣信主宰、アルトー館第1回公演。大野一雄、大野慶人が「部屋」に出演。

1967 アルトー館第2回公演「ゲスラー・テル群論」に土方巽、大野一雄、大野慶人が出演。

1968 土方巽「土方巽と日本人——肉体の叛乱」を発表。

1969 独舞公演「大野慶人DANCE EXPERIENCEの会」

 

*テオ・レゾワルシュ(1930-2008):

1960〜70年代に日本に滞在し、土方巽らとも親交のあった、フランスのマイムアーティスト。『Erotique du Japon[日本のエロティック]』 と『Les rizières du théâtre japonais[日本演劇の田地]』を著し、フランスにおける現代日本演劇紹介の嚆矢となった。





ヨネヤマママコ「ハンチキキ」「雪の夜に猫を捨てる」プログラム





日本マイム・スタジオ リサイタルのプログラム



 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. アクセスコーディネーターたちを紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------


高齢なアーティスト達のイベント参加をストレス無く実現するために、それぞれに一人ずつ、アクセスコーディネーターがついています。

 

■ 相良ゆみ:Eiko & Komaの薫陶を受け、舞踏家として活動。及川廣信に長年師事。 

■ 明神勇郎米:マイムアーティスト。1980年代からヨネヤマママコに師事、内弟子となる。

■ 大野圭子:大野慶人次女。生活を共にしつつ、マネージメントを行う。

 

通常「アクセスコーディネーター」は、障害者のアクセシビリティを向上させる働きをします。本企画での「アクセスコーディネーター」は、アーティストと日常を共有し、細かいケアをしながら、移動などの生活上の物理的な動きを助けます。さらにまた、レジェンド達の記憶や身体表現を補い、伝える、芸術上のアシスタントとしての役割も担っています。

そのような「アクセスコーディネーター」は、高齢なアーティストの生活と芸術活動の維持にとって、必要不可欠な、重要な役割です。それぞれが不安定さを抱えていることを理解した上で、敢えてレジェンド達と観客の再会を企画するAll About Zeroを、最も善く特徴付ける、新しい役割と考えています。

「アクセスコーディネーター」という役回りは、社会の長寿命化に伴い、パフォーミングアーツの世界全体で、今後重要性を増していくのではないでしょうか。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------

3. 「All About Zero」公演概要

--------------------------------------------------------------------------------------


舞踏アーカイヴプロジェクト「All About Zero」

[日時]2019年6月8日(土) 15:00開演 (14:30受付開始)

[劇場] 東京・両国 シアターXカイ

 

\詳細情報は特設ウェブサイトにて随時更新!/

http://www.dance-archive.net/allaboutzero/

 

 

【出演】

及川廣信(マイム)、ヨネヤマママコ(パントマイム)、大野慶人(舞踏)

清水寛二(能)、tarinainanika(コーポリアルマイム)、木檜朱実(地唄舞)

(※やむを得ない事情により出演者を変更する場合があります。変更に伴う払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。)

 


 

【チケット】

[前売]

・一般 3,000円

・アーティスト割引*(先着30枚限定) 2,000円

・アカデミック割引**(先着10枚限定) 2,500円

[当日]

・全券種共通 3,500円

 

*アーティスト割引:ジャンル不問。チラシ等活動を証明できるものを当日受付にてご提示ください。

**アカデミック割引:学生・教職員等。学生証、教職証等の身分証明書を当日受付にてご提示ください。


 

□Peatix

https://allaboutzero.peatix.com/

 

□ チケットカンフェティ

http://confetti-web.com/allaboutzero

Tel: 0120-240-540(通話料無料・平日10:00〜18:00)

 

 

本件についてのお問い合わせ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。

ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Facebook : @DanceArchiveNetwork

Twitter : @dance_archive

Instagram : @dancearchivenetwork

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。
posted by アーツワークス at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年05月11日

6/2sun.トロンボーンとクラリネットによる ジョイントコンサート by 金川マコト 金川信江

モダンな雰囲気の空間でのサロンコンサート
 30席限定 一体感間違いなしの距離感で
軽やかな旋律から珠玉の名曲までお届けします


『トロンボーンとクラリネットによる ジョイントコンサート』


日時:201962 日曜日 14:00開演 13:30開場 

会場:LOVERSION 上野
   東京都台東区東上野5-15-3
    TEL 03-6310-9337
   JR線『上野』駅「入谷改札」より徒歩7分
   銀座線『稲荷町』駅、出口3から徒歩3分

料金:¥3,000  30席限定

ご予約・お問い合わせ:
   音楽プロジェクトc.d.f (セーデーエフ)
   電話 090-3068-7239
   メール tb♪cdf-music.com
    コピーしてを@に変えて送信してください。

 本公演では、チケットの発行は行わず、事前にご予約頂き、代金は当日精算と致します。ご予約の際に、公演名、公演日、お名前、人数、代表者のお電話番号をお知らせください。

 メールでの予約お問合せ後、3日を過ぎても返信の無い場合は、受信できていない可能性があります。恐れ入りますが再度お問い合わせください。携帯電話からメールでお問い合わせの場合、ドメイン指定受信を設定している方は、「 cdf-music.com 」を受信可能ドメインに設定してください。



出演:
 トロンボーン 金川マコト
 クラリネット 金川 信江
 ピアノ    江川真理子



曲目:
Clarinet
 M.マンガーニ/アルバムの一葉
 M.マンガーニ/エグゼクティブ
 G.フィンジ/5つのバガテル
Trombone
 山下康介/瞳〜メインテーマ〜
 L.v.ベートーヴェン/悲愴ソナタ より
 F.クライスラー/愛の悲しみ
 S.ルソー/協奏的小品
 J.デュファイ/2つのダンス



主催:LOVERSION 上野
協力:音楽プロジェクトc.d.f(セーデーエフ)




posted by アーツワークス at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック音楽、ライブ系

2019年05月10日

【Dance Archive Network News 025】All About Zero開催のお知らせ

【Dance Archive Network News 025】All About Zero 開催のお知らせ

2019年5月10日発行

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(Dance Archive Network−DAN) http://dance-archive.net/
(大野一雄舞踏研究所のアーカイヴ活動を引き継いだNPO法人ダンスアーカイヴ構想の活動を、不定期のメールニュースでお知らせします)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●●● 舞踏アーカイヴプロジェクト「All About Zero」 ●●●
日時 2019年6月8日(土) 15:00開演(14:30受付開始)
劇場 東京・両国 シアターXカイ (東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア1階)

舞踏が、舞踏と呼ばれる前――果たして身体は何と出会い、対話していたのか。
1950年代から活動を続け、舞踏の創始者とされる土方巽、大野一雄らとも親交のあった齢80を越える伝説的アーティストたち——及川廣信、ヨネヤマママコ、大野慶人。
3人の交錯する足跡を、映像、ライブパフォーマンス、語りなど、様々な方法でたどってゆきます。そして彼らの部屋に見立てられた劇場へと観客の皆さんを誘うのは、能楽師・清水寛二。過去・ 現在・未来を自在に繋ぎます。また、tarinainanika演じるエティエンヌ・ドゥクルーのマイム小品が、まるで白昼夢のように場面の間に挿し込まれます。本公演は、まさに「イベント(出来事)」として実施されます。
舞踏ゼロ世紀に、そのすべての答えがあったのかもしれない、All About Zero。

詳細最新は特設ウェブサイトをご覧下さい。制作過程など盛り込み、日々更新しています。:
http://www.dance-archive.net/allaboutzero/

<参加アーティスト>
及川廣信(マイム)、ヨネヤマママコ(パントマイム)、大野慶人(舞踏)
清水寛二(能)、tarinainanika(コーポリアルマイム)、木檜朱実 (地唄舞)

□ 映像上映:大野慶人秘蔵16ミリ映像「白衣の男」(1969)、プライベート8ミリ映像(1962)、ヨネヤマママコインタビュー映像、及川廣信インタビュー映像、他
□ ライブパフォーマンス:清水寛二による舞、tarinainanikaによるエティエンヌ・ドゥクルー作品、他
□ 登壇:及川廣信、ヨネヤマママコ、大野慶人
※やむを得ない事情により出演者を変更する場合があります。変更に伴う払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。

<チケット料金> 
[前売]
□ 一般 3,000円
□ アーティスト割引(先着30枚限定) 2,000円
ジャンル不問。チラシ等活動を証明できるものを当日受付にてご提示ください。
□ アカデミック割引(先着10枚限定) 2,500円
学生・教職員等。学生証、教職証等の身分証明書を当日受付にてご提示ください。
[当日] 一律 3,500円

<チケットご予約・ご購入> 
□ Peatix
https://allaboutzero.peatix.com/
□ チケットカンフェティ
http://confetti-web.com/allaboutzero
Tel: 0120-240-540(通話料無料・平日10:00〜18:00 土日祝日はご利用頂けません)

<お問合せ>
NPO法人ダンスアーカイヴ構想 E-Mail:info@dance-archive.net Tel:03-3582-9273

公式サイト : http://www.dance-archive.net
Facebook : @DanceArchiveNetwork
Twitter : @dance_archive
Instagram : @dancearchivenetwork

主催 NPO法人ダンスアーカイヴ構想  共催 有限会社かんた
協力 大野一雄舞踏研究所 土方巽アーカイヴ (慶應義塾大学アート・センター)
提携 シアターX
助成 アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)    
   文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 


-------------------------------------------------------------------

【発行】NPO法人ダンスアーカイヴ構想
Email: info@dance-archive.net
Tel/Fax : 03-3450-6507
【配信停止】お手数ですが、本メールを info@dance-archive.net にご転送下さい。

-------------------------------------------------------------------
Copyright (c) 2019 DANCE ARCHIVE NETWORK. All Rights Reserved.
posted by アーツワークス at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年05月08日

「All About Zero」開催決定![2019.6.8 東京・両国 シアターΧ]


アーツカレンダー 様


 


平素より大変お世話になっております。


 


来たる6月8日、両国のシアターΧにて、NPO法人ダンスアーカイヴ構想主催公演「All About Zero」を行います。以下に詳細をご案内申し上げます。


またあわせまして、今回新たに導入したふたつの割引「アーティスト割引」と「アカデミック割引」についてもご紹介いたします。




 


ニュース・トピック==================================

1. 「All About Zero」公演概要


2. 新たな割引を導入!アーティスト割引&アカデミック割引


==================================================


 


--------------------------------------------------------------------------------------

1. 「All About Zero」公演概要


--------------------------------------------------------------------------------------

舞踏アーカイヴプロジェクト/シアターX提携公演

「All About Zero」

及川廣信 × ヨネヤマママコ × 大野慶人


清水寛二 tarinainanika


 


[日時] 2019年6月8日(土) 15:00開演 (14:30受付開始)


[劇場] 劇場 東京・両国 シアターXカイ


 


\詳細情報は特設サイトにて随時公開予定!/


All About Zero 特設ウェブサイト:http://www.dance-archive.net/allaboutzero/


 




 


■■■ 舞踏・マイム・能が、再び出会い、対話する。 ■■■


 


舞踏が、舞踏と呼ばれる前――果たして身体は何と出会い、対話していたのか。


 


1950年代から活動を続け、舞踏の創始者とされる土方巽、大野一雄らとも親交のあった齢80を越える伝説的アーティストたち――及川廣信、ヨネヤマママコ、大野慶人。


3人の交錯する足跡を、映像、ライブパフォーマンス、語りなど、様々な方法でたどってゆきます。そして彼らの部屋に見立てられた劇場へと観客の皆さんを誘うのは、能楽師・清水寛二。過去・ 現在・未来を自在に繋ぎます。また、tarinainanika演じるエティエンヌ・ドゥクルーのマイム小品が、まるで白昼夢のように場面の間に挿し込まれます。


本公演は、まさに「イベント(出来事)」として実施されます。


 


舞踏ゼロ世紀に、そのすべての答えがあったのかもしれない、All About Zero。




 


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私たちが今この方達の踊りを見たい、今この方達に聞いておかなければならない事があると言う動機から、及川廣信、ヨネヤマママコ、大野慶人の三氏を迎える会を企画しました。それぞれに体調の問題があり、当日にならないと何ができるのかわからない不確定な状況にあります。しかし、だからこそ今この会を催すことにしました。不確定要素を織り込んで全体を構成しています。

皆様のご理解に感謝申し上げます。


 


――NPO法人ダンスアーカイヴ構想 溝端俊夫


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 


<上映>

大野慶人秘蔵16ミリ映像「白衣の男」(1969)、プライベート8ミリ映像(1962)、ヨネヤマママコインタビュー映像、及川廣信インタビュー映像、他


<パフォーマンス>

清水寛二による舞、tarinainanikaによるエティエンヌ・ドゥクルー作品、他


<登壇>

及川廣信、ヨネヤマママコ、大野慶人






 


【出演】


及川廣信(マイム)、ヨネヤマママコ(パントマイム)、大野慶人(舞踏)


清水寛二(能)、tarinainanika(コーポリアルマイム)


(※やむを得ない事情により出演者を変更する場合があります。変更に伴う払い戻しはいたしません。あらかじめご了承ください。)




 


【チケット】


[前売]


・一般 3,000円


・アーティスト割引*(先着30枚限定) 2,000円


・アカデミック割引**(先着10枚限定) 2,500円


[当日]


・全券種共通 3,500円


 


*アーティスト割引:ジャンル不問。チラシ等活動を証明できるものを当日受付にてご提示ください。


**アカデミック割引:学生・教職員等。学生証、教職証等の身分証明書を当日受付にてご提示ください。


 


□ Peatix



 


□ チケットカンフェティ(5月上旬販売開始予定)



Tel: 0120-240-540(通話料無料・平日10:00〜18:00 土日祝日はご利用頂けません)


 


 


--------------------------------------------------------------------------------------

2. 新たな割引を導入!アーティスト割引&アカデミック割引


--------------------------------------------------------------------------------------

本イベントでは、「アーティスト割引」「アカデミック割引」というふたつの新しい割引を導入いたします。


 


■ 先着30枚限定!アーティスト割引


【通常3,000円 → 割引価格 2,000円


「アーティスト割引」は、海外の劇場・美術館では近年普及が進んできていますが、日本ではまだ事例の少ない割引システムです。


アーティストの方により気軽に劇場に足を運んでいただきたいという狙いで、今回新しく設定しました。


ダンスに限らず、全てのジャンルが対象です。チラシ等活動を証明するものを当日受付にてご提示ください。


 


■ 先着10枚限定!アカデミック割引


【通常3,000円 → 割引価格 2,500円


「アカデミック割引」は、学生の方だけでなく教職員の方も対象です。年齢制限なし。


学生証、教職員証等の身分証明書を当日受付にてご提示ください。








 


本件についてのお問い合わせ、写真等のご請求は下記までご連絡ください。


ご紹介をご検討いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


 


===================================

NPO法人ダンスアーカイヴ構想(担当:溝端)

http://www.dance-archive.net

Email : press@dance-archive.net

Facebook : @DanceArchiveNetwork

Twitter : @dance_archive

Instagram : @dancearchivenetwork

===================================

※今後ダンスアーカイヴ構想からのプレス配信がご不要な方は、本メールにそのままご返信ください。


 


posted by アーツワークス at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンテンポラリーダンス・バレエ系

2019年04月24日

2019年5/4-2019年5/31の上映スケジュール





2019年5/4-2019年5/31の上映スケジュールが決定しました。

 

*********************************************************

 

:::::早稲田松竹クラシックスvol.147 ARG アラン・ロブ=グリエ監督特集:::::

 

【5/4〜5/10】

 

【5/4(土)・5/7(火)・5/10(金)】

 

○快楽の漸進的横滑り

GLISSEMENTS PROGRESSIFS DU PLAISIR

殺人容疑で逮捕された美女。心臓にハサミが突き刺さった死体には、書きかけの聖女の殉教の絵。一体何が…?先進的表現が物議を醸した問題作。

 

開映時間 12:30/16:20/20:10(〜終映22:00) 

       

(1974年 フランス 106分 DCP)  

■出演 アニセ―・アルヴィナ/ジャン=ルイ・トランティニャン

 

○エデン、その後

L'EDEN ET APRES

 

カフェに集まるパリの学生たちの前に現れた男が話す、知らない遠い国の話…。『不思議の国のアリス』と『O嬢の物語』の邂逅と評された初のカラー作品。

 

開映時間 10:40/14:30/18:20

(1970年 フランス・チェコスロヴァキア・チュニジア 98分 DCP)

■出演 カトリーヌ・ジュールダン/ピエール・ジメール

 

----------------------------------------------------------------------------

 

【5/5(日)・5/8(水)】

 

○ヨーロッパ横断特急

TRANS-EUROP-EXPRESS

麻薬を運ぶ男の波乱万丈な道中を多重のメタフィクションで構築し、スリラーの枠組みでシリアスとコミカル、嘘と真実、合理と非合理の境界を行き来る快作。

 

開映時間 12:35/16:20/20:05(〜終映21:45) 

       

(1966年 フランス・ベルギー 95分 DCP)  

■出演 ジャン=ルイ・トランティニャン/マリー=フランス・ピジェ

 

○不滅の女

L'IMMORTELLE

 

休暇でトルコにやってきた男は、どこか謎めいた若い女と出会う。彼女の不可解さに自らの妄執をかき立てられ…。いまだ新しさに満ちた記念すべき初監督作。

 

開映時間 10:40/14:25/18:10

(1983年 フランス・イタリア・トルコ 85分 DCP)

■出演 フランソワーズ・ブリオン/ジャック・ドニオル=ヴァルクローズ

 

----------------------------------------------------------------------------

 

【5/6(月)・5/9(木)】

 

○囚われの美女

LA BELLE CAPTIVE

 

場末のナイトクラブで踊る美女を、ある男が見つめる―。画家ルネ・マグリットの多数の絵をモチーフに、幻想と官能が交錯する不条理サスペンス。

 

開映時間 10:00/13:30/17:00/20:30(〜終映22:00) 

       

(1983年 フランス 95分 DCP)  

■出演 ダニエル・メスギシュ/ガブリエル・ラズュール

 

○嘘をつく男

L'HOMME QUI MENT

 

第二次大戦末期のスロバキアの村に、英雄的レジスタンスの同志だと名乗る男が現れる…。ボルヘスの短編を基にL・ピランデッロへのオマージュを込めた作品。

 

開映時間 11:40/15:10/18:40 

       

(1968年 フランス・イタリア・チェコスロヴァキア 95分 DCP)

■出演 ジャン=ルイ・トランティニャン

 

 

*********************************************************


---------------------------------------------------
早稲田松竹映画劇場
東京都新宿区高田馬場1-5-16
TEL
03-3200-8968
FAX
03-3200-8965
ws@wasedashochiku.co.jp
---------------------------------------------------
posted by アーツワークス at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・映像系